靴修理の紹介:レディースピンヒールのカカト交換

ピンヒールタイプのロングブーツのカカト交換です。
修理前↓




修理後↓





ピンヒールは中の金具が見えてくるまでに交換しましょう。


にほんブログ村 ファッションブロ グ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


ミニチュア靴 22



定番の型で新色です。
そろそろ違う型の靴を作ろうと、
オリジナル型紙考案中です。

にほんブログ村 ハンド メイドブログ 革・革小物へ
に ほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革ミニチュアへ
にほ んブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


靴が出てくる漫画 『IPPO イッポ』

『IPPO イッポ』えすとえむ
  (集英社 ジャンプ改)
 1~2以下続刊

 一条歩は12歳でイタリアのフィレンツェに渡り、イタリア人の靴職人の祖父のもとで修行した。
17歳から靴職人として働き、
22歳で独立するため日本に帰ってきた。そして歩は東京に店舗兼工房・IPPO(イッポ)を開店する。脱サラしたリペア職人・澤邑(さわむら)も加わり、
さまざまな人の特別な一足のため靴作りに一心する。


年末に2巻が出ていて喜んで買いました。隔月連載中なのでゆっくりですが、これからの展開が楽しみです。

歩の祖父のセリフが良いです。
「…いつか 魔法の話をしましたね
技術は魔法ではありませんが
創造性を 持つこと
真心を こめること
そこに魔法はあるかもしれないと
…私たちにとって大切なのは
ここ(手)と ここ(頭)と
そしてここ(心)
“手だけで仕事をするものは労働者である” “手と頭で仕事をするものは職人である”
“手と頭…そして心で仕事をするものは…芸術家である”
イタリアの聖人の言葉です
芸術家かはともかく
創造性を失ってはいけない」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


今日は

朝から寒いので、ガレージまで出ていけませんでした。怠け心に負けそうになっていると、珍しいことに来客のブザーが鳴り、修理のお仕事→革製品の色補修(お昼お渡し)が来ました。おかげで動き出せました。
色補修を済ませてからいろいろやろうとしたんですが、結果的に何にもちっとも捗っておらず…??

オーダー品、送りました。
まだまだ拙い作品ですが、どうかお守り靴として役立てて頂けますように。


にほんブログ村 ハンド メイドブログ 革・革小物へ
に ほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


靴?修理の紹介:底のステッチ外れ縫い直し

知人が「これできる?」と言ってお姉さんから預かったものを持って来ました。
ルームシューズの底のステッチが
一部(15センチ程)が切れて底が外れそうになっています。確かにスリッパはよくこうなりますよね。



お気に入りのルームシューズだそうですが、修理屋さんではお断りされたそうです。………そうですね、私が店員でもお断りしたかもしれませんね。スリッパですからね、買ったほうが早いし、安いですよ!って話ですよね。まず、値段を聞いて帰って行くお客さんが大半です。いくらで買った靴だろうと、直す手間は同じなんですよね。
できたら直してということなんで受けました。
手縫いです。

↓修理後

わかりにくいですがきっちり縫っています。

にほんブログ村 ハンド メイドブログ 革・革小物へ
に ほんブログ村





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