ままちゃんのアメリカ

AZ生まれと東京生まれ結婚37年目・家族の歴史、家族、アメリカ社会についての日々雑記と写真

無条件の愛

2018-06-19 | わたしの思い

http://www.thepowerofoneness.com

 

 

 

ベトナムで戦った後、最終的に帰国した兵士についての話がある。


彼はサンフランシスコから両親に電話をかけた。 「お母さん、お父さん、僕は今帰宅途中なのですが、ひとつ頼みたいことがあります。 僕と一緒に帰宅したい友達がいるんです。」 「勿論、いいよ」と両親は答え、「お前のその友人に喜んでお会いしよう。」と言った。


「話しておかなければならないことがあります。」と息子は続けた。「彼は戦いでかなりひどく負傷したんです。地雷の上を歩き、片腕と片脚を失ってしまったんです。 けれど彼にはどこにも行くところがありません。 僕は彼と一緒に帰宅してそこで暮らしていきたいんです。」

「なんというひどいことだ。 おそらく私たちは彼がこれから暮らしていけるような場所を見つけてあげられるだろう。」

「いいえ、お母さんとお父さん、僕は彼に僕たちと一緒に生活してほしいんです。」


「息子よ、」父は言った、 「お前は自分が何を言っているのか分からないようだね。そんなハンディキャップを持つ人は、私たちにとってひどい負担になることだろう。 私たちは自分たちの人生を生きるために、そのような人に混乱させられちゃならないよ。 私たちはお前が家に帰ってきて、その男を忘れるべきだと思う。 彼は自分自身で生きる道を見つけるだろうよ。」


その時点で、息子は電話を切った。 その後両親は彼から何も連絡を受け取らなかった。 しかし、数日後、サンフランシスコ警察から電話を受けた。 彼らの息子が建物から落ち即死した、と言うのだ。 そして警察はそれが自殺であると信じていると言った。


悲しみに襲われた両親はただちにサンフランシスコに飛んで、息子かどうか確認するために市の遺体安置所に連れて行かれた。 彼らは遺体が息子であると認めたが、そこで知らなかったことも発見した。 息子には腕と脚が一つずつしかなかった。


教訓:この物語の両親は、私たちの多くに似ているかもしれない。見栄えが良い人や楽しい人を愛するのは簡単だが、往々にして自分達にとって不都合な人や不快感を与える人は好まないし、健康的で、美しく、あるいは賢そうではない人々から離れたがる。 然しながら、そのように扱わない人がいるのも事実である。 私達がどんなに混乱しているかにかかわらず、永遠の家族に私たちを歓迎し、無条件の愛で迎えてくれる誰かがいる。


今晩、あなたが床につく前に、神が人々をそのまま受け入れるために必要な力を私達にお与えになり、私達とは違った人たちへの理解を深めてくれるよう、少し祈ってみたいものである。

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ディキシィ | トップ | 花嫁とのダンス »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最高の教訓 (dearmadonna)
2018-06-23 06:02:54
ハートにグサッと来ました。
キリストからのメッセージではないでしょうか。
日本中に拡散したいお話です。

まず日本から。
日本をどげんかせんといかんので。
コメントをありがとうございました。 (ままちゃん)
2018-06-23 06:12:51
子供を授かり、育て、寝かしつける時、その顔を見ながら、何度も「この子のためなら、何でもしよう」と思いますが、そのうちに親として心ないことを何気なく口にして傷つけたり、後から子供に悲しい気持ちにさせてしまっていたことを発見したり。
この世で習うことは本当にたくさんありますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

わたしの思い」カテゴリの最新記事