ワ・タ・シ的生活

とりたててシンプルのエコの節約の、とやっているわけじゃない
物を大事にして倹しく生活する、が目標

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あけましておめでとうございます

2012-01-04 18:40:56 | キレイ
今年は穏やかな年になりますように。

正月二日にちょっと着て、三日はお休み、本日本格的に和服はじめでした。
本日の外出着はお召し。地はめちゃ濃い緑で大きな絣柄。帯は黄色い方を出して文庫に。銀糸で菊なんてどういう場面で使ったらいいんだろう(汗)
因みにこのお召し、八掛の色が袖が鮮やかな赤で、裾は柿?錆朱?と違います。誰の思惑かは今となっては謎です。

『幸田家のきもの』に、奈緒さんが「古いものだから練習用に」とお召しを譲られて、柔らかものであるお召しに悪戦苦闘する場面があります。
私もこのお召しは随分久しぶりなので大丈夫かなぁと思いつつでしたが、わりとすんなり着られました。これなら今後も時々着ようかなぁと思うのですが、大島先生のような例もありますから、後からダメ出しが始まるのではなかろうかとドキドキです。

外出から帰ってからはウールに着替えて、名古屋帯の練習を(滝汗)。いやいや、実は『休日和服化計画』がゆる~く始動して以来、半幅帯に逃げ込んで(だって飛田和緒さんによれば白洲正子さんもいつも半幅帯だったとか)いたのですが、いい加減ステップアップしなければそれまでになっちゃうな~、何より飽きるよね~と思って。
で、一時期制服のようにヘビーローテーションだった名古屋帯を試してみました。これなら身体が覚えていて、カンが戻りやすいかと。柄的にも朱金地に椿なので、早いとこちゃんと結べるようがんばって思い出したいところです。

明日は仕事始めです。
コメント

さーむーい

2011-12-08 17:56:12 | くらし
この賃貸アパートに入って2回目の冬。
寒いです。
前のところより古い物件で機密性が悪いので、暖房の効きが悪いのです。
しかも前のところは灯油系黙認だったのですが、こちらは完全アウト。
電気しか使えないのですが、こういう事態になってしまった今、
どんどん暖気が逃げる中、高い電気代かけて暖めるのはなんだかなぁと言う気がします。
去年惚れ込んで購入したデ○ンギが、今となってはすごく重いorz
12月に入ってもう半ばに差し掛かるのに、なんとなく、厚着して済ましているウチって……
でも、寒さはまだこれからだし、受験生もいるから多少は暖めないとなんでしょうね。
何より、全然動けないのです。震えながらなんとなくテレビを見て時が過ぎてしまう。
勿体無さすぎる(泣)
どうしたらいいんだろう。
コメント

お買物

2011-12-08 11:33:21 | キレイ


週末、やっと化繊の袷と、セットでやはり化繊の帯を購いました。
帯はよりどりで、やはり黒地で月に兎の柄もあったのだけど、キャラでない気がしたのでこちらに。
私、やっぱり赤系の縞が好きみたい。あー、でも輪っかの花(桜以外にも数種類)はちょっと若すぎ?

で、この帯は前から持ってたウールの単にもあうかなと、お店で見ている時から脳内コーディネートしていたのですが、実際乗っけてみたら大ハズレでもなかったような。

ふと思い立って、先週買っていた帯揚げを乗っけてみました。あれ?OK?

却ってこちらの方が正絹なんですけど^^;
オマケで。
前から持っている、博多(上)と、博多だったらいいなと思っている帯(下)
どちらもお気に入りです。
コメント (2)

大島先生

2011-11-27 18:23:19 | キレイ
ちょいと出るのに着る着物。今、大島紬しかないのは前に書いたとおり。
今の私には不釣合いによい着物です。でも今のところ他に無いので着ています。
で、この大島紬を私は大島さん、若しくは大島先生と呼んでいます。

