くらげのごとく…

好きなことを考えてふわふわ漂ってるような
時間が心地良かったりする。
たとえ時間の無駄遣いだったとしても…。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私が車に乗れなくなったワケ

2006年02月05日 | 日常あれこれ
証明書がわりに免許の更新をし続けている私だが、免許を取ったばかりの頃はペーパーになるつもりなんてなかった。車に一人で乗れるようになったら、「海が見たくなったら見に行けるっ!」なんてやる気満々だった。職場の同期の子の親戚に、広告会社に勤めている人がいてモニターになったら車を割り引いてくれるという。その話にのってスズキのアルトを購入。当時の軽自動車は今のように性能がよくなかったので、モニター料を引いてもらったら案外格安で新車が買えた。

買う時に考えた。教習所でせっかくマニュアル車を練習したのだからマニュアルを買おうって。そこが間違いのもとだった。教習所でとても上手に運転できていたらマニュアルでも良かったのだろうけど、私のようなレベルではオートマに慣れた方が俄然良かったと思う。何せ、ハンドル操作も、車両間隔も身についていなかったのだから。坂道発進はサイドブレーキを使って出来るようになったけど、案の定、カーブでの減速チェンジができなった。早速、細い農道の曲がり角で電柱にぶつかりウィンカーランプを破損。すぐに修理できたものの先行き不安である。家から一番近い道路が国道というのも悪かった。練習するにも、ものすごい交通量でいつも車がびゅんびゅん走っている。事故もよくある。近くを一周してくるだけでも、肩に力が入り汗びっしょりだった。それでも練習あるのみと近くの駅方面をひとまわりして帰るとき、交差点で事故った!のろのろと走っていて右折車とかすった。確か、車を買って3日目位だったと思う。幸いなことにそれは交番の目の前の出来事であとはおまわりさんにすべておまかせ。事故証明を取って保険屋さんに交渉してもらったけど、かなり嫌がらせ的なことをされた。右折側が悪いはずなのに五分五分近くに持っていかれ料金も高くついた。この事故がトラウマになった…。

それでもめげずに、週に1回20~30kmくらいは走行できるようになった。高速にも乗ったし、買い物にも行って車庫入れもした。乗っていれば、いつか上手になると期待していたけど、いつまでたっても減速チェンジと車線変更が出来ない。車に乗った後はどっと疲れた。次第に乗る回数が減り、バッテリーは上がりっぱなし。そして、今度は、置きっぱなしなった車に、走ってきた車がゴンとぶつかり逃げっていった。かわいそうなアルトくん。私のようなものに買われなかったらポンコツにならずにすんだのに。

数年前、家をリフォームする際についにアルトくんとお別れした…。それからはすっかり振り出しにもどっってしまい、今では遊園地のゴーカードも乗れないくらいだ。つくづく自分は動くものの操作に向いていないんだと悟った。これからは自分の足を頼りに生きてこうと…。でも、必要に迫られるようなことがあれば、これからの人生、また車に乗ることがあるかもしれないなあ。また、教習所で教官に怒られながら練習してみたい気もする。ペーパードライバーを更生させてくれる教習所ってどこかにないかなあ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 引き際 | トップ | ライフ・イン・ザ・シアター »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常あれこれ」カテゴリの最新記事

トラックバック

くちこみブログ集(くるま): アルト:スズキ by Good↑or Bad↓ (くちこみブログ集(くるま)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓)
「アルト:スズキ」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。