希望屋 ~ren_ka ci=set~


あの番組、なぜ、ご大層な血筋ばかり判明するのだろう

テレビミルド物語 180707

2018年07月10日 21時01分14秒 | ▼映像作品・番組

どうも、ren.です。
カクヨムで連載され、先月末に完結した"「けもの」の本能(作者;大上さん)"を読了しました。
控えめに言って、サイコー……最高でした。泣いたね、うん。
ミミちゃんやキタキツネ、リカオンのその後が気になったけど、いずれ明かされるのかな。

先週末からの番組四方山。

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」、最終回。
だんだんビグ・ラングに見えてきた真・ルプス。

生めよ増やせよ、そして転生エンド。
もう、最後の方は良くも悪くもガイナックス作品のノリでしたね。
人間性のある顔のあるロボットのデザインは好きでした。

ただ、なんというか……それが活躍するシーンがない傾向の話だったのが残念。
もちろん、それ以外の人間ドラマが濃かったので、そちらに振っているのでしょうけれど。
個人的には、事前の印象から観たかったノリではなかった。

「はたらく細胞」、新番組。
原作は友人に読ませてもらっていますが、完璧でしたね。
ちょっと説明文を読んでいる暇がないのがネックだったかな。
いっそ、能登ナレに読んでもらえばよかったのに。

「ビルド」、元徳のTシャツ芸。
美空のスマッシュ堕ちはあるとは思ってたけど、1話で解決するとは。
そして、さらに厄介ごとの上乗せをされた万丈、哀れ(w

「あそびあそばせ」、新番組。今期のハイテンションギャグ枠かな。
顔芸とCMでゲタゲタ笑えました。目がフェルマータ、好き。
ちょっと台詞が聞きとりにくいのはリピート推奨ってことなのかなぁ。
リアルタイム視聴派には厳しいところ。

エクストリームあっちむいてホイは、「ヒナまつり」難民キャンプなのか。
似非外国語風の"春はあけぼの"は、"ドゥッチョラーシエナーハー"を思いださせーるぅ。
デスメタル風EDや、手踊り人形コーナーも好き。

「ちおちゃんの通学路」、新番組。
ほぼモノローグが続くから、大空さんへの負担がすげーな(w
これほどドラマチックにバリエーションのある登校時間は飽きさせない。
なお、"アサクリ"はそのまんま「アサシンクリード」シリーズ、"おまけに完璧な着地(おも着)"は「GTA」のスタントジャンプ、"スワットターン"は「スプリンターセル」のカバーアクション。

「邪神ちゃんドロップキック DROPKICK ON MY DEVIL!!」、新番組。
すげー主題歌……いや、歌なのか、これ?(w

ホットスタートだったので、1話を見逃したかと思ったよ。
でも、だいたいどのキャラがどんな存在なのかはわかったから、1話として優秀なのでは。
あと、ベート(調べてみたらジェヴォーダンの獣なのか)とサタンが、スヌーピーとウッドストックの真似をしているところがツボにはまった(w

「ヤマノススメ」、あぁ、やっぱり小春はいないことにされたか……。無念。
つか、小春がいないと、冬の活動も全部、かえでが先導することになるのかな。
また同時に、山靴を買いに行くのに日向も同行する展開に変更されていました。
連載当時(7巻)から時間も経ち、フィッティングがハイテクになってたり、靴の機能性やデザインが変わってきていたり、やっぱり参戦してきた好日山荘の店長さん(アニオリキャラ)の説明が細かく詳しくなっていたりしていましたが、全体的な流れは原作どおり。

「GBD」、むりぽって久しぶりに聞いたわ。
あと、佐藤元の"ぷっつんカミーユ"も懐かしかったなぁ。

すっかりアヤメもデレモードになってのタイムアタックミッション"ロータスチャレンジ"。
敵が海産物なあたり、「ダライアス」に酷似していましたが、パイロットはリザードマンなのね。
モモカがサッカー部だという布石はあったけど、リクの新MSの切り札が、敵のビームを蹴り返すっていうのは予想できなかったなぁ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018 F1 イギリスGP | トップ | 宇宙戦艦ティラミス 6巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

▼映像作品・番組」カテゴリの最新記事