時は琥珀から青玉へ

Remi ひとりごと
琥珀の夕暮れ サファイアの夜

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2018年、夏。

2018-08-19 20:46:56 | Weblog
早いもので

8月ももう後半に入り

秋の気配すら

するではないの

こちらへはまた久しぶりになってしまって

開いたら、最後の記事がお誕生日とは!

ツイッターとインスタグラムに頼りっきりで

長文をじっくり書くということを

しなくなっちゃってたわ

ダメねええ


さて

7月の

Yuki Kajiura Live vol#14から

昨日のFBM Live 2018まで

この夏はステージに立たせていただく機会がたくさんあり

大変幸せな夏でございましたよ

スタジオで歌って、作品の一部として

皆様に聞いていただくというのも

もちろん嬉しいことではありますが

直接お顔を見て歌えるというのはね

また格別に嬉しいものよね

舞浜アンフィシアターは初めてのホールでしたが

音もよく

そして広くて楽しい

好いホールでした

舞台がまわるのカッコよかったわね

ちゃんとまわれればね

7月1日に来てくれた方はきっとなんのことかご存知ね

追加公演は

笠原さん、えりさん、戸丸さんと

またお会いできたのが

すごく嬉しかったわ

そしてまたSAOやRainbowを歌えて幸せでした

新曲もたくさんあったしね

コーラスで参加する曲も...

あれ?ゲストじゃなかったっけ?って

曲数確認して最初笑っちゃったけれども

頼ってくださってるんだな、って思ったら

すごく嬉しかったわ


そして昨日は

実は初めての目黒Blues Alley Japanでした

Gt.是永さんのオリジナル

「Key to save your world」、

Pat Benetar バージョンの

「Withering Heights」、

Evanescenceの

「Bring me to Life」

を歌いましたよ

どれもカッコイイ曲よね

痺れるわ

本当に素晴らしいライブに立て続けに呼んでいただいて

光栄でした

皆様にも楽しんでいただけましたかしら

自分の新作への意欲も

フツフツと湧いてくるというものよ

これからも

もっともっとがんばろ

ありがとうございました!!



今年の夏は

異常な気象で

本当に天の災難が続きました

わたしのまわりでも復興に心血を注いでいる方が

多くいらっしゃいます

そんな中で自分のできることを考えると

自分の力不足に悲しくなるけれども

微力ながら各地を応援していこうと思います

他にもね

心を砕くべき問題はたくさんあるね

思うのは

世界中どこも

芸術が美しいままでいられますように。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« お誕生日 | トップ | あ。 »
最近の画像もっと見る