ブナの中庭で

ようこそブナの中庭へ!大好きな登山や山スキー、環境問題や自然のことなどいろいろ綴っています。

西穂高岳(2909m)西尾根

2018年03月18日 | アルパインクライミング
週末の好天に恵まれて素晴らしいクライミング!

***
3月17日朝、新穂ターミナル。
前日の冷たい雨が美しい樹氷を作っていました。


新穂高の無料駐車場を9時10分と遅い出発です。
穂高平までの林道を、キラキラ輝く樹氷を楽しみながら歩きました。
穂高平小屋の前から牧場柵を乗り越えて、いよいよ西尾根へ。
キラキラ輝いています。


標高1600mを越えてからは針葉樹森の急登、1900mまで続きます。


1945mポイントを過ぎると、左手に目指す西穂が顔をだしました。
お~、遠い。あんなところまで登るの?(^^ゞ


ごろごろ岩(1030m)を過ぎ、テント設営地を捜します。
2343mピーク周辺を第一候補としていましたが、ピッタリのサイトを見つけ、テント設営。

この日にテント設営したのは我々を含めて4パーティのようでした。

3月18日、昨日に続いて本日も快晴!(^^)!
朝6時20分出発。
まもなく現れる第一岩峰は右から巻きました。
トラバースの後、第二岩峰へと雪壁を登って行きます。


第二岩峰は直登してジャンクションピークへ続く稜線へ。
登ってきた稜線を振り返って。素晴らしいです!感動。




そして最後は西穂高岳へ。
登ってきた西尾根が一望。

お天気に恵まれた本日、展望は360°最高でした。

最後は西穂山荘経由、西穂ロープウェイで下山しました。
青天に恵まれた2日間に感謝。西穂西尾根、良かったです~。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 冬も終わり、タイヤ交換 | トップ | 美しい雪稜、西穂西尾根 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (白山神駈道の風露草)
2018-03-23 21:32:55
西穂西尾根、いいルートです。
わたし風露草、すぐる年の年末、みぞれで突入、ぐっしょり濡れた身体が稜線で瞬時にバリバリに凍り付き吹雪の尾根を登って西穂高岳山頂までやっとたどり着きました。山頂で全身かちんこちんに凍り付いた男の方が死んでいました。
顔全面に自分の呼吸の水分でつくった氷の面を張り付け、鼻の孔二つだけ開け天を仰ぎ1人仰向けになっていた姿を思い出しました。Asibeさんご無事で楽しい西尾根よかったですね。
Re:Unknown (repu)
2018-03-27 07:01:11
ゾッとしました。凄まじい登山と痛ましい山頂状況ですね。私には耐えられるか?う~ん…
さすが百戦錬磨の風露草さん、経験値が違います。またさまざまなお話を伺わせて下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。