ままちゃんのアメリカ

結婚41年目のAZ生まれと東京生まれの空の巣夫婦・つれづれなるアメリカ事情と家族や社会について。

若いということ

2022-11-16 | 私の好きなこと

 

 

 

二週間前まだ日昇前の暗い、それでも街灯によく照らされた全方向一時停止の十字路で、私の番が来て、左折した途端に十字路正面に待っている筈の若い女性の車が、前方を確認せず(彼女談)、右折し、私のパッセンジャー席側の車体に衝突した。 そのため右前方のドアが開きはしてもきちんと閉じなくなった。 エンジンにはなんの故障もなく、なによりも人身事故でなかったのは幸いである。 

保険会社の被害査定はやっと明日という遅さ。 相手の若い女性はしきりに謝っていたが、いくら夜明け前とは言え、私の車は白く、街灯の灯りも十分についているところである。 被害額査定が芳しくなければ、もう慈善団体に寄付しようと思っていた矢先、ご近所に住む方が、通りがかりドライブウェイに停車していた車を見て、是非買わせてくださいという申し出をした。 「この通りパッセンジャー席の車体が凹んでいるように、事故に遭ったばかりなんです」と夫が説明すると、「保険に任せると、法外な査定で、被害に遭った方に自己負担金という形で、これまた法外な要求するのがオチですよ。私は車体整備や修理をする仕事をしているので、この直しは安くすみ、お譲りくだされば、自分で直します。16歳の娘にちょうどいい最初の車です。」と話す。 20年は使用しているから、どこかに寄附しても構わない考えだったので、もしどなたかのお役に立つならば、という気持ちでいる。

Misfortunes never come aloneという諺のごとく、災いは一つだけ、ということはあまりない。 事故の前後にごく親しいひとから、膠原病と診断された旨知らされた。 ちょうど一年前に10代の頃に膠原病と診断された友人が75歳で亡くなったのがすぐ頭に浮かんだが、この親しい人は、73であるからして、若い時期ずっと健康で二児にも恵まれてきたのを思うと、やはり寄せる年のなせるわざと取ることにした。 なによりも症状の自覚がないのが救いである。

そして先週は大学からメイルで、私がCovid-19感染者と接触したかもしれない可能性があると知らされた。 思い当たるのは、同僚の一人が今週で二週目になるが、ずっと病欠勤していることだ。 夫と私は、10月に5度目の、つまり3番目のCovid-19ブースター接種を終えていて、特に最後のは今現在流行中の型に効き目のある、という種類だった。 予防接種は罹患しないのではなく、罹患後の症状を軽くするのが目的だが、うまく盾となってくれていたらいいという気持ちは十分ある。

今年のインフルエンザ接種も済ませたばかりである。とにかく、薬局や学校で無料でくれるテストキットがあるので、検査して学校に報告せねばならない。 それも今週中に。 症状はないが、症状があったり、テスト陽性であっても、隔離することは必要はない、ということである。 せいぜいマスクでもしていれば?ということらしい。 それでもあまり楽しくはない。 あ、待って、これでだるかったりしたら、家でゆっくり休めるではないか!と閃きもした。 これから来週の感謝祭、続く来月のクリスマスと家族の行事が大切で忙しい時期、ゆっくりできるのは、ありがたく、楽しいではないか。 と、まあ少しは気を取り直している。 

精神的には、民主主義国であるこの国の中間選挙の信じがたい体たらくを再び目にした市民の一人の私は、それだけでもお先真っ暗だが、三島由紀夫氏のように憂国病には陥りたくはない。 それに、誰もこの世が完璧だとは言っていない。 むしろ不完全で、どうしようもないのは、私でさえ知っている。 だからこそ起き上がり、再び歩き始めなきゃ、と自身にハッパをかけている。

