阿部穣里の研究生活

理論化学の研究生活の中で、考えたこと気になったことを、日常の話とともに書きます。

ADF でMOを見る(備忘録)

2018-12-06 17:00:11 | 今日嬉しかったこと
ADFを用いた計算によるMOをADFviewerで見る方法を教わったので書いておく。

必要なファイルは

TAPE21



t21.C
t21.H
t21.N

といった元素名が入ったt21ファイル。

こちらをWindows側にWinSCPでコピーする。
また拡張子を自分で変更する必要がある。

t21.CはC.t21に
TAPE21はTAPE21.t21に

(なぜこんなことをしないといけないのと心で叫ぶ)

その後、ADFjobsアプリを起動する。
左上タブ、SCMからViewを選択。
別アプリが起動する。

FileタブからOpenを選択。TAPE21.t21を選ぶ。
(分子に応じた名前にはかえられないのか?)

Propertiesタブから、とりあえずHOMOを選ぶ。

MOが図示されるがそのままだと、位相の区別なく赤い。
(いったん赤青にするのは無視)

左下にSCF A ABと書かれているタブがあるので、
そこをクリックすると、他の軌道も選べる。
Occipied,Virtualごとに選ぶ。

画像保存法は今の所理解できていないので、
スクショを取る。

研究室のADFGUIマシンが
Windows8で困る。

右上にカーソルを置くと、検索マークが出るので、snipping を検索。
snipping toolを起動。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 向後千春先生のアクティブラ... | トップ | Web動画をPPTで作る注意点(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日嬉しかったこと」カテゴリの最新記事