ぺんぺん草のひとりごと

何気ない日々のこと、ふと気になったこと、
そんなこんなを、気負わず、気ままに、思いつくまま・・・

平戸ウロウロ 初日

2018年06月12日 00時03分02秒 | 日記


土日、長崎県の平戸へ行って来ました。
同行者は友人(チャチャまま)。
彼女の車にチャリンコ積んでのフラリ旅です。



長崎県の北西に位置する平戸市は、
日本の陸路(離島除く)の最西端に位置する城下町です。
400年ほど前、日本で最初の西洋貿易港として、
イギリスやオランダとの交流が始まった所です。

福岡・博多からは唐津経由で、車で2時間半ほど。
そんなに苦になる距離ではありませんが、
私も友人も未踏の土地でした。

昼過ぎに到着して、車をその夜の宿泊先に止め、
観光案内所で地図をゲットして、チャリンコでウロウロ開始。





まずは、城を攻略せねば
と言うことで、平戸城へ・・・



平戸城
  別名亀岡城と呼ばれ、平戸瀬戸に突出した平山城。
  松浦家の居城として、
  元禄17年(1704)に築城が始まり、
  享保3年(1718)に完成。
  現在の城(天守閣三層五階建)は、
  昭和37年(1962)復元。





天守閣からの眺めは素晴らしいものでした。



平戸大橋
  1977年4月4日に、
  有料道路として開通した
  平戸島と九州本土を結ぶ朱塗りの吊り橋。
  2010年4月1日から通行料が無料になっています。



天守閣から望む平戸瀬戸。



平戸のお殿様が眺めていた頃と、
何も変わらない同じ景色はここだけかな?



平戸オランダ商館
  1639年に築造された石造倉庫。
  日本で初めての西洋の石造建造物と言われています。
  1641年、幕府の命により取り壊されたものを、
  2011年に「平戸オランダ商館」として、忠実に復元。



平戸ザビエル記念教会
  1913年(大正2)に
  「カトリック平戸教会」として建てられ、
  1931