そんな時、ふと手にした書棚の書物にあの有名なサミュエル・ウルマンの「青春」があった。 彼は1840年ドイツのユダヤ人住民の多く住む地域に生まれ、1851年にはアメリカへ両親と共に移住している。主に南部州で暮らしたため、南北戦争時には南軍にしばし身を置いていた。 彼は後に実業家、詩人、教育者、宗教指導者となった。 彼の「青春」という詩は、ダグラス・マッカーサー将軍が気に入り、日本にも紹介され、松下幸之助を筆頭とする日本の実業界の重鎮にも愛された。 これはウルマンが70歳代で書いた詩で人生の後期においての力強い言葉は、今でも我々を励ます。 生きていると当然のように忍び込む不安、恐れ、苦悶、などとあらゆる暗雲を少しでも払いたい時の応援の詩である。 そうだった、私も負けちゃいられないのだ。

 

Youth by Samuel Ulman

Youth is not a time of life; it is a state of mind. It is not a matter of rosy cheeks, red lips and supple knees. It is a matter of the will, a quality of the imagination, vigor of the emotions; it is the freshness of the deep spring of life.

Youth means a temperamental predominance of courage over timidity, of the appetite for adventure over the love of ease. This often exits in a man of 60, more than a boy of 20.nobody grows merely by the number of years; we grow old by deserting our ideas. Years may wrinkle the skin, but to give up enthusiasm wrinkles the soul. Worry, fear, self-distrust1 bows the heart and turns the spirit back to dust.

Whether 60 or 16, there is in every human being’s heart the lure of wonders, the unfailing childlike appetite of what’s next and the joy of the game of living. In the center of your heart and my heart there is a wireless station; so long as it receives messages of beauty, hope, cheer, courage and power from men and from infinite, so long as you are young.

When the aerials are down, and your spirit is covered with the snows of cynicism and the ice of pessimism, then you’ve grown old, even at 20, but as long as your aerials are up, to catch waves of optimism, there’s hope you may die young at 80.

Youth is not a time of life; it is a state of mind. It is a matter of the will, a quality of the imagination, vigor of the emotions; it is the freshness of the deep spring of life. These are what I have and what we have at this period of life. So, I’m still young, yes, definitely ! Come on my fellow friends, show your energy and passion to this god damn world ! Let the universe hear our voice, see our cheek, hug our enthusiasm and witness our maturity. We’re going to create a brand new future !

 

青春(訳:岡田義夫氏)

青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、
安易を振り捨てる冒険心、こういう様相を青春と言うのだ。
年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。
歳月は皮膚の皺を増すが情熱を失う時に精神はしぼむ。
苦悶や、狐疑、不安、恐怖、失望、こういうものこそ
恰も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。
年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。
曰く「驚異への愛慕心」空にひらめく星辰、
その輝きにも似たる事物や思想の処する欽迎、事に處する剛毅な挑戦、
小児の如く求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。
人は信念と共に若く、疑惑とともに老ゆる。
人は自信と共に若く、恐怖とともに老ゆる。
希望ある限り若く、失望とともに老い朽ちる。
大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、
偉力と霊感を受ける限り人の若さは失われない。
これらの霊感が絶え、悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、
皮肉の厚氷がこれを固く閉ざすに至れば
この時にこそ人は全くに老いて神の憐れみを乞う他はなくなる。

                                                                             

青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言う。

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

物思いの夜長

2022-10-28 | 考え方

bookbub.com

ホットチョコレートにマシュマロいくつか入れて夜長の読書

 

 

 

夜長に読んでいた本に次の言葉を見つけた。 非常に現実的で、崇高で、そして妙に考えさせられる、 特にそれがヴィンセント・ヴァン・ゴッホの言葉だから。

 

「人はただ幸せになるためにこの世にいるのではない。 人は人類のために偉大なことを実現し、気高さを獲得し、人間が存在する下品さを克服するためにそこにいる。」

                                                      -ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ

 

 

 

 

 

 

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

薪の話

2022-10-26 | アメリカ事情 人間性

 

 

 

