ぺんぺん草のひとりごと

何気ない日々のこと、ふと気になったこと、
そんなこんなを、気負わず、気ままに、思いつくまま・・・

バードフィーダーを作ってみた。

2017年12月15日 06時20分00秒 | 


みゃー大工さんに教えてもらったサイトを参考に、
バードフィーダー(餌置)を手作りすることにした。



参考にしたサイトはコチラ 
     ペットボトルを使ったバードフィーダー

なので、製作過程は省略。



完成~



さて問題は、コレを、どこに、どうやって設置するか・・・

仕事場の敷地内には木はないし、
やっぱりあの梅の木の近くがいいだろうし・・・



敷地角の有刺鉄線に針金を渡し、
それにぶら下げることにした。
ここには、今は使われていない焼却炉があるだけで、
誰も立ち入らないから(たぶん)、邪魔にはならないだろう。



風に飛ばされないように、しとかないとね。



トイレの小窓から眺めると・・・





うん、バッチリ~



梅の木からも、ちゃんと見えるはず。



残る1個は・・・



仕事場の建物と、有刺鉄線の間に針金を渡し、そこへ。



ここだと、仕事場の窓からでも見えるのだ。



あとは、ひたすら、待つのみ・・・





ちょっと余談

バードフィーダー完成して、
ヒマワリの種を詰めている時、
ペットボトルの口に、何かが引っかかった。
ヒマワリの種にしては、えらくデカい。
5倍ぐらいの大きさ。

『なに、コレ? 何か他の植物の種が混入?』

しばし、マジマジと見つめてしまった。
で、その正体は・・・

SHOCK!

そ~、あの黒光りして、ガサゴソ走るヤツ。
すでにお亡くなりであったが・・・

量り売りって、怖い・・・



『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 小鳥屋さんに行って来た。 | トップ | 仙台の猫友から、笹かま来た~! »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みゃー大工)
2017-12-15 10:16:15
「おやつに食え」といった私が馬鹿でした。爆笑。

ポインツ
来るようになったら、一か所で良いと思う。
それを毎日吊るしかえる。
何故なら、彼らは種を選別するので、ぽいぽい引き出し始めるの。⇒地面は種の山に。
気温によっては、もやしのように発芽もあり。
スズメもやりだす、食べないのに。⇒地面は種の山に。

ヒマワリが何粒かしかないと、必死でそれに向かうのに、
多いといいものだけ取り、残りをポイする贅沢者なのでした~。
頑張れー。
小鳥来たら 見せて〜 (きなこママ)
2017-12-15 10:22:16
楽しみですね。
意外と簡単に バードフィーダー出来るのね。
私も やってみる❗️ 可愛い小鳥たちに。

ああ、良きことですね。
こういう記事は 嬉しくなるわ〜
みゃー大工さん、こんにちは。 (なずな)
2017-12-15 11:41:36
鳥さんたち、意外とあの干からびた『G』が好きだったりして~~~。

『地面は種の山』って、掃除しなきゃダメや~ん!
あ、アキチ食堂に、ポイってしたら怒られるかな?
夏に、ヒマワリが咲くなんてことがあるかな?
咲いたら、アキチ食堂改め、ヒマワリ食堂だ~!
きなこママさん、こんにちは。 (なずな)
2017-12-15 12:35:17
バードフィーダー、
特別な材料も、工具もいらず、簡単に出来ましたよ。
きなこママさんも、ぜひ作ってみてください。
きなこママさんの、お花が溢れるお庭に、
野鳥まで来るようになったら、素敵でしょうね~!
じっと眺めて、ようやく悟る! (izukun)
2017-12-15 20:36:44
こんばんは

この自動エサやり器、鳥はどうやって食べるんだろう、この割り箸にとまって食べる仕組みらしいけど…。
じっと眺めていたら、見えました。エサとり口が切り取られているんですね、納得。

きのう帰ってこなかったニャは、けさ4時とか5時に帰ってきました。無言の帰宅で、ふとんの足のあたりがどーんと重くなったので気がつきました。
延べ16、7時間の不在にて、いったい、どこで何をやってたんだろう。ヒトなら、たぶんひっぱたかれたでしょうね!
izukunさん、こんばんは。 (なずな)
2017-12-16 01:33:19
見えましたか? エサとり口。
あそこ切り取るの、結構難しかったんですよ。
なかなかカッターの刃が入らなくて、
でも力入れ過ぎると、ザックリ切ってしまうし・・・
大きすぎると、種がボロボロこぼれますからね。

ニャちゃん、お外は寒いだろうに、
何やってたんでしょうね?
猫に、説教しても聞かないし~(笑)
あんまりお外をうろついていると、
ろくなことないと思うのですが、
人の心、猫知らず・・・ですからね。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事