それはね、本当に厳しい先生だからなんです。いや本当に、言うなればつくも神? です。
夏前には、すごい「いいから、一度袖通してみ?」と呼ばれて、ううう、と思いつつ着てみました。案の定あまりよい出来ではなかったけど「ま、そんなものでしょう」と大人しく畳紙に収まってくれました。
夏前はその時一度でしたが、状況が変わったこのシーズン。最初の何回かはまた「ま、そんなものでしょう」と、それでもそこそこに着させてくれたのですが、
この数回はもうぐずぐず。上手く半襟が出なかったりなんとなく裾が不安定だったり。
「何回目かなんだからもう後は自分で何とかしろ」みたいに突き放された感じです。
怖いよ~ え~ん。せんせー御免なさい(T△T)

そんな神様を着たきりスズメにするのも申し訳なくて、今ちょいと出るときの着物を探しているのですが、なかなか。。。
もう暫く、しばかれそうですorz
コメント

ないもの

2011-11-26 14:28:06 | キレイ
ちょいと出歩く時着るものが無い。
シルクウールを直しに出してるから、他には大島紬しかない(汗)
今のところそれに合わせる帯は半幅の博多と、やはり半幅が一本。「着物一枚、帯三本」に一本足りないけど、それはまぁ何とか?
お召しを絣柄ばかり三枚も持っているけど、どんな帯を合わせたらよいのだろう。
この間練習ついでに買った名古屋がよさげに見えるのだけど、それにしてもあう帯揚げ帯締めがない気がして、結局締められずにいる。
他の名古屋は、刺繍が懲りすぎて本当に名古屋ですか? みたいなのがスタンバイ状態。もう一方は柄が椿だから、季節的にもうちょいお預け。
とどめは履物。
この間、放置していた草履を履物屋さんに診てもらったら、やっぱり土台までいっていて新調するしかないことが判明した。現在あるのは下駄だけです。

ない、ない、ない。
点検してみると、あらまぁ、なワードローブでした。
コメント

リサイクルな日

2011-11-24 14:27:36 | くらし
何シーズンか着たジャケットをリサイクルに出した。
ポケットが多い、ちょっと便利なジャケットだったけど飽きがきていた。
昨シーズンは目に付いてしまってずるずると着てしまっていたので
この間クリーニング屋さんのセールを狙って持ち込んで
受け取ってそのまま、やっぱり近所にあるリサイクル屋に持っていった。

そうしたらそのリサイクル屋さんは作業所系とは聞いていたけど、
買取制ではなく寄付なんですって! あらまぁ。
でもまぁリサイクルに出す前にクリーニングに出すのは最低限のマナーみたいなもんだから全然OK。
そうして同日、通販で頼んでいた新しいジャケットが届きましたとさ。
なんとなく、スッキリ。
コメント

今日はきものの日

2011-11-12 21:12:07 | キレイ
午後イチで、シルクウールの袷を呉服屋さんに持って行きました。
袷の季節になって1~2回着たところで、裾の八掛が数箇所擦り切れていることに気がついたのですorz もうこれは『八掛だけ替えるのは云々』と言うレベルではないでしょう。
診ていただいたところやはり迷いなく「取替え」。しかも八掛から続く(?)胴裏も、要は裏地全て取替えになりました。胴裏は経年劣化くらいだったのですが、八掛だけ新しくなっても、と言うことで。
そして色見本を見せていただいて、この際ダメになった八掛とは色あいを変えることにしました。きもの本体は濃いめのピンク系で掠れた青系が全面に刷いたように入っているのですが、八掛は私の手元に来た時点(リサイクル品なので)で、少々褪めた幾分濃いサーモンピンクでした。これを今回ワインレッド系にすることにしました。
胴裏はそのお店ではランクが2つあるそうなのですが、お高い方は留袖にも使われるレベルと言うことで、本体が紬と同等くらいなのでそれはないだろうと言うことで下の方で。
実は雑誌七緒の最新号にちょうどお直しの記事があったんですね。たまたまこの号だけは買っていたので、お店に伺う前に読んでいました。というかいつもは図書館で借りてしまうのに、もしかして呼ばれていた??

