性能とデザイン いい家大研究

こちら 住まいの雑誌・Replan編集長三木奎吾です 
いい家ってなんだろう、を考え続けます

【引越しシーズン 公設ゴミ処理場大行列】

2018年03月25日 06時44分58秒 | Weblog
もう3カ月近く延々と続く事務所と自宅の移転作業。
いまは工事進捗が活発で、だんだんとその姿が見えて来つつある。
やはりコンクリートブロックの素地は背景として力がある。
さまざまな仕上げ変化を柔軟に受け止めてくれている。

で、わたしの方は、貴重な整理整頓時間の土日であります。
いよいよわたしの事務所デスク部分の整理整頓作業に着手。
16-17年分の仕事関連の整理作業であり、
なお、今現在にも大いに繋がっている基本資料類の整理なので、
やはり丹念に時間を掛けて行かなければならない。
もうひとつ大きなものはIT、DTP関連のソフト・ハードの資産管理関連。
こちらも膨大な資産・データの山でして、しかし、
いまは要・不要の見極めがそれぞれに必要になってくる。
IT活用、MacPCでの作業も20年以上になっているので、
連続しているとはいえ、断捨離処分相当のものも数多い。
生きていま、動いている基盤的な仕事環境について、
その将来展望も含めてそれぞれに判断していかなければならない。
延々とこうした「見極め」作業が続いていきます。
・・・結果、多くの処分ゴミが大量発生いたします。
そのゴミ類、きのうの持ち込みは320kg相当ということでしたが、
ここのところ、チョコチョコとお邪魔している札幌市公営の破砕工場。
自宅部分の持ち込みだけでも3−4回持ち込んでいましたが、
きのうはなんと受付から退場まで車列が繋がっていた。
普段の日とは比較にならないほどの混雑ぶり。

たぶんみなさん、引っ越し作業時期なのだろうと推測。
こちらでは、持ち込んできたクルマを「体重測定」して、
帰っていく前にも測定して、その差重量で処理費用を精算する。
その体重計のところが「申込場所」で書類記入するのですが、
そこから渋滞していたので、職員の方が待っているクルマまで
書類をもってきてくれておりました。
さらにクルマの登録ナンバーを正確に記載しなければならないのですが、
案外、下4桁以外のナンバーはほとんどの人が記憶していない。
その記載ポイントで時間がかかるので、プレートを見て
そのナンバーを教えるサービスまでしてくれていた。
杓子定規になりがちな公務ですが繁忙期対応ありがたいなぁと。
さて、きょうもまた、作業が続いていきます、頑張るぞと。
コメント   この記事についてブログを書く
« 【北海道長沼でひばりの春告... | トップ | 【家は3回建てないとわから... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事