月は東に

Get Out Of That Rut & Savor Life

『snob』ふたたび

2005-08-31 22:19:55 | Koji’s Entertainment
山井綱雄で早速検索してみました。山井さんのサイトはリンクフリーではないので、ここにはURL貼れませんが、“山井綱雄”で一発で出てきます。

なんの話かというと、みみぃさん宅こんな記事がUPされていたので………。

短いコラムの感想は難しいね~。

山井さんの夢が叶う日が近いといいな。
デーモン閣下とのコラボが可能なら、“実現できる夢”だと思います。
耕史君、こういう“異種格闘技戦”みたいなの好きそうだし。



ここからは『snob』持ってる方と既読の方はスルーでどうぞ。

山井綱雄さんは、『snob』で耕史君と対談された能楽師。
このときの企画が「能への招待」で、耕史君も能装束付けてます。素敵です。
山井さんとの対談もVerygooooこの対談中に、2人がどんどん解かり合っていくのが会話から読み取れます。

ちょっとだけ抜粋。

山井さん
「能の世界の言葉で“離見の見”というのがあるんですよ。(中略)ワーとやってる自分と、もう1人の客観的な自分がどっかに必ずいなきゃいかんと。わかりやすく一言で言えば“ゆとり”ってことなのかもしれないけど、もう1人の自分というのは絶対必用。」
耕史君
「同じですね、それは。ダメな役者ほど、客観的に見れてないっすよね。」
山井さん
「(大笑い)」
 

耕史君パーソナルインタビューもちょっと抜粋。

「僕がやりたいことは、新しいことへの挑戦なんですよ。それができるのが、舞台しかないっていうだけであって。舞台…演劇が好きかっていったらそういう感じでもない。僕がやりたいのは、また新しいジャンルですよね。それを切り拓くためには、舞台が一番近いかなっていう」

「…でも結構難しいんですけどね。日本のお客さんの層、舞台の日本での位置。そこから変えていかないと…」

「今までの大河をずっとやり続けていったときに、若い子たちにいい役者が生まれてこないと思うんですよ。」
  

『RENT』あり香取君ありプライベートはグダグダetc…既出話だけれど、ニュアンスがちょっと違うので、今読んでも楽しめます。
山本耕史ファンでなら是非お読みください。
といっても店頭にはないので、買えと言ってるようなもんですが(笑)

お買い求めの際はこちらで→『音楽専科社』HP
氷川君の表紙の号です。(左端のバックナンバーリストの“SHOXX増刊”のところの“氷川きよし”をクリックすると出てきます)



なーんて、もっともらしく紹介してるけど、私も手に入れたのは今年の3月。
その時のいきさつと感想は“ここ”にあります。
なんというか、私こういうミラクルというかたなぼたといったのが結構多くて、大きな運を小出しに使っているようで、それでクジ運がないのかとかボヤいて見たり
当時の気分は、ミーハーでよかっただったけど。
きっかけはGacktのチャイニーズコスプレ笑ってやって。



★余話
耕史君はあまりひとの舞台を観ないようなことを言っていたけど、『モーツァルト!』『VIVA! Forties』を観に来ていたとの目撃情報アリ。COCOさん宅にもこんな記事があるし。
元共演者やこれから一緒にやるひとが出てるからだと思うんですけどね。
そうだよ、スマコンもいいけど、他のひとの舞台も観ようよ。
コメント (10)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 去年は函館、今年は会津 | トップ | FCに入ってないので(え) »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みみぃ)
2005-09-01 08:32:14
キャーーーーーーーーーーー

水無月さん、ありがとーーー!!!



まさに、私の為のような記事(違)

「snob」探してたんですー。

もう、すぐにポチっとしちゃいましたよ。

だって、能装束コス(え)が見れるんでしょー

記事の紹介も、ありがとうです~。

やっぱり、あのお方は、ブレてないーー。



なんだか、いろんな所に出没してるみたいですね。

私も遭遇したいもんです。
私もぽちっとしてきました ()
2005-09-01 08:47:16
水無月さん、おはようございます。

「snob」のこと紹介してくださって、ありがとうごさいます。

昨日一日snob???状態だったんで。

私も早速ぽちっとしてきました

音楽雑誌のコーナーは本屋さんに行くと見てるつもり

なんだけど(別件チェックもあり)、

この雑誌は知らなかったです。



届くのが楽しみです。写真も文章も。

で、浮かんだ曲は

snobな君がぁ~まさかあんなぁ~

全然関係ないのに。このsnobですよね、きっと。
こんにちは (わんた)
2005-09-01 12:45:47
あっsnobの記事。思えば水無月さんのblogに御邪魔するきっかけになったのがこの雑誌でしたっけ。

あの節は大変御世話になりました



で、改めて記事を拝見すると、時を経たにも関わらず言っている事は今と変わっていないですよね。

もう一回読み返してみようかな。

写真に見とれてた(笑)前回とは違う見方ができそう。
懐かしいです~ (かよこ)
2005-09-01 22:53:24
私も、水無月さんのblogに初めてコメント&リンク

させていただいたのが、snobの記事でした。

TBもさせていただこうと思ったら、あの時のブログは

なぜかTBができなくて、blogを始めたばかりの私は

訳もわからず泣いていたような記憶が。(俺の話はいい!)



snobは、というか能装束の山本さんは、縁結びの

神だったんでしょうかね?
いいですよねー♪ (あさぽん)
2005-09-02 20:43:47
snobいいですよね。

18ページは驚愕でした。

記事も読み応えありだし。対談は面白かったし。

高いけど、買ってよかったなーと思いました。

切り取った残りは、会社の子にあげてしまいました、あはは。
みみぃさんこちらこそ情報thanksです (水無月)
2005-09-02 23:48:26
みみぃさんほどのひとが「snob」未読だったのが意外~



能装束コス(笑)いいっすよ~。

素顔でも和モノがバッチリ似合ってます。

もちろん記事もいいんですけどね。



耕史君遭遇情報は、地方在住者にとって地団駄踏むだけ~

先日は、下北沢の飲み屋にいたらしいですよ。 
空さんも! (水無月)
2005-09-03 00:02:27
知らなかったのがまたもや意外~



読んだらぜひ感想UPして~~。

書きがいがありますよ、あの内容は。

私の過去記事はぶっとんでて感想になってないので、今読むとどえらい恥ずかしい



>snobな君がぁ

え、えーと、えーと…「thank you」?でしたっけ?

たぶんこのsnobだと思います。
わんたさんへ (水無月)
2005-09-03 00:17:49
そうそう、過去記事リンク貼ったときに、わんたさんのコメント読み直しましたよ。

その節は、非常にご丁寧なお便りをいただきまして、ありがとうございました(笑)水無月“様”になってるよ~。



過去のインタビューでも相変わらずですね、彼は。

ブレない、振り返らない、立ち止まらないの三拍子。

この記事書くのに、『snob』本棚から引っ張り出して、もう5,6回読み返しちゃったよ(笑)
かよこさんへ (水無月)
2005-09-03 00:32:44
かよこさんからも、ご丁寧なご挨拶をいただいてましたね~

再度御礼申し上げます。

TBできなくって(gooもまだ不備が多かった)、

確かID取り直したんでしたっけ?



>能装束の山本さんは、縁結びの神だったんでしょうかね?

なんて素敵な縁結びの神様

みみぃさんも空さんもぽちっとされたし、

どこかで密かにぽちっとされてる方もいるかも。



でもこの神様、ウチの神棚に納めときたい
あさぽんさんへ (水無月)
2005-09-03 00:47:14
いつも情報いただいてばっかりですいません

おまけに、ananスレ(違)ではrocoさんにつられてコメントしたら、

その後みんなあらぬ方向へ走っちゃったし(汗)



あの18ページは宝物

般若面で顔隠れてるのもありますが(笑)

インタビューも対談もとってもいいので無問題。



あさぽんさん切り取ったんですかー。

私は、氷川君の衣装と布袋さんのインタビューもよかったのでまるごと保存(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Koji’s Entertainment」カテゴリの最新記事

トラックバック

山井綱雄「赤月夜」出演! (子連れ狼が斬る!~簡単離乳食やってます~)
大学時代の友人であり、私の能の師匠でもある(一瞬、習っていました…)山井綱雄くんが、演劇に出ることになりました! 写真の通り、ちょいジャニーズ系の山井くんですが、普段は真面目な能楽師です(笑)。 興味のある方は、是非ご覧になって下さい。 お問い合.