カリフォルニアのセントラル・ヴァレーにもようやく秋の気配が漂い始め、今朝は摂氏7℃。 ドライブウェイに朝刊を拾いに外へ出た時は、本当に寒かった。 先週まで30℃平均だったのだが、もう10月もあと一週間で終わりとなれば、空さえも、私の好きな「パンクチュエイションのある」空である。【つまり句読点のあるメリハリのある文章のような、ただただ青いだけの空ではなく、ドラマティックに雲のある空】

 

晩秋から冬にかけてカリフォルニア州中部のここでは、氷点下になることさえある。 ヨセミテ国立公園に近く、シェラ・ネヴァダ山脈にはスキー場もあり、時に麓に雪がちらつく日もある。 セントラル・ヒーティングが欠かせないが、ほんの20年前には、ここではペレットやガス使用以外の、普通の薪をくべて暖炉を使用することは、できなくなった。 暖炉が唯一の温源の古い家屋や、山間の家屋は例外ではある。 

なにしろ2035年までに全州民は、EV(Electric Vehicle)つまり電気自動車を使用することが条例化されつつある、環境保護がなによりも大切な当州であるためだ。 

ついこないだまで、収穫期を終えた冬季の果樹園の桃の木を剪定した際の枝などは、よく乾燥していて、よい焚き付けになるので、果樹園の端などで、売られていたものだった。 

北の州の木々の中で暮らす長姉の亡夫は、よく乾燥させた松の間伐材を割って薪を毎秋用意していたものだった。 セントラルヒーティングはあるが、居間と台所の間に、薪ストーブを設た家なので、そのストーブを使用するだけで、すぐ家中が温まる。 冬の間は電気代節約もできる。 そして暖炉に薪をくべ、燃え盛る炎を見ているのは、こころが落ち着く。 

義兄が亡くなってからは、薪割りの仕事は、隣人の14歳の息子が父親と二人で、請け負ってくれている。 14歳にしては、小柄で痩せた元気の良い少年だが、両親の離婚を経験してることから、私の姉をまるで祖母かのように思っていて、常に自分になにかできることはあるか、と尋ねてくれる。 姉は姉でこの少年の友情に感謝している。 隔週末にこの子は、母親の許を訪問することになっているが、そうでない週はよく姉宅で細かな仕事を見つけてはせっせと働いてくれる。 姉がいくらその賃金を払おうとしても、いらないと受け取らないので、アマゾンなどのギフトカードで「支払って」いる。

この少年が父親と共に夏に林の松をいくらか伐採し、乾燥させ、秋には薪割りを始めて、せっせと庭の一角に薪積みをしていくのを見たことがある。 割った薪をWheelbarrow(手押し車)にたくさん積んで、積み重ねていく場所へ運んでいく。 その積み重ね方(コード)も一定の法則のようなものがあり、積み崩れが起こらないようにさまざまな工夫を重ねてやらなければならない。 その工夫は薪割りを経験する者はよく知っている。 この細い腕の少年も、承知していて、テキパキと片づけていく。 そして一旦積み上げた薪のコードの上には、防水タープ(シート)で覆っておかねばならない。

 

 

timbergadgets.com

 

一冬どころか二冬も持ちそうなくらいの薪のコードを終えてからは、昨年のコードから、完璧に乾燥仕上がった薪を今度は屋根のあるポーチの端に少しずつ積み上げていくのだ。 それは姉がポーチを降りて庭の端まで行ってわざわざ薪を運ばなくとも、パティオドアから出てポーチから薪を取れるように、という配慮からだ。 15年前に3度目の背中の手術をしている姉を労ってのことだ。 この隣人一家の思いやりには、いつも感謝以外の言葉がない。

隣人の息子は、そうした力仕事が終わると、庭の雑草を抜いたり、自宅で飼っている鶏の世話をしたり、毎日2打はある鶏卵を拾い集めては、姉のところへも持ってきてくれる。 14歳だが、働き者の若者である。 ご苦労様と姉が持ってくるレモネードをゴクリと飲み干す姿は、まだまだ可愛い。 このよく働く親切で思いやりのある少年を見ていて、私はある言葉を思い出した。

