作業椅子

靴のカカトやソールの修理中はほぼずっと立っています。のりを塗ったり、靴底をハンマーで叩いたり、機械(グラインダー)で靴底を削ったりです。
カバン修理等で古い糸をほどいたり、手縫い作業の時は座って手だけ動かしています。
まあでも忙しい時は狭い空間をちょこまか動き回っている感じでしょうか。

一時期よりだいぶ体力も戻りつつはありますが、仕事中の立ったり座ったりがしんどくてですね…。ずっと同じ体勢でいると全身が強ばって歩くのもヨタヨタですし。かなり迷って、キャスター付きカウンターチェアーをネットで買いました。
「コンパクトで高さが調節できて、足置きもついてる手頃なやつ」を。


買った椅子が届いて組み立ててみたら、プラスチック製キャスターの動きがイマイチ…。
「転がってるというより、引きずってる。これではキャスターの意味なし」


後日別のゴム製のキャスターを入手し、付け替えました。
素晴らしく良く転がります。
これでスイスイ仕事が


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


中国のミシン

糸の通し方





※ここに糸をかけると糸が切れます。

バネがくくりつけてあります。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


雨宿り

いろいろな靴やカバンに出会うこの仕事、
ひとつひとつ使ってある材料は違うから
それに合う革や金具などを
探し回る仕事でもあります。

効率を考えれば
手に入る材料で間に合わせたり
ネットなんかで取り寄せたり
誰かに頼んだりが
いいのでしょうけど
私は自分で探しに行くのが好きです。

そういうわけで私は
1ヵ月か2ヵ月に一度くらいは
資材の買い出しに
自分の足で行きたい派です。
今月は昨日行ってきました。

大概電車で行って知らない街をスマホや地図を便りに歩きます。
方向音痴なので
駅前にない初めて行くようなお店ならば
絶対迷います。2回目でも迷います。
昨日も初めて行く場所を
スケジュールの最後に。
案の定迷ったのですが、
閉店一時間前に目的地に辿り着けました。
天気予報は1日熱中症注意の
快晴マークだったので
お天気の日限定で履く自作のヌメ革の靴を
履いて行ってました。
しかしお店を出て駅までけっこう歩く帰り道で
まさかの夕立。
いつもは持ってるのに
その日に限って傘も持ってない。
普段は靴は履いて汚してケアしてこそだろうと思っているのですが
(汚れるのがイヤならガラスケースに入れて履かずに飾っておけばよいのです)、
きれいに経年変化させようと思っているヌメ革の靴に雨染みをつくるのは避けたい小心者です。やっと焼けてきたけど飴色にはまだ遠い微妙な色合いなのです。
思わず屋根のあるとこへ避難して
ふと後ろを振り向くと
お地蔵さんが。
私のような罰当たりものが
悪いとは思ったのですが
しばらくそこで雨宿り。
おかげで濡れずにすみました。

1日歩き通しで疲れたので
珍しく私にしては早い時間に
寝れました。





ところで
最近はテレビの録画はアニメ・ドラマ全般おまかせ録画設定に頼っています。
そして今日あんなに楽しみにしていたのに
『地獄少女 宵伽』第1話が録画されていないことに気づきました。
おまかせ録画はたまにもれるから
大事な番組は自分で確認するのですが
昨日は疲れて放送日も忘れてました。
なぜか設定入れてないのに、『思い出のマーニー』は録画してくれてあるのです。
…マーニーは映画館で観たから別にいいんだ、地獄少女録って欲しかったと、テレビに向かって言いました。
今は見逃しても数日すればネット配信で
観れるわけですが
それでもやはり残念なのでした。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


丸刷毛・平刷毛問題


靴やカバン修理、また革モノ作りには
接着剤を塗る作業が必須です。
はみ出してはいけない、しかし塗り足りなくてもいけない…非常に繊細な工程です。

職人たるもの一本の刷毛でどんなところも塗れなければ!とそういうふうに教わったものです。永年馬鹿正直に教わった通りにやってきました。
大は小を兼ねると言いますが
ぶっちゃけどうしたって
狭い範囲を塗る時に大きな刷毛を使えば
はみ出します。

ずっと丸刷毛を使って来て
別のところで平刷毛を使ったら非常に使いやすく、
平刷毛にしました。
しかしまた別のところで丸刷毛を使ったら
やっぱり丸刷毛かもと思って
丸刷毛に戻しました。
いろいろ浮気をしつつ
どちらもそれぞれ良いところがあり
細かい作業は小さい筆が良いし、
広い範囲は大きな筆が良いし、
なんでもひとつでというのは
私の主義ではないのです。
選べない、私はどちらかひとつなんて
絶対選べません。
いろんな筆をはべらせて幸せ!
…でいいんじゃないでしょうか。
適材適所のハーレムです。
いろいろ試した結果
ハーレムエンドなのであります。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


ドライヤー

接着剤にはつけてすぐに貼るタイプと暫く乾燥時間をおくものと、いろいろあります。
革・靴、靴修理用の接着剤はある程度乾燥時間が必要です。
早く乾かすためにドライヤーやヒートガンのの冷風をあてることがあります。
うちわであおぐこともあります。扇風機の風でも良いと思います。
他の作業しながらドライヤーが使えるドライヤー置きを100均の材料で自作しました。毎度のことながら気づけば仕事そっちのけ…気分転換です❗


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