性能とデザイン いい家大研究

こちら 住まいの雑誌・Replan編集長三木奎吾です 
いい家ってなんだろう、を考え続けます

夏草や・・・

2009年07月31日 06時07分34秒 | Weblog



さて、本日は東京に出張であります。
で、仕事では継続的に取り組んでいる作業が一段落。
そこで、自分でもひとくぎり感がありまして、
前々から、「やらなきゃなぁ・・・でも、ま・・・」
っていうことで、なかなか着手していなかった事務所まわりの
雑草処理、やることにいたしました。
きっかけは,アリの出没被害であります(泣)。
1週間くらい前から、さすがに長雨続きで巣別れ時期のアリが
社屋内に発生しておりました。
まぁ、周囲には素晴らしいお庭もあるので、
育成条件としては、雑草にもアリにも大変よろしい環境であります(笑)。
毎年は、数少ないわたくし専有の仕事項目でして、
年に2回程度、草むしりをしておりました。
しかし、ことしはどうにも忙しいというか、手を付けられなかった(汗)。
まぁ、心理的に「やるぞ!」という気が盛り上がらなかったのは事実。
なんですが、それ以上に長雨続きで
そういうチャンスも少なかったというところなんですね。
<ちょっと、言い訳くさいなぁ(笑)>

大体幅が、約1m程度で周囲の総延長が100mくらいでしょうか。
それくらいの面積空間を、腰を下ろしてじっくりと・・・。
まぁ、ほぼ雑草たちは畑状態でございました。
作業自体は楽しいのですね、これが。
どんどん、建物のまわりの状況が露わになっていくプロセスは楽しい。
さまざまな虫たちが大あわてしている様子を見るのは
なにやら、怪獣映画の怪獣役のようでもあり、意欲が湧いてくる。
なにやら、吠えまくりたくなる心境です(笑)。
中には昨年後半くらいからの1年草が
枯れ木のようになっているのもありまして、
なかなかに手強い部分もありました。
でもまぁ、悪戦苦闘と、やや軽く腰への張りを感じつつも、
1時間半くらいで、無事作業は終了であります。
やはり、アリの巣が3箇所程度発見できまして、
除虫剤で、アリの巣殲滅作戦を敢行いたしました。
まぁ、やや不憫ではありますが、会社を守るためには鬼の心境であります(笑)。

相談した設計事務所の話では、
ことしはいろいろなお宅で、それも一斉にアリの被害がでているそうです。
やはり長雨の影響なのではないかと思いますね。
で、写真がきのうの戦果のゴミであります。
札幌市は、ことしからゴミの有料化がはじまっていまして、
これが、雑草・枯れ枝の類は月に一回の収集。
8月は17日まで収集がないのだそうです。
っていうことで、わが家の裏の石油タンクの下に一時保管であります。
って、まだ2週間以上先なので、覚えておけるかどうか不安。
みなさんは一体どうやって忘れないでいられるのか、
夫婦で思案投げ首でおります。
うむむ。手強い。




北のくらしデザインセンター
NPO住宅クレーム110番|イザというときに役立つ 住まいのQ&A
北海道・東北の住宅雑誌[Replan(リプラン)]|家づくり・住まいの相談・会社選び
コメント   この記事についてブログを書く
« 日射遮蔽スクリーン | トップ | 縄文時代の石焼きステーキ皿 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事