GUCCI ポーチ、内張り交換

劣化してボロボロ粉が落ちるようになった内袋を新しい生地で作成して付け替えます。

リッパーと糸切りバサミで縫い目をほどいて内袋を取り外す→内袋をばらして型紙をとる→新しい内張り生地をカットする→カットした生地を袋状に縫う→作成した内袋をカバン本体に縫い付ける※八方ミシン
…みたいな工程です。

毎度のことながら型紙をとるのに劣化の粉が落ちてくるのが邪魔で、いっそ全部落ちちゃわないかなぁとゴミ袋の前ではたいたのですが。素晴らしく濛々と粉が舞い散ったっただけでした。わかっててもついやってしまうのです。

↓修理前





↓八方ミシンで縫っています。



↓修理後
タグもつけています。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )