Remy's Cafe♪

70年代洋楽好きなremyが綴る
音楽時々つぶやきブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Beck, Bogert & Appice - Superstition

2010-11-17 | Rock & Pops
2010-11-17

ジェフ・ベックとスティーヴィー・ワンダー繋がりで~


「Superstition」('73) by ベック・ボガート&アピス


過去にもアップした「Superstition」(迷信)
スティーヴィー・ワンダーの名曲として知られていますが
元々は、『トーキング・ブック』のセッションに参加した
ジェフ・ベックへの返礼のために書かれた曲でした。
しかし、スティーヴィーのマネージャーが反対し
スティーヴィー自身が先にレコーディングしてリリース。
その結果、全米Np.1の大ヒットを記録することになり
ベックが怒り狂った?という逸話が残っています。
そのお詫びとして、スティーヴィーはベックの
アルバム『ブロウ・バイ・ブロウ』('75)に前回アップした
「哀しみの恋人達」を提供することになったんですね。


元バニラ・ファッジのティム・ボガート(ベース)と
カーマィン・アピス(ドラム)の強力なリズム隊を交えての
ベック・ボガート&アピス(BBA)の活動期間は短かったものの
クリームと並ぶスーパー・トリオと言われたバンドでした。


BBAヴァージョンは、泣きのイントロから始まり
強力なリズム隊による心地いいグルーヴ感と
重低音でヘヴィにうねりを上げる破壊的なギター音が
めちゃくちゃ、渋くてスリリンgoo~~
オリジナルとは、また違ったカッコ良さがあるのよね

Jeff Beck - Superstition (Album Version)






↓のライブ映像は、音質、画質共に極悪ですが
ベックがトーキング・モジュレーターを駆使した
摩訶不思議感覚いっぱいのこちらも渋い仕上がり

Beck, Bogert & Appice - Superstition






ここでも見つけた、とんでもない競演映像(^_^)v
ベックとスティーヴィーの2ショットもすんごいよ

Stevie Wonder with Jeff Beck: 2009 Concert: Superstition






コメント (2)   この記事についてブログを書く
« Jeff Beck - Cause We've End... | トップ | Eric Clapton - Layla »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Hs)
2010-11-22 00:23:38
remyさん♪
☆ハウディ!

ベックのギターが入ると、なんかいい意味で戦闘モードに入るような感じですね。
気合が入るというか…

それにしても
ベックとスティーヴィーの2ショットもすんごいね

Hsさんへ (remy05)
2010-11-22 20:29:53
ハゥディ~♪です^^;

ベックのギター、渋いです♪
戦闘モードで血が騒ぎまくり~~
天才ギタリストと言われるだけあって
ド素人のremyが聴いても、テクニックは
ズバ抜けてると思いますね(^^♪

曰く付きの曲での2人の2ショット・ライブは
いろんな意味ですんごいです!

コメントを投稿

Rock & Pops」カテゴリの最新記事