それは古い禅の言葉だ。 「悟りを開くなら、木を切り、水を運ぶ。 悟りが開けたら、木を切り、水を運ぶ。」である。 人生で、木を切り刻み、水を運ぶ必要は誰でもある。 (この少年は私の姉の許へ配達される飲料水の重い瓶をキッチンへ運んでもくれるのだ。) そうした仕事を心を込めて、愛を持って行うのが最善なのをこの少年はもう心得ている。 こうした気持ちの良い少年を育てている隣人は、尊い。

 

Linkedin

“The novice says to the master, ‘What does one do before enlightenment?’ ‘Chop wood. Carry water,’ replies the master. The novice asks, ‘What, then, does one do after enlightenment?’ ‘Chop wood. Carry water.'”

「初心者はマスターに、尋ねた:『悟りを開く前に何をしますか?』『木を切り刻みなさい。水を運びなさい。』とマスターは答えた。 初心者は、『では、悟りを開いた後、人は何をしますか?』と尋ねた。 『木を切り刻み、水を運びなさい。』」

 

その姿を見た私は、この少年の大好物を作ってお礼とした。 日本のオムライスである。 少年の名前をオムライスの上に書いた時、彼の瞳の輝きとこぼれんばかりの微笑みは、地上のものとは思えないほど美しかった。 いつもどうもありがとう、カイル。 

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ノアの方舟事情

2022-10-23 | 歴史と伝説

istock

 

 

主は地上に増えた人々の堕落を見て、これを大洪水で滅ぼすと「主と共に歩んだ正しい人」であったノア(当時500~600歳)に告げ、ノアに方舟の建設を命じた。

このノアの方舟の話は、世界的規模の大洪水を基にしているが、これはユダヤ・キリスト教に限らず、ほぼ世界中にこの大洪水の話はある。 ヘブライだけではなく、古代オリエントのシュメール、バビロニア、アッカド、カルデア、アルメニア、欧州では、ギリシャ、ゲルマン(ジャーマン現ドイツ)、アイルランド、アメリカ大陸では、原住民族アステカ、インカ、マヤ、ホピ、カドー、メノミニー、ミックマック、そしてアジアの日本、中国大陸、朝鮮、台湾、インド、インドネシア、そしてアフリカにもある。 

さて、旧約聖書の創世記によれば、来るべく大洪水に備えて、主がノアという実在の歴史上の人物に実際に建造させた実在の船、方舟について説明している。 その旧約聖書に示されているキュビット単位の寸法 (長さ約 510 フィート,幅 85 フィート,高さ 50 フィート ) が巨大な貨物船の現実的な寸法であることも驚くべきことではない。 このサイズの船は、少なくとも 120,000頭の羊を運べる約483台の標準的なセミ・トレーラーと同じ保管容量を持っている。 

もちろん、ノアは12 万頭の羊を方舟に乗せる必要はなかったが、あらゆる種類の陸上に生息する空気呼吸の動物を 2 匹(つがいで)ずつ方舟に乗せることをノアは仰せつかった。 ちなみに、神が動物を箱舟に送ったので、ノアが動物を集める必要はなかった。 

聖書は、ノアの積荷は、呼吸をする陸に住む動物に限定されていたと述べている (創世記 7:15)。  これは明らかに魚やその他の海洋生物を除外しており、おそらく昆虫やその他の無脊椎動物も除外しているようである。

陸上に生息し、呼吸する動物種はたくさんあるが、そのような種類は、絶滅したものを含めて約 1,398 種 (実際の数は 1,000種、あるいは1,500種ほどとも言われている)にすぎないそうだ。 つまり、ノアは約6,744匹・頭の動物を箱舟に乗せるだけで済んだ。 一部の動物は非常に大きいが、その他の多くは非常に小さく、平均的な生き物は羊ほどの大きさである。 そのため、方舟には数千匹・頭の動物、ノアとその家族、そして彼らが 1 年間の航海を乗り切るために必要な物資を収容する十分なスペースがあった。 【参考:Answeringingenesis, Ken Ham氏のブログから。】

