Restaurant Watabe

鎌倉の古民家レストランです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

離乳前の子羊肉

2005年03月04日 | Weblog
 出産時期である春先しか食べられない(赤ちゃん羊が生まれないからです)「ミルクラム」が、北海道美深町より届きました。
生まれてから母羊の母乳のみを飲んで育った赤ちゃん羊。肉質の柔らかさ、希少性、どれを取っても世界最高クラス。
繊細な肉質ですから、あまり手を加えず、素材そのものの味を生かすよう調理して提供させていただきます。

 ミルクラムのルーツはワインで有名な仏ボルドー近くのポイヤックにあります。
〈収穫が終わったブドウ畑に放され、枯れ枝などを食べるのが羊の仕事だっが、約200年前、ワインの評判が高まると、畑の主人は子羊に畑を荒らされるのを嫌がるようになり、森に放牧できるようになる春までの間、小屋の中に入れて、乳だけで育てるようになった……〉
もちろん、現在ミルクラムの中でもとりわけポイヤック産は仏政府公認の食材として名高く、季節の風物詩として珍重されています。 

 旬が短い上に、出荷農家自体が道内でも数軒のみなので、出回る肉は本当にわずかです。
今年は半頭分というごく限られた量しか入荷しておりませんので、早い者勝ちです。