出来上がりは七緒にもあったように約二ヵ月後。年末年始の位置が絶妙なので、もしかしたら年を越えてしまうかも。でもその時間がとても楽しみ。
お値段は具体的には未だ胴裏代しか分かりません。七緒によると片手弱はいくでしょう。はっきり言ってリサイクル屋さんで二束三文で買ったので「マジかよ」というレベル。
でもこれこそきものの楽しみだし、このシルクウールを手放した方はおそらく味わえなかったもの(買った時しつけが残っていた。しつけを付けたまま着てしまったらしいけど)だから、私も初めてだし全力で楽しもう。そう決めました。

お店を出てからは、いつものオフハウスに移動。シルクウールを出してしまうと、もう着るものが同ランクでは大島紬一枚しかなくなってしまうので。でも紬ともなるとこういう方式のお店でもかなりします。もしかしたら出会ってしまったのかもしれないけどでも今回は他にもあるのでぐっとこらえて練習用に名古屋帯を一本だけ。

夕方にはなんかタイミングを逃して置いてしまっていた浴衣と単衣(化繊)をクリーニング屋さんに持ち込みました。どれもやろうと思えば家で洗濯できるものなのだけど、やはり寝かせておく時間の方が長いものだから、念のためきもの洗いの資格のあるお店に。
地元市内にはもう一店舗資格のあるところがあるし、HPも詳細なので迷ったのだけど、少し遠いところにあるし、今回のものは格段に気を使う格の高いものではないので、まずは歩いて行けるこちに出してみて。
値段は遠いところの方が若干お安いようでした。遠いと言っても、どちらも集配してるんですけど。
夏物さんお世話になりました。どうもありがとう。
クリーニング屋さん、よろしくお願いしますm(__)m
コメント

重曹シャンプーをやってみました。

2011-10-22 17:38:10 | キレイ
重曹シャンプーをやってみました。
参考にしたのは↓のサイト
http://opi.kahoku.co.jp/archives/53069972.html

以前雑誌「天然生活」で読んだお酢のシャンプーもやったことがあるのだけど、私の髪には合わなかったらしく、すっきり汚れが落ちた感じがしなくて、毎日洗髪するとして5回に1回はシャンプー(普段はせっけんシャンプー)するという使い方の方がよいかなと思っていました。
今回はサイトにあるスプレー式ではなく、たらいに重曹を大さじ1強溶かして、溜め洗い。重曹はアルカリ性だから、仕上げにリン酢。
重曹は、薬品の重曹が少し残っていたのでそれを使いました。
無ければ食品用でも、掃除用でも構わないと思います。
私は普段せっけんシャンプーの1回洗いだけど(震災前は2回だった)これで充分いけると思います。
コメント

防災の日

2011-09-01 10:33:15 | くらし
防災の日なので、今までちゃんと文章にしたりしっかり人に話したことが無かったので私の3.11のことを書いてみる。周りの状況も、なるべく冷静に。

地震発生後。
時間は覚えてないが娘の学校から会社の回線に入電。一旦集団下校したがひとりで居られず再登校、保護しているとの事。
結局、電話が通じたのはその一回。
外回りの所長とは連絡取れず。電車も不通なのでとりあえず、帰ってこれた社員さんと仕事をしながら待機。
17時を回ってやっと所長から入電。「自分の判断で帰ってよい」
18時に徒歩で職場出発。いったん家を通り越して学校に向かいとにかく娘を引き取ることにする。送ってもらいたかったけど、その時点では道路がどうなっているか分らなかったし事務所を空けるのもよい判断ではないのでひとりで出ることにする。
準備としては、職場の入っているビルは荷物が少し崩れたくらいだったので、トイレに行って、マイボトルにお茶を淹れ、私物のラジオ付きウォークマンを充電させてもらい、靴は仕事で履いている運動靴。幹線道路を使うことにし、道は知っているけど念のために道路地図をコピーさせてもらった。
歩いていて、もっと人がいるかと思ったけど、その道を休日に車で通る時と変わらないくらいだった。私と同じ方向に歩く人も少ない。車も渋滞なし。車道も歩道も陥没やら水没、崩壊やらはなし。一か所だけ踏切が開いてなくて迂回。自分が歩くのがばかばかしいくらい平静だった。でも電車は動いてない。タクシーは確か見かけなかった気がする。都心のあちこちであった、事業所が自発的に開設した休憩ポイントも私のルート上では無かった。都下だからか?
ラジオはnack5のファンフラが特別番組に切り替わって以来、特別番組と言っても音楽をかけながら道路情報、ニュースが時折流れるくらい。他局も似たようなもの。
時折立ち止まってお茶を飲み、気晴らしを兼ねて家人に「コナカ前通過なう」等Cメールを飛ばす。5分も止まってなかったと思う。それ以上休むと動けなくなりそうで。
Cメールの受信状況は、順番が前後したり、同じメールが2~3回時間をおいて届いたり。こちらから飛ばしている分もそんなものだろうな、と気晴らし、気休めと割り切る。
時折学校に携帯から電話してみるが、やっぱり通じない。公衆電話は殆ど無かったので試していない。
家の前を通過。あと1キロ(学校まで)、と気合いを入れ直す。
19時半過ぎ、学校到着。
私が着いた時には、他に保護者は無し。玄関脇の事務室(?)にも連絡が行っていて、すぐに職員室に通してもらった。娘と合流。約90分歩いてきた、と話したら休憩を勧められて校長室に通された(汗)。お茶とお菓子まで出されて(汗汗)。少し頂いた。
20時過ぎ、帰宅。
後から考えたら、その時家に寄って荷物を降ろして身軽になって行く手もあった。でも、それをしたら本当に疲れが出て動けなくなって、娘どころではなくなったと思う。
娘は娘で、怖かったろうにモノが落ちてないかとか、ガラスが割れてないかとか家の状況を冷静に確認していた。えらいx?。褒めた。

