看護師国家試験の過去問解説

看護師国家試験の「受験勉強に役立つ情報」を発信しています。
http://www.relic-kangoshi.com

107回午前・問1〜問25

2018-09-08 09:37:30 | 看護師国家試験の解説・スマホ版

問1 平均寿命で正しいのはどれか。
1.0歳の平均余命である。
2.20歳の平均余命である。
3.60歳の平均余命である。
4.死亡者の平均年齢である。


◆平均寿命は、0歳の平均余命である。
平均余命は、その年齢の人が平均してあと何年生きるのかを示したものである。
0歳の平均余命とは、生まれたばかりの人が死ぬまでの平均年数である。


・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問1 平均寿命で正しいのはどれか。
1. 0歳の平均余命である。
2. 20歳の平均余命である。
3. 60歳の平均余命である。
4. 死亡者の平均年齢である。

<チェックボタン>
赤レベル :平均寿命の定義を知らない。
黄レベル :問題文を再確認したいと思う。
青レベル :平均寿命の定義を知っている。

<*管理栄養士国家試験の問題をご紹介します>
(誤)平均寿命は、その年に死亡した人の年齢を平均して算出できる。
(正)平均寿命は、0歳における平均余命である。



問2 平成27年(2015年)の病院報告による一般病床の平均在院日数はどれか。
1.6.5日
2.16.5日
3.26.5日
4.36.5日

◆病院報告(平成28年)
1日平均在院患者数
・精神病床:70,050人
・療養病床:289,771人、
・一般病床:670,449人
病院の在院日数(平均28.5日)
・精神病床:269.9日
・療養病床:152.2日
・一般病床:16.2日
・介護療養病床:314.9日
看護師の人数:806,884人
准看護師の人数:123,418人


・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問2 平成27年(2015年)の病院報告による一般病床の平均在院日数はどれか。
1. 6.5日
2. 16.5日
3. 26.5日
4. 36.5日

<チェックボタン>
赤レベル :病院報告を詳しく学ぶつもりでいる。
黄レベル :問題文を再確認したいと思う。
青レベル :一般病床の平均在院日数を知っている。

<医師国家試験から108回の予測問題>
日本、アメリカ、ドイツ及びフランスの比較で、日本について正しいのはどれか。
(正)平均在院日数が最も長い。
(誤)高齢化率が最も低い。
(誤)人口千人当たりの医師数が最も多い。
(誤)人口千人当たりの病床数が最も少ない。
(誤)国内総生産〈GDP〉に対する国民医療費の割合が最も高い。
*日本の平均在院日数が最も長いことを知っていてください。


問3 シックハウス症候群に関係する物質はどれか。
1.アスベスト
アスベスト(石綿)は、天然の鉱物繊維で、主に保温・断熱材として使用された。肺がんや中皮腫を発症するために、現在では製造・使用等が禁止されている。

2.ダイオキシン類
ダイオキシンは、ゴミ焼却による燃焼によって発生する。
発がん性があるので、耐容一日摂取量(TDI)が4pg-TEQと設定されている。


3.放射性セシウム
放射性セシウムは、原発事故による土壌汚染が問題となっている。
半減期が30年と長く、ナトリウムと同じような化学的性質があるので、体内に取り込まれて発がんの危険性がある。


4.ホルムアルデヒド
ホルムアルデヒドは、メタノールの酸化物であり、水に溶解させるとホルマリンとなる。
ヒトの粘膜を刺激するため、目がチカチカしたり、涙や鼻水が出る、のどの痛みやせきなどを引き起こす。
室内での発生源は主に合板であり、シックハウス症候群の原因となる。


・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問3 シックハウス症候群に関係する物質はどれか。
1. アスベスト
2. ダイオキシン類
3. 放射性セシウム
4. ホルムアルデヒド

<チェックボタン>
赤レベル :問題文に理解できない所がある。
黄レベル :解答が入れ替わると対応できなくなる。
青レベル :シックハウス症候群を知っている。

<医師国家試験から108回の予測問題>
居住環境を守る観点から建築材料に法定基準があるのはどれか。
(正)ホルムアルデヒド
(誤)アセトン
(誤)塩化ビニル
(誤)エチルアルコール
(誤)シアン化ナトリウム
 *ホルムアルデヒドはシックハウス症候群の原因となる。



問4 介護保険法に基づき設置されるのはどれか。
1.老人福祉センター
老人福祉センターは、老人福祉法に規定される。
地域の高齢者に対して、相談、健康の増進、レクリエーションを供与する。


2.精神保健福祉センター
精神保健福祉センターは、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律に規定される。
精神障害者の福祉に関する相談や指導を行う。


3.地域包括支援センター
地域包括支援センターは、介護保険法に基づき市町村に設置される。
権利擁護業務では、認知症高齢者の金銭管理のサポートを行う。
総合相談支援業務では、高齢者からの相談受付を行う。
介護予防ケアマネジメント業務では、要支援1・2の認定者への介護予防サービスを行う。
包括的・継続的ケアマネジメント支援業務では、高齢者の自立支援を行う。


4.都道府県福祉人材センター
都道府県福祉人材センターでは、社会福祉法に基づき、社会福祉事業を行う。
職業紹介事業、福祉人材バンクなども行っている。


◆老人福祉施設
老人福祉施設には、老人福祉法に規定された、老人デイサービスセンター、老人短期入所施設、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム、老人福祉センター、老人介護支援センターがある。


・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問4 介護保険法に基づき設置されるのはどれか。
1. 老人福祉センター
2. 精神保健福祉センター
3. 地域包括支援センター
4. 都道府県福祉人材センター

<チェックボタン>
赤レベル :問題文に知らないセンターがある。
黄レベル :問題文を再確認したいと思う。
青レベル :地域包括支援センターについて理解している。

<医師国家試験から108回の予測問題>
地域包括支援センターについての記載である。
(正)介護保険法に定められている。 
(正)設置主体は市町村である。 
(正)高齢者に対する虐待への対応を行う。
(正)医師の配置が義務付けられていない。
(正)在宅医療は提供しない。



問5 QOLを評価する項目で最も重要なのはどれか。
1.高度医療の受療
高度な医療が、必ずしも生活の質を向上するとはいえない。

2.本人の満足感
QOLは生活の質なので、本人の価値観によって決定される。

3.乳児死亡率
乳児の死亡と生活の質は一致しない。

4.生存期間
生きているだけでは、生活の質が高いとはいえない。

・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問5 QOLを評価する項目で最も重要なのはどれか。
1. 高度医療の受療
2. 本人の満足感
3. 乳児死亡率
4. 生存期間

<チェックボタン>
赤レベル :問題文に理解できない所がある。
黄レベル :問題文を再確認したいと思う。
青レベル :QOLを評価する意味を理解している。

<医師国家試験から108回の予測問題>
(正)在宅医療と介護を受けている患者のQOLは、得られる支援によって変化する。



問6 原始反射はどれか。
1.手掌把握反射
把握反射は、新生児が反射的に握ろうとする反射で、出生時にみられる。


2.視性立ち直り反射
視性立ち直り反射は、身体を傾けると、頭部を正常な位置に戻す反射で、5〜6か月ころにみられる。

3.パラシュート反射
パラシュート反射は、身体を抱き上げ、身体を急に傾けると開いて支えようとする姿勢反射で、9〜10か月ころにみられる。

4.ランドー反射
ランドー反射は、はいはいに役立つ姿勢反射で、3か月ころにみられる。

・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問6 原始反射はどれか。
1. 手掌把握反射
2. 視性立ち直り反射
3. パラシュート反射
4. ランドー反射

<チェックボタン>
赤レベル :原始反射をよく理解していない。
黄レベル :原始反射が消失する時期が分からない。
青レベル :原始反射を理解している。

<医師国家試験から108回の予測問題>
(正)Moro反射陽性は、生後1か月の健康診査で経過観察として良い。
(正)10か月の乳児に対する発達の評価に適しているのは、パラシュート反射やランドー反射である。
(正)パラシュート反射やランドー反射は姿勢反射である。



問7 思春期にみられる感情の特徴はどれか。
1.情緒的に安定し穏やかになる。
思春期では、様々な不安や葛藤を抱え、情緒的に不安定な時期である。

2.思い通りにならないと泣き叫ぶ。
乳幼児が該当する。

3.親に対して強い愛情表現を示す。
愛着行動は、乳児が該当する。

4.依存と独立のアンビバレント〈両価的〉な感情をもつ。
親に対しての甘えや依存と、自我の発達による独立性が共存する時期である。
「自己(自我)同一性の確立」対「自己(自我)同一性の拡散」は、思春期の特徴である。


・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問7 思春期にみられる感情の特徴はどれか。
1. 情緒的に安定し穏やかになる。
2. 思い通りにならないと泣き叫ぶ。
3. 親に対して強い愛情表現を示す。
4. 依存と独立のアンビバレント〈両価的〉な感情をもつ。

<チェックボタン>
赤レベル :思春期にみられる感情の特徴をよく理解していない。
黄レベル :両価的な感情の意味が分からない。
青レベル :思春期にみられる感情の特徴を理解している。



問8 老年期の身体的な特徴はどれか。
1.総水分量が増加する。
老年期では、体脂肪が増加して筋肉量が減少する。
また細胞内液の減少により、総水分量は減少する。


2.胸腺の重量が増加する。
胸腺の重量が減少し、免疫力が低下する。

3.嗅覚の閾値が低下する。
嗅細胞が減少するので、嗅覚閾値が上昇して、匂いの識別が困難となる。

4.高音域における聴力が低下する。
内耳の感覚細胞の減少による老人性難聴では、初期には高音域が聞き取りにくくなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問8 老年期の身体的な特徴はどれか。
1. 総水分量が増加する。
2. 胸腺の重量が増加する。
3. 嗅覚の閾値が低下する。
4. 高音域における聴力が低下する。

<チェックボタン>
赤レベル :老年期の身体的な特徴をよく理解していない。
黄レベル :高音域における聴力が低下することを知らない。
青レベル :老年期の身体的な特徴をよく理解している。

<医師国家試験から108回の予測問題>
(正)老人性難聴では、高音域の聴力が低下する。
(正)老人性難聴では、近づいて普通の大きさの声で話す。



問9 一般病床の看護職員の配置基準は、入院患者【 】人に対して看護師及び准看護師1人と法令で定められている。
 【 】に入るのはどれか。
1.2
2.3
3.4
4.6

◆看護職員の配置基準(医療法)
一般病院の一般病床は3:1
特定機能病院は2:1
療養病床は4:1


・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問9 一般病床の看護職員の配置基準は、入院患者【 】人に対して看護師及び准看護師1人と法令で定められている。
 【 】に入るのはどれか。
1.2
2.3
3.4
4.6

<チェックボタン>
赤レベル :一般病床の看護職員の配置基準を知らない。
黄レベル :看護職員の配置基準を暗記したいと思う。
青レベル :一般病床の看護職員の配置基準を知っている。

<医師国家試験から108回の予測問題>
(正)医療計画には、医療従事者の確保が定められている。



問10 嚥下に関わる脳神経はどれか。
1.嗅神経
嗅神経は、匂いを伝える知覚神経である。

2.外転神経
外転神経は、外側直筋(眼球の外転)を支配して眼球運動に関与する。

3.滑車神経
滑車神経は、上斜筋を支配して眼球運動に関与する。

4.迷走神経
迷走神経は、嚥下、のどの知覚・呼吸、運動、頚部・胸部・腹部の臓器を支配する。

・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問10 嚥下に関わる脳神経はどれか。
1. 嗅神経
2. 外転神経
3. 滑車神経
4. 迷走神経

