希望屋 ~ren_ka ci=set~



考え方がシャープ兄弟だね。

トクサツガガガ 13巻

2018年06月05日 21時01分52秒 | ▼マンガ・本

どうも、ren.です。
覚悟していたのだけれど、曇りだったため、気温の割にはすごしやすい日中でした。

先日の「なのぶろいど トキ」と「なのぶろいど アルパカ・スリ」の写真を全部差し替えました。
トキはもみあげなどの組み方をちょっと変更しました。
アルパカにいたっては、間違った組み方をしていたので修正(w

● 「トクサツガガガ 13巻」 丹波庭 ビッグスピリッツコミックス
https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4e/56/529677a6c27b4f35565a2813f7aed91d.jpg?random=a9838d5590bfacc41991d47d329cb361

ついに母親と直接対決。
結果は、家族の縁を断絶宣言。

まあ、あまりの毒親っぷりに、そりゃ、キレて当然だと思うわ。
そもそも子供の持ち物を勝手に燃やしたり壊したりするのは、人間として失格だし。
往来で子供に手を上げるなんてのは、それこそクズ親中のクズ。

それでも、断絶を言い渡した仲村さんの心も傷付く一幕。
実際、その後の話にもことごとく、母親の影が頭をよぎっていますし。

とはいえ、もはや葬式と火事以外の付き合いはしなくていいのではないかと思う。
北代さんの言うとおり"解決した"とさばさばしてしまってもいいレベル。

でも、おそらく今後、母親の体調が崩れたとか、そんな話がありそうだけれど、そうなると仲村さんは自業自得と割り切れる性格でもなさそうだよなぁ。

オタクの独身については、私のハートにもダイレクトアタックでしたが(w


さて、辛い人間模様はおいておいて、作中の話。
ついに「ウルトラマン」ポジションとなる「ソールマン」が登場。
これで「怪獣」「シングルヒーロー」「戦隊ヒーロー」そして「巨大ヒーロー」が揃いましたね。

お正月の"大空想おせち"は、かなり笑えました。
昭和の学年誌風北代さんの笑顔を見るだけで、腹筋が千切れそうになる(w
"代用○○"にときめく気持ちはわかるね。
私の世代だと、チューブ入り宇宙食は、今でも一度は食べてみたい夢の食べ物。

そして、色々と傷心のダミアン。
その心象をあらわすチベットスナギツネに、何の説明書きされていないのがツボ。
今はそんなに有名になったのか、チベタン。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« トゥインクルスターのんのん... | トップ | ポリニアン ハンドパーツセッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

▼マンガ・本」カテゴリの最新記事