モグラ・芝・雑草・趣味 

モグラ・芝草・雑草・趣味について気ままに書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

猛暑で、「ゴルフ場ではグリーン」は命です。管理に苦労したのでは?

2012-10-21 09:35:09 | Weblog


わが国のゴルフ場は大部分が2つのグリーン、「ツーグリーン」システムとなっている。
この現象は欧米にはなく、日本と韓国だけといわれています。



日本でも、昭和の初期までは欧米と同様ワングリーンであったが、欧米のエバーグリーンしかも良質な
パッテングクオリテーでゴルフを修得したプレーやの要望により、ベントグラスのグリーンが造られた。



しかし、ベントグラスは夏季高温多湿時には、生理障害、病害の発生が多く、壊滅的被害があることから、
夏季に生育旺盛なコウライシバを「サマーグリーン」とし、冷涼な気候を好むベントグラスをテンポラリーの
ウインターグリーンとして使用するようになったのです。



1958年以降ゴルフブームにより、急速にゴルファーが増え、来場者の多い都市周辺のゴルフ場では、
2つのグリーンでなければ良質なグリーンの保全はむずかしく、ツーグリーンシステムを取りいれる
ようになったのです。しかし、1965年代以降は欧米との交流も多くなり、ボールの転がりスピードが
速いベントグラスが好まれ、「メーングリーン」に。
ゴルフ場本来の姿は「ワングリーンシステム」といわれている。

コメント   この記事についてブログを書く
« 懐かしくもあたたかい日本の... | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事