<チェックボタン>
赤レベル :問題文に理解できない所がある。
黄レベル :脳神経についてさらに学びたいと思う。
青レベル :迷走神経について理解している。

<医師国家試験から108回の予測問題>
(正)動眼神経、顔面神経、迷走神経は、副交感神経を含む。



問11 肝臓の機能で正しいのはどれか。
1.胆汁の貯蔵(合成)
胆汁の貯蔵は胆嚢の機能である。
肝臓は胆汁酸をコレステロールから合成する。


2.脂肪の吸収
脂肪は、リパーゼにより分解され、胆汁酸によりミセルを形成して小腸上皮細胞から吸収される。

3.ホルモンの代謝
ペプチドホルモンは、蛋白分解酵素によって分解されるが、ステロドホルモンは肝臓で分解される。

4.血漿蛋白質の分解(合成)
アルブミンやグロブリンなどの血漿蛋白質は、肝臓で合成される。

・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問11 肝臓の機能で正しいのはどれか。
1. 胆汁の貯蔵
2. 脂肪の吸収
3. ホルモンの代謝
4.血漿蛋白質の分解

<チェックボタン>
赤レベル :問題文に理解できない所がある。
黄レベル :肝臓の機能についてさらに学びたいと思う。
青レベル :肝臓の機能を理解している。

<医師国家試験から108回の予測問題>
(正)トリグリセリドは肝臓で合成される。



問12 頻回の嘔吐で生じやすいのはどれか。
1.血尿
嘔吐は消化器であり、泌尿器とは関係しない。

2.低体温
嘔吐によって低体温となることはない。

3.体重増加
嘔吐により体水分量が減少すると、体重は減少する。

4.アルカローシス
頻回の嘔吐により胃酸を失うことで、代謝性アルカローシスとなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問12 頻回の嘔吐で生じやすいのはどれか。
1. 血尿
2. 低体温
3. 体重増加
4. アルカローシス

<チェックボタン>
赤レベル :問題文に理解できない所がある。
黄レベル :問題文を再確認したいと思う。
青レベル :嘔吐でアルカローシスが起こることを理解している。



問13 関節や神経叢の周辺に限局して起こる感覚障害の原因はどれか。
1.脊髄障害
脊髄障害では、障害された部位に支配されている領域に対麻痺が起こる。

2.物理的圧迫
膝関節の圧迫では、腓骨神経麻痺が起こる。
橈骨神経が上腕の中央部で傷害されると下垂手になり、肘関節の屈側で傷害されると下垂指になる。
前腕や肘関節周囲の骨折などの後に、上腕動脈の循環障害や前腕のコンパートメント症候群などでフォルクマン拘縮が起こる。


3.脳血管障害
脳血管障害による脳性麻痺は、片麻痺(半身麻痺)となる。

4.糖尿病の合併症
糖尿病性神経障害の原因は、高血糖によりソルビトールが末梢神経に蓄積するためである。
神経障害が多方面にあらわれる多発性神経障害となり、感覚障害の始まりは手足の先端からとなる。


・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問13 関節や神経叢の周辺に限局して起こる感覚障害の原因はどれか。
1. 脊髄障害
2. 物理的圧迫
3. 脳血管障害
4. 糖尿病の合併症

<チェックボタン>
赤レベル :問題文に理解できない所がある。
黄レベル :感覚障害の原因がよく分からない。
青レベル :問題の趣旨を理解できる。

<医師国家試験から108回の予測問題>
50歳の男性。右足先が上がらないことを主訴に来院した。昨夜、泥酔して右脚を上にして脚を組んだ状態で寝込んでしまったところ、今朝、目覚めたときに右の足関節を背屈できなくなっていた。足関節の背屈は2と低下している。右下腿外側と足背とに感覚低下を認める。
(誤)障害されているのは大腿神経である。
(正)障害されているのは総腓骨神経である。



問14 良性腫瘍と比較して悪性腫瘍でみられる特徴はどれか。
1.被膜がある。
悪性腫瘍は、境界が不明瞭で被膜がない。
被膜があれば、境界が明瞭なので良性である。


2.遠隔転移する。
悪性腫瘍は、他臓器へ遠隔転移する。

3.周囲組織に浸潤しない。
悪性腫瘍の発育形式は、浸潤性である。
良性腫瘍は、発育が限局される。


4.増殖速度が緩やかである。
悪性腫瘍は、増殖速度が速く、再発しやすく、全身への影響が強い。

・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問14 良性腫瘍と比較して悪性腫瘍でみられる特徴はどれか。
1. 被膜がある。
2. 遠隔転移する
3. 周囲組織に浸潤しない。
4. 増殖速度が緩やかである。

<チェックボタン>
赤レベル :問題文に理解できない所がある。
黄レベル :良性腫瘍と悪性腫瘍の区別がつかない。
青レベル :悪性腫瘍でみられる特徴を理解している。



問15 肝障害の指標となる血液生化学検査の項目はどれか。
1.CRP
CRP(C反応性蛋白質)は、体組織の炎症の指標となる。
感染症、自己免疫疾患、悪性腫瘍、心筋梗塞などで上昇する。


2.尿素窒素
血中尿素窒素は、腎機能の指標となる。
腎機能が低下すると、ろ過されない尿素窒素が上昇する。


3.アミラーゼ
アミラーゼは、膵炎の指標となる。
膵臓の炎症により、アミラーゼが漏れ出て来るので、血中濃度が上昇する。


4.ALT〈GPT〉
ALTは、肝臓に含まれるアミノ酸転移酵素である。
肝細胞が障害されると、血中濃度が上昇する。


・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問15 肝障害の指標となる血液生化学検査の項目はどれか。
1. CRP
2. 尿素窒素
3. アミラーゼ
4. ALT〈GPT〉

<チェックボタン>
赤レベル :問題文に理解できない所がある。
黄レベル :血液生化学検査の項目を覚えたいと思う。
青レベル :主要な血液生化学検査の項目を知っている。



問16 排便を促す目的のために浣腸液として使用されるのはどれか。
1.バリウム
硫酸バリウムは、上部消化管のエックス線検査における造影剤として用いられる。
便秘を起こしやすいので、検査終了後は下剤を服用する。


2.ヒマシ油
ヒマシ油は、経口摂取する下剤である。
腸の蠕動運動を促進することで、腸管内用物を排除する。


3.グリセリン
グリセリンは、3価のアルコールであり、水やエタノールに溶けやすい。
50%水溶液が浣腸液として使用される。
グリセリンは、組織から水を吸収し、腸壁を刺激することで蠕動を促進させる。
保水作用があるので、ひびやあかぎれなどにも外用剤として使用される。


4.エタノール
エタノールは、消毒剤として手指などの消毒に用いられる。

・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問16 排便を促す目的のために浣腸液として使用されるのはどれか。
1. バリウム
2. ヒマシ油
3. グリセリン
4. エタノール

<チェックボタン>
赤レベル :問題文に理解できない所がある。
黄レベル :問題文を再確認したいと思う。
青レベル :浣腸液グリセリンを理解している。



問17 他の医薬品と区別して貯蔵し、鍵をかけた堅固な設備内に保管することが法律で定められているのはどれか。
1.ヘパリン
ヘパリンは抗凝固剤として、血液凝固の防止や血栓塞栓症などに用いられる。
遮光・室温保存とし、他の医薬品と区別して貯蔵しない。


2.インスリン
インスリンは劇薬なので、他の医薬品と区別して保管する必要があるが、鍵をかける必要はない。
使用前は凍結を避けて2〜8℃で遮光保存し、使用開始後は室温保存とする。


3.リドカイン
リドカインは劇薬なので、他の医薬品と区別して保管する必要があるが、鍵をかける必要はない。

4.フェンタニル
フェンタニルは麻薬であり、他の医薬品と区別して貯蔵し、鍵をかけた堅固な設備内に保管する。
処方された後の自宅での保管に関しては、添付文書に「警告」として、「必ず小児の手の届かないところに保管するよう指導すること」と記載されている。


◆毒薬の保管
毒薬は、専用の鍵のかかる保管庫に貯蔵する。
毒薬の表示は、黒地に白枠、白字で「毒」と書く。
形は問わないので、丸でも四角でも構わない。


◆麻薬及び向精神薬取締法
麻薬と向精神薬は、他の医薬品と区別して貯蔵し、鍵をかけた堅固な設備内に保管する。
麻薬と向精神薬は、同時に格納することができるが、毒薬など他の医薬品は格納することができない。
麻薬の表示は、丸の中に「麻」と書く。
色は問わないが、丸でなければならない。



・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問17 他の医薬品と区別して貯蔵し、鍵をかけた堅固な設備内に保管することが法律で定められているのはどれか。
1. ヘパリン
2. インスリン
3. リドカイン
4. フェンタニル

<チェックボタン>
赤レベル :問題文に理解できない所がある。
黄レベル :麻薬の保管方法が分からない。
青レベル :麻薬の保管について理解している。



問18 面接時の質問方法で開かれた質問はどれか。
1.「頭痛はありますか」
「頭痛はある」か「頭痛はない」かの、閉じられた質問である。

2.「昨晩は眠れましたか」
「眠れた」か「眠れなかった」かの、閉じられた質問である。

3.「朝食は何を食べましたか」
すでに食べたものが決まっているので、閉じられた質問である。

4.「退院後はどのように過ごしたいですか」
自由な回答となるので、開かれた質問である。

・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問18 面接時の質問方法で開かれた質問はどれか。
1. 「頭痛はありますか」
2. 「昨晩は眠れましたか」
3. 「朝食は何を食べましたか」
4. 「退院後はどのように過ごしたいですか」

<チェックボタン>
赤レベル :問題文に理解できない所がある。
黄レベル :閉じた質問と聞かれた質問の区別がつかない。
青レベル :開かれた質問を理解している。

<医師国家試験から108回の予測問題>
悪い知らせを伝える際の「SPIKESモデル」である。
(正)面談の環境を整える。
(正)患者の認識を評価する。
(正)知識と情報を提供する。
(正)患者の感情に共感を示す。
(誤)医師のストレスを説明する。
*参考にしてください。



問19 異常な呼吸音のうち高調性連続性副雑音はどれか。
1.笛のような音〈笛音〉
連続性副雑音は、呼吸によって起こる異常音である。
高調性とは高い音であり、喘息など気道の狭窄による。


2.いびきのような音〈類鼾音〉
類鼾音は、低音であり、太い気管が詰まった状態である。
炎症による分泌物の貯留や慢性気管支炎で生じる連続性副雑音である。


3.耳元で髪をねじるような音〈捻髪音〉
捻髪音は、間質性肺炎で起こる。
吸気の最後に、間質性の肥厚により開きにくい肺胞が遅れて開くときのチリチリという細かい断続性の音である。


4.ストローで水に空気を吹き込むような音〈水泡音〉
水泡音は、肺水腫、肺炎、慢性気管支炎などに起こる。
気道内の液体性の分泌物が、呼吸に伴って破裂する粗い断続性の音である。


・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問19 異常な呼吸音のうち高調性連続性副雑音はどれか。
1. 笛のような音〈笛音〉
2. いびきのような音〈類鼾音〉
3. 耳元で髪をねじるような音〈捻髪音〉
4. ストローで水に空気を吹き込むような音〈水泡音〉

<チェックボタン>
赤レベル :問題文に理解できない所がある。
黄レベル :呼吸の副雑音が区別できない。
青レベル :呼吸の副雑音を理解している。



問20 患者をベッドから車椅子へ移乗介助するときの車椅子の配置を図に示す。
 左片麻痺のある患者の介助で最も適切なのはどれか。
      

1.
車椅子が健側に配置されているが、患者は右足を出し、さらに左足を出さないと移乗できない。

2.
車椅子が麻痺側に配置されている。

3.
車椅子が健側に配置されている。
移乗する際に、患者は右足だけを前に出せば良いので動作が最小となる。


4.
患者が向きを180度転換させるためには、右足→左足→右足→左足の4動作が必要になる。

・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問20 患者をベッドから車椅子へ移乗介助するときの車椅子の配置を図に示す。
 左片麻痺のある患者の介助で最も適切なのはどれか。
      

1.
2.
3.
4.

<チェックボタン>
赤レベル :問題文に理解できない所がある。
黄レベル :問題文を再確認したいと思う。
青レベル :麻痺のある患者の介助を理解している。



問21 経腸栄養剤の副作用(有害事象)はどれか。
1.咳嗽
2.脱毛
3.下痢
4.血尿

◆経腸栄養剤による下痢
1)経腸栄養を始めたばかりでは、投与量が多いと下痢を起こしやすい。
解決策:経腸栄養を開始する際には、投与予定量の1/2〜1/3程度とする。
2)投与速度は、胃内で200mL/時間、空腸で100mL/時間が目安となり、これよりも速いと下痢を起こしやすい。
解決策: 20mL/時間程度から開始して徐々に投与速度を上昇させる。
3)栄養剤の温度が低いと下痢を起こしやすい。
解決策:栄養剤は室温に戻してから投与する。
4)栄養剤の浸透圧が高いと下痢を起こしやすい。
解決策:成分栄養剤は浸透圧が高いので、半消化態栄養剤への変更を考慮する。
5)栄養剤の脂肪含量が多いと下痢を起こしやすい。
解決策:脂肪含量が少ない栄養剤への変更を考慮する。
6)細菌汚染があると下痢を起こしやすい。
解決策:栄養剤や器具の汚染に注意する。


・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問21 経腸栄養剤の副作用(有害事象)はどれか。
1. 咳嗽
2. 脱毛
3. 下痢
4. 血尿

<チェックボタン>
赤レベル :問題文に理解できない所がある。
黄レベル :問題文を再確認したいと思う。
青レベル :経腸栄養剤で下痢が起こることを理解している。

<医師国家試験から108回の予測問題>
経管経腸栄養についての記載である。
(正)経口摂取不可能時は、静脈栄養より経管経腸栄養を優先する。
(正)意識障害患者への挿入は可能である。
(正)経管栄養開始時は、徐々に投与量を増やす。



問22 静脈内注射を行う際に、必ず希釈して用いる注射液はどれか。
1.5%ブドウ糖
2.15%塩化カリウム
3.0.9%塩化ナトリウム
4.7%炭酸水素ナトリウム

◆15%塩化カリウム
15%塩化カリウムは、50倍希釈して0.3%(40mEq/L)を投与する。
高濃度のカリウムを急速に投与すると、高カリウム血症により心室細動または心停止をもたらす。
緊急時には、グルコン酸カルシウムを投与する。


・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問22 静脈内注射を行う際に、必ず希釈して用いる注射液はどれか。
1. 5%ブドウ糖
2. 15%塩化カリウム
3. 0.9%塩化ナトリウム
4. 7%炭酸水素ナトリウム

<チェックボタン>
赤レベル :問題文に理解できない所がある。
黄レベル :問題文を再確認したいと思う。
青レベル :塩化カリウムの注射について理解している。

<医師国家試験から108回の予測問題>
(正)高カリウム血症の心室細動に対する静注薬として最も適切なのはグルコン酸カルシウムである。



問23 充塡された酸素ボンベの保管方法で正しいのはどれか。
1.横に倒して保管する。
横に倒すと転がりやすいので、縦にしてベルトで固定する。

2.保管場所は火気厳禁とする。
酸素ボンベの周囲2メートル以内を火気厳禁とすることは、「高圧ガス保安法」で定められている。
火気厳禁は「酸素により燃焼が起こる」ということが理由ではない。
ボンベを加熱すると体積膨張によりボンベの耐圧を超える危険があるためであり、不活性ガス以外はすべて同じ取り扱いとなる。


3.バルブを開放して保管する。
酸素をラインでつないで使用している場合は、バルブを開放しないと酸素が供給されない。
しかし、ラインをつながないで保管する場合は、バルブを開放すると(当然であるが)酸素ガスが漏れている状態となる。


4.日当たりの良い場所で保管する。
「高圧ガス保安法」では、直射日光が当たるかどうかではなく、ガスの充填容器を40度以下に保つことが定められている。
しかし日当たりの良い場所が不適切なのは明白である。


・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問23 充塡された酸素ボンベの保管方法で正しいのはどれか。
1. 横に倒して保管する。
2. 保管場所は火気厳禁とする。
3. バルブを開放して保管する。
4. 日当たりの良い場所で保管する。

<チェックボタン>
赤レベル :問題文に理解できない所がある。
黄レベル :問題文を再確認したいと思う。
青レベル :酸素ボンベの保管方法を理解している。



問24 褥瘡発生の予測に用いるのはどれか。
1.ブリストルスケール
ブリストルスケールは、大便の性状分類であり、硬さにより7段階に分類している。

2.ボルグスケール
ボルグスケールは、主観的(自覚的)運動強度である。
運動による辛さを「非常にきつい」〜「非常に楽」で主観的に評価する。


3.ブレーデンスケール
ブレーデンスケールは、「知覚の認知」「湿潤」「活動性」「可動性」「栄養状態」「摩擦とずれ」の6項目で構成されている。
合計点が低いほど褥瘡のリスクが高くなる。


4.グラスゴー・コーマ・スケール
世界標準となる意識レベルの評価方法である。

◆グラスゴー・コーマ・スケール(GCS)
GCSは救急外来やICUなどで使用されている。
GCSのスコアは、開眼(E)4段階、言語機能(V)5段階、運動反応(M)6段階で評価して、自発的に開眼E4、見当識ありV5、命令に応じるM6の15点が最高点(一番軽度)となる。
医師国家試験では、救急隊から病院への連絡をJCSで行い、搬入後にGCSで再評価を行っている。


・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問24 褥瘡発生の予測に用いるのはどれか。
1. ブリストルスケール
2. ボルグスケール
3. ブレーデンスケール
4. グラスゴー・コーマ・スケール

<チェックボタン>
赤レベル :問題文に理解できない所がある。
黄レベル :問題文を再確認したいと思う。
青レベル :ブレーデンスケールを知っている。



問 25 平成26年(2014年)の国民健康・栄養調査において、運動習慣のある女性の割合が最も高い年齢階級はどれか。
1.30〜39歳
2.40〜49歳
3.50〜59歳
4.60〜69歳
5.70歳以上

◆運動習慣
運動は、体力の維持・向上を目的とし、計画的・継続的に実施されるものである。
年齢が上がると身体活動は減るが、運動習慣は年齢が上がるほど増えている。


・・・・・・・・・・・・・・・・
「理解度の判定」
*問題をもう一度読んであなたの理解度を正しく判定してください。


問 25 平成26年(2014年)の国民健康・栄養調査において、運動習慣のある女性の割合が最も高い年齢階級はどれか。
1. 30~39歳
2. 40~49歳
3. 50~59歳
4. 60~69歳
5. 70歳以上

<チェックボタン>
赤レベル :運動習慣の割合が高い年齢を知らない。
黄レベル :問題文を再確認したいと思う。
青レベル :最新の運動習慣の割合が高い年齢を知っている。

<医師国家試験から108回の予測問題>
(正)国民健康・栄養調査で、平成13年と比べて平成23年で摂取量が増加している食品群は肉類である。


「過去問ダイジェスト」のHPをご利用下さい!
*チェックボタンを作動させて、過去問を理解度で分類しましょう。
*結果を記録すると合格するのに必要な勉強が一覧表に表示されます。
*あなたは重要問題だけを選別して勉強して下さい。

 「過去問ダイジェスト」のHP
https://www.relic-kangoshi.com/

<ご注意下さい!>
他業者と思われる妨害により「過去問ダイジェスト」の偽サイトが作成されていますので、お間違いのないようにお願い致します。
ジャンル:
学習
この記事についてブログを書く
« 107回午前・問26〜問50 | トップ | 106回午後・問109〜問120 »
最近の画像もっと見る