中央線沿い小宇宙

主に政治、社会などについて個人的な意見を述べます。
猫のブログは引越ししました。

胃がんステージⅣ 手術から2年経過

2018年10月17日 | 父のガン闘病記録
だいぶ空きました。 特に何も無かったのですが 父の胃がんが発覚、手術時に腹膜播種が判明、ステージⅣの診断を受けてからまる2年が経過しました。 9月には私も日帰りで帰省してささやかなお祝いをしました。 さて、10月に入ってから父から連絡があり 「抗がん剤を変える と先生に言われた」とのこと。 CT検査で微量の腹水が見つかり化学療法の2ndステージへ移行するという意味らしいです。 本人はお腹の . . . 本文を読む
コメント

胃がんステージⅣ+腹膜播種手術から1年半経過しました

2018年01月17日 | 父のガン闘病記録
父の胃がん手術から余命宣告の1年半が経過しました。 2017年の暮れに検査用のCTを撮影し、明けて1月16日にCTの結果が出ました。 父から数日前に電話があって 「先生から抗がん剤を変えるかもしれないと言われた・・」 と報告があり、何かしらの異常があったのか?と本人も心配している様子でした。 CT画像検査の結果、造影に出るようなガンの進行、他臓器への転移も認められない という事で、抗がん剤も今 . . . 本文を読む
コメント

術後10ヵ月経過報告

2017年07月18日 | 父のガン闘病記録
2016年9月に父が胃がん手術を受け 腹膜播種が確認されてから現在まで投薬治療を続けています。 本日2017年7月18日、主治医から家族同伴で今後の方針などについて面談がしたいとのことで 仕事を休んで参加しました。 簡潔に書くと 抗がん剤が効いているのかは不明だけど副作用が出ないうちはこのまま進める という事です。 (ちなみに今までTS1だけだと思っていたのですが、通院時にはオキサリプラチンも . . . 本文を読む
コメント

TS1投薬治療の経過

2017年06月26日 | 父のガン闘病記録
父が胃がんからの腹膜播種 ステージ4の診断を受けてから 胃の摘出手術後 抗癌剤治療を行って10ヶ月が過ぎました。 幸いなことに定期検診でも特に以上は認められず、副作用も殆どなく 転移も現状で見つかっていません。 転移についてはCTやMRIなどの精密検査などは行っていないのでごく簡単な検診での判断になります。 そろそろ抗体ができてしまう頃かと思うので 違う薬に変わるのかもしれませんが 私が定期診 . . . 本文を読む
コメント

父の胃がん 術後の食事について

2017年06月23日 | 父のガン闘病記録
胃がんで父が胃の2/3を切除して抗癌剤治療をしています。 幸い副作用は少なく、排便が不定期になるくらいで済んでいます。 私は東京で仕事をしており、日頃の面倒は母親に任せてしまっています。 2月に一度ほど様子を見に帰省するようにしていますが 今までの症状について書き留めておきます。 術後の食事 胃をほとんど切ってしまったので基本的に一回の食事は少なくなりました。 それでも徐々に普通の食事を摂 . . . 本文を読む
コメント

父の胃がん 術後の闘病について

2017年06月22日 | 父のガン闘病記録
2017年9月に父が胃がんの手術を行いました。 腹膜播種を伴うステージ4。 胃の2/3を切除しました。 現在の状態を簡単に説明した後、抗癌剤治療を行う事に本人が決め、抗がん剤治療がはじまりました。 抗がん剤の種類は最初はTS1 新し目の薬で胃がん原発の治療ではかなり一般的な薬です。 TS1についてはこちらに詳しい説明がありますのでご覧ください。 最初だけ入院して点滴投与+重篤な副作用が出な . . . 本文を読む
コメント

父の胃がん 術後の闘病について

2017年06月22日 | 父のガン闘病記録
2017年9月に父が胃がんの手術を行いました。 腹膜播種を伴うステージ4。 胃の2/3を切除しました。 現在の状態を簡単に説明した後、抗癌剤治療を行う事に本人が決め、抗がん剤治療がはじまりました。 抗がん剤の種類は最初はTS1 新し目の薬で胃がん原発の治療ではかなり一般的な薬です。 TS1についてはこちらに詳しい説明がありますのでご覧ください。 最初だけ入院して点滴投与+重篤な副作用が出な . . . 本文を読む
コメント

胃がんステージ4からの抗がん剤治療

2017年06月20日 | 父のガン闘病記録
父の胃がんが発覚、手術のため開腹後 腹膜播種でステージ4の診断 家族会議では本人が今後どのような治療をするか 決めてもらうとなった。 病院が嫌いで 胃がんの手術も嫌がっていた父ですが 蓋を開ければ「抗癌剤治療します」と二つ返事。 抗癌剤治療に関しては様々な見解がありますが 本人がやると言うならそれで良しでしょう。 ただ 副作用が辛かったらやめよう とは話をしました。 こういった経緯で父 . . . 本文を読む
コメント

胃がん手術について

2017年06月20日 | 父のガン闘病記録
父が胃がん手術を受けたのは緊急搬送された病院だった。 東京であればセカンドオピニオンも容易に受けられるし 医師を選ぶ事も可能だ。 しかし地方都市とはいえ東京に比べたら遥かに田舎の病院では いくら地域いちの規模だとしても 実はそのあたりが選択筋はほぼない。 ちなみに2015年度の胃がんの手術件数全国1位の病院は がん研究会 有明病院の1099件 今回父が手術した総合病院は55件 医師の数、病 . . . 本文を読む
コメント

2016年9月8日 手術と初日

2017年06月19日 | 父のガン闘病記録
父が吐血+下血で緊急入院してからの検査で胃がんと診断。 胃がんの手術は2016年9月8日に行われることになった。 長男の私も立ち会う事にした。 心配ということもあるが、他の家族では法律的な事、医療関係の知識などが十分でない事が大きい。 午前中、病室には手術前の服装に着替えてベッドに座る父がいた。 数年ぶりに会う父は驚くほど痩せていて おじいちゃんになっていた。 胃がんのせいなのか、老化のせ . . . 本文を読む
コメント