モグラ・芝・雑草・趣味 

モグラ・芝草・雑草・趣味について気ままに書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

通りかかった川沿いの土手に、白い花が一面に。

2010-10-04 16:33:00 | Weblog


センニンソウ(千人草)→キンポウゲ科多年草つる植物。
原色雑草図鑑で調べた所、多年草つる植物のセンニンソウと知りました。

成長期間4~10月、山野、道ばたなど日のあたる山野などに普通に自生する落葉性のつる草で、、
他の植物の枝や葉に覆いかぶさるように茎を伸ばします。



花は8~9月に茎の先端付近の葉腋から、びっしりと白い花を咲かせます。水路の周辺など、
やや水分を好むツル植物のようです。種子は羽毛状になり、風で飛散して繁殖します。



キンポウゲ科の植物には有毒であるものが多いと聞きますが、センニンソウも毒草で
放牧地に侵入した場合、牛や馬も避けて食べませ。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 場所を問わず様々な場所に発... | トップ | 小動物を捕食する肉食性で益... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (fillice)
2019-09-05 13:47:12
こんにちは。
近所の川の土手に咲いているのを見つけたのですが、初めて見る花だったので名前がわからず、やっとこのブログの記事を見つけました。
センニンソウというのですね、謎が解けてスッキリしました。
ありがとうございました!

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事