その直前後。
震源が東北と知ったのはネットを開いたか、ラジオをつけたか記憶が定かでない。仙台の友人のことをすぐに思ったけど、震源と震度とMを考えたら、早急に連絡をつけることはプライオリティを下げた。
数日後の誕生日(私と娘ダブル)と、その仙台の友人が上京した折遊ぶ約束は当然混乱の中吹っ飛んだ。友人から携帯メールが飛んできたのは週明けだったか。初めの頃は短文がぽちぽちだった。でも最初のメールを読んだ時には泣けた。声が出た。本当に良かった。

まとめ。
歩いたことは、結果的には正解だったと思う。
ただ重ねて書くけど、あのタイムで無事娘と合流できたのは道路の崩壊崩落水没が無かったからで、あったら人の流れは量も質も当然変わるし迂回ももっとしなければならなかった。2度目はないと思う。あの陸橋が崩れていたら、線路と平行するあの道で電車が脱線してたら、といろんな想定をする必要がある。
今でもラジオ(付ウォークマン)は持ち歩いている。コンテンツは確かに音楽の合間に~だったけど、他にやりようがある? こちらの課題は充電だと思う。私のウォークマンはUSBメモリ式なので、非常時は乾電池式の充電ボックスが肝。一緒に単三電池も携帯。
あと、社員さんには「すごく冷静でしたね」と言われた。
「冷静じゃなくて、魂が抜けてたんですぅ」
と返したけど、あれはナントカ反応、といううー、なんか心理学用語があったんだけど失念。ソースも喪失。『極端な状況に置かれた時、自分でパニクるのを抑えて抑えすぎて現実無視のレベルまで行ってしまう』というあんまり良くない心理状況に近かったのだと思う。前の夫が意識不明の間もそんな感じだったから、私はその反応に陥りやすい性質なのかもしれない。
いやだから、しっかりしてるんじゃないの。逆に激フォローが必要だから、間違えないでソコ!

最後に私の好きなフレーズを。
『ディフェンスに、充分の定義ってないの。どこにアクシデントがあるか誰にも想像はつかない。でもね、あらゆることを予見して、危険を未然に回避することが大事なの。使う者が科学の力に支配されては駄目よ。』
OVA『機神兵団』最終話「少年よ、大志を抱け!」よりエヴァ・ブラウン
コメント

お気に入り

2011-08-21 23:27:58 | キレイ
リサイクル屋で目に付いてぱっと買った、白地に模様が黒の博多っぽい半幅帯。まだちゃんとした和服屋さんで見てもらっていないので正体は謎のまま。
ちょっとシミがあるということで格安だったのだけど、(私のスキルでも)締め方でよけられるので得に問題なし。締めるときシュッとよい音がして、わりととなんにでも合うのでお気に入りになりました。
たった一つ難と言えば、すごく慣れていててろんてろんなこと(^_^;) ちょっとがんばらないと締める傍から緩んでいくし~
そんなだから、心配なときは帯締めも使うし~
なんだかのろけになってしまったけど、お気に入りの紹介でした。
コメント (2)