合衆国ケンタッキー州ウィリアムズタウンのアーク・エンカウンター博物館で建造された実物大のノアの方舟は、神の言葉が真実であることの証であると説明されている。 三層の展示物を備えたこの大規模な方舟の復元は、あの大洪水に関する多くの懐疑的な疑問に答えている。 そうした疑問の答えを発見し、方舟の不思議を体験することもできる。 ただし展示物の動物の中には恐竜類もあり、そこは、アメリカのアメリカたる所以かもしれない。

 

ケンタッキー州ウィリアムズタウンのアーク・エンカウンター博物館

方舟内部

 

5人の子供たちのそれぞれの家庭に1セットずつクリスマスに方舟玩具セットを贈る私も、幼い頃から旧約聖書創世記のノアの方舟の話が好きである。 遥か以前の欧米では日曜日の教会出席の後で子供たちが遊べる玩具は、ノアの方舟セットで、大抵方舟とつがいで揃えられた動物がいくつかあった。 特にヴィクトリア朝の英国やアメリカでもその玩具はたいへんに人気があった。

ワシントンD.C.のスミソニアン博物館や、プリンストン大学のコットセン子供博物館には、19世紀の方舟玩具セットや文献が所蔵されている。 よく作られたかつての方舟セットは、精巧に作られたドールハウスのごとく、値段もはって、暮らし向きが良くなければ、入手し難かったことだろう。

現代はありがたいことに、私でも破産せずに孫たちにその玩具を贈ることができる。 その点現代文明の産物、プラスチックは多いに役立って、丈夫で、それこそバスタブで遊べさえできる手軽な玩具としての役割を果たしている。 遊びながら、古代の洪水や方舟や建造したノアについて子供たちは学んでいる。

 

最後にこの私がノアの方舟から学んだことをお教えいたします。

1. 船には乗り遅れないこと。 
2. 私たちは皆、「同じ船」に乗っていることを忘れないこと。 
3. 事前に計画する。 ノアが方舟を作ったとき、雨は降っていなかった。 
4. 健康を保つ。 600歳になると、誰かがあなたに本当に大きなことをするように頼むかもしれない。
5. 批評家の言うことを聞かないこと。 やらなければならない仕事を続けるだけである。 
6. 高台で未来を築く。 
7.安全のため、ペアで旅行したい。  
8. ストレスがたまっているときは、しばらく「浮いて」いること。 
10. 方舟はアマチュアによって造られたことを思い出すこと。反してプロによるタイタニックは...
11. 嵐に関係なく、神と一緒にいるときはいつも虹が待っている。

 

playmobileのお手頃なノアの方舟セット玩具。今年これは次女家族へ。

 

 

 

 

 

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

輝いていた星

2022-10-21 | 人間考察

Pinterestから。

2014 年、ランズベリーはエリザベス 2 世女王から大英帝国勲章デイム コマンダーに任命された。

 

 

 

 

もう数年前になるが、Pinterestピンタレストができた頃、私は多くのピンを作った。 その中の一つはアンジェラ・ランズベリーについてだった。 1971年のディズニー映画Bedknobs and Broomsticks(邦題:ベッドかざりとほうき)で、お初にお目にかかった歌える女優さんだったが、まるで母親のような包容力のある方だと思ったのを覚えている。 その後日本でもMurder、 She Wrote(邦題:ジェシカおばさんの事件簿)がヒットし、長い間放映され、テレビをあまり好まなかった私の母までも、たいへんに好んでいた番組だった。 現在でもアマゾン・プライムで全エピソードを観ることができるのは、嬉しいことだ。 その他の作品に、エルヴィス・プレスリーのBlue Hawaiiがあるが、その映画ではたった10歳しか年下でないエルヴィスの母親役を演じたり、ブロードウェイ・ミュージカルでも成功を納めたり、1940年にナチスの手に掛かる英国からアメリカに移住してきてからの女優としての活躍は、たいしたものである。

