性能とデザイン いい家大研究

こちら 住まいの雑誌・Replan編集長三木奎吾です 
いい家ってなんだろう、を考え続けます

事務所前の花

2005年11月22日 05時13分02秒 | Weblog

わが社の事務所前には、市が植えている並木があります。
その根元には半坪くらいの広さで土があるので
町内会などのボランティア活動で花が植え込まれます。
ことし、それとは別に坊主といっしょに花を植えて、(出張がちなので毎日ではないけど)気がつけば、毎朝、花に水をやったりしておりました。

実はこの土の場所には、以前、ある理由で大量に「根枯らし剤」が入れられていた
というお話を聞いていました。
たいへん残念な話で、それもあってか、
移転してきて、はじめはナナカマドの木も元気がなく、根もと周辺の花々も
なかなか、花が咲いてくれず、咲いてもすぐに元気がなくなるのでした。
土地の所有がこちらに変わってから、そんな土壌をすこしでも改善できれば、と
すこしずつ手を掛けてきていたわけです。
ことしで丸3年経過して、やっとごらんのように、
この雪の季節まで元気よく花が咲いていてくれました。
ナナカマドの木も、前よりはずっと元気のいい枝振り、葉の茂りぶり。

でも、ずっと見ていると、いろいろなことがあるもので、
残念ながら、ゴミや、たばこの吸い殻の投げ捨て場所にされたりすることがあります。
こんな時期まで、元気に人を楽しませてくれた、めんこい花たちのために、
やっぱ、やめましょうね、そういうこと。
正直、たしかにわたしも昔、たばこを吸っていた頃は、無造作にこういった場所に
吸い殻を投げていたことがあったと思います。
そういうことがめぐりめぐって、いま、罰があたったように
それを毎日、掃除させられるようなことになっているのかも知れません。
因果応報、なんでしょうかね。
コメント   この記事についてブログを書く
« 住宅性能と屋根デザイン | トップ | いい夫婦の日ディナーショー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事