ままちゃんのアメリカ

結婚39年目のAZ生まれと東京生まれの空の巣夫婦・つれづれなるアメリカ事情と家族や社会について。

244歳の国で

2020-07-04 | アメリカ事情

 (Image: Reuters)

引退して元警察官のブライアン・メールは、BLM活動と警官への反対抗議集団に囲まれたところをその集団にいた一人、パトリック・ハッチンソンによって担ぎ出されている。後にブライアン・メールは、パトリックのこの行動なしでは今生きてはいなかっただろうと述べた。これはロンドンで警察とBLM活動家たちの最初の衝突時に起こったことである。

 

7月4日はアメリカ合衆国の独立記念日。例年は夕刻から各地の高校や大学のスタジアムで盛大な花火大会が催され、年に一度この日だけ、子供達は小さな花火で遊ぶのだ。この日は家族や友人が寄り集まってBBQやフライドチキンやらポテトサラダやら、ジェラテインサラダやケーキを赤、青、白で星条旗を模して飾りつけたり、そんなご馳走を楽しむ。ホームメイドのレモネードにカチ割り氷のかけらを浮かべ、家族はメッツ対ジャイアンツの野球中継をバックグラウンドに、冗談を言い合い、キッチンのカウンターで用意される料理をつまみ食いしては、この夏は本当に暑くなりそうだ、などと会話する。でもそれは去年までのこと。

 

今年は第二波とも言えるCovid−19感染のおかげで、大規模な花火大会は中止、普通ならば、海や湖などで涼を取りながらするパーテイも辞めるよう州知事や地方政府から勧告されている。つまらないことだ。

 

3ヶ月あるいはそれ以上に及ぶ自宅隔離や自粛が続いていることへの不平不満もおそらく影響して、警察や歴史にまで及ぶ人種差別への抗議活動が集団暴力へと繋がり、ニューヨーク市やロサンジェルス市などの警察の予算を大きく削れ、と言う要求にまで発展している。大都市での警察がどれだけ必要で大切か把握もせずに、ほんの少数の過激な対応をした警官の行動から、無理押ししている。アメリカではどんな田舎でもドメスティックヴァイオレンス、強盗、殺人、その他あらゆる犯罪の犠牲者となるケースが毎日起こっているのに、警官は必要ではないと言う短絡な考えである。

例年ならば、建国の父について思いを寄せるものだが、今年はウイルス感染渦において日常通りその勤めを果たさんと働く警察官について感謝の気持ちを持ちたい。そのため1970年に発表されたPaul Harveyポール・ハーヴィの「警官とは」のテキストを掲げたい。

 

警官とは

警官は何でできているのでしょうか? 警官は、全ての人間同様に、
聖人と罪人、埃と神の混合で成り立っています。誤解されがちな統計は、不正や残虐行為の稀有さにも関わらず、「ニュース(事実)」として大げさに取り上げる人々を煽っています。それが実際に意味することは、彼らが格段に、珍しく、ありふれてはいないということです。

事実は霜に埋もれているのです。警察官の1%の半分(0.5%)未満がその制服を身につけるにふさわしくないのです。聖職者の中で見つかる値よりも良い平均値です!

警官は何でできているのでしょうか? 彼は、すべての人に、かつては最も必要とされ、そして最も望まれなかったのです。名前のない奇妙な生き物で、前面では「サー」と敬称が付けられ、背後では「お巡り」(あるいはもっとひどい言い方)で言われると言うことです。警官は、個人間の違いをお互いが相手に対して「勝った」と思えるように解決できるような如才なく外交的でなければなりません。

しかし、警官がきちんと手際の良い場合、彼はうぬぼれているとなります。彼が注意深くないと、怠け者だとなります。彼が気性の良い人ならば、お軽い、となり、そうでない場合は、顰めっ面の不機嫌な者となるのです。弁護士が何ヶ月もかけて下す判断を警官は即決しなければなりません。だからと言って、決断を急げば、不注意だとなります。慎重ならば、彼は怠惰だと言うことになるのです。

警官は事故に真っ先に立会い、その事故内容の診断に間違いがあってはないはずです。彼は被害者が息を吹き返させ、出血を止め、骨折した箇所に副子を当てて縛ることができなければならず、そして何よりも、犠牲者が足を引きずることなく家に帰れるよう確認する必要があります。そうでなければ被害者から訴えられることを期待してください。

警察官はすべての銃について周知し、走りながら銃を撃ち、当たっても酷いことにはならない箇所に弾を命中させなければなりません。彼は、制服に損傷を与えず、「残忍」にならずに、自分の二倍はある大きさで、自分の年齢の半分の男二人を捕まえなければなりません。あなたが叩けば、その警官は臆病者となります。彼があなたを叩けば、彼は狼藉者です。警官はすべてを知っていて、それを言ってはいけません。 彼はすべての罪がどこにあるのか知っていなければならず、それに加担してはなりません。

警官は、一本の髪の毛から、犯罪、武器、犯罪者について説明し、犯罪者がどこに隠れているかを伝えられなければなりません。しかし、犯罪者を捕まえれば幸運です。 そうでない場合、彼は劣等生です。 もし彼が昇進した場合、彼は政治的な力を持ちます。 そうでない場合、彼はノロマと言うことです。

警官は、それ(事件)が起こったのを見たが思い出すのを拒否する1人の目撃者に付きまとい、10日間は張り込み、次第に行き止まりに追い込んでいかなければなりません。 警官は、聖職者、ソーシャルワーカー、駆け引き上手、タフな紳士でなければなりません。 そしてもちろん、彼は天才である必要があります—警官の給与で家族を養わなければならないからです。

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 今日の一考 | トップ | お疲れ様 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アメリカ事情」カテゴリの最新記事