今から26年前のCBS局の60ミニッツで、ランズベリーは、彼女の長寿看板TVドラマ(ジェシカおばさんの事件簿)が日曜の夜から、平日の晩に放送時間が替えられ、そのことから番組自体のキャンセルに繋がったことを落涙せんばかりに、語っていたことを覚えている。 華やかなだけではない世界に長い間身を置いてきた俳優の苦悩をそこに見て、彼女が自ら断言するように、美的俳優ではなく、演技派女優として誇りを持ち、どんな役にも真面目に取り組んできたその性格をとても尊く思ったものだ。

そして息の長い女優生活において、ランズベリーのそのまっすぐな性格や考え方は、私が見習いたいと思う例をいくつか見せてきた。だから、ピンタレストに、彼女のピンを設けた私なのだ。彼女がなんと優雅に歳を重ねていくのだろうと感心したからだった。  決して美容整形に頼る事なく、上記写真のコメントの通り、笑い皺の一つ一つに彼女の重ねてきた歴史があり、それが輝いているに過ぎないという考えが私は気に入っている。 

先日、彼女は96歳でこの世を去ったが、The Greatest Generation偉大な世代と呼ぶ年代に生まれ、戦争を体験し、苦労して生きてきた人々は、先月崩御の英国女王も含めて、どんどん櫛の歯が、欠けていくように逝ってしまう。

Jessica Fletcherジェシカ・フレッチャー・スタイルと称している私のピンタレストのピンのひとつ。

 

この才能あるスターは市井の私たちの生活に素晴らしいエンターテインメントで満たしてくれたが、それだけではなく人生や老いる事への適切なインスピレーションを与えてくれた素晴らしい人生観も持っていた。

人々は彼女の信じられないほどの長いキャリアを懐かしく振り返ったが、彼女は、スキャンダルや失恋を引き起こすことなく、何十年にもわたって私たちを楽しませ、感動させたかった人だった。

10代後半の「ガスライト」のアカデミー賞ノミネイションから始まり、生涯にわたって続いた長い演技のキャリアの中で、スターがいくつかの真珠とも言える知恵を共有してきた。 そのいくつかは、本当に私にとっても覚えておきたい言葉である。

「エチケットの目的は、急いでいるときに従うことができる簡単な一連のルールを提供し、誰にも不快感を与えないようにすることです。」

「悩むよりは忙しいほうがいい。」

「夢をつかむ以上のヒントは正直に言えません。あなたが望むもの、あなたが達成したいと感じているものに固執し、それに向かって進んでください。 私たちは皆、自分の才能や自分の欠点の犠牲者になることがありますが、それらは私たちをつまずかせ、私たちの目標を達成することを妨げるので、それらのことを認識しておく必要があります。」

「心を開き、準備ができていれば、すべてが起こるようになるものです。」

「年齢を特に意識したことはありません。 自転車に乗っているようなものです。 足を下ろして進んでいくだけです。」

「私はいつも祈っています。 私はキリスト教の方法で、神を信じています。 私は教会によく通う人ではありませんが、神を信じています。 彼にはとても感謝しています。」

「私が大成功を収めたのは 40 歳になる前だったことを知って驚いています。 今でもそのエネルギーに満ち溢れていて、自分のことを体型で考えていません。 私は 90 歳ですが、90 歳だとは感じません。」

「年齢があなたの継続を妨げてはならないと私は信じています。」

そして1951年に合衆国市民権を取得し、合衆国選挙投票権を得ているランズベリーは、過去このように語った。

「私はロムニー氏の演説をテレビやラジオで何度も聞いたことがありますし、彼の著書”No Apology: The Case for American Greatness”を読んだことさえあります。  ロムニー氏は、私の意見としては、(大統領候補としての)要件に適合する最良の方のようです。」(2008年、2012年、2016年と3度合衆国大統領戦挙に出馬したが、敗れたロムニー氏について)

こんな言葉の数々に、ますます彼女が、地に足をつけた浮つかない安定さと包容力をもっていた母や祖母のように思えてならない。

 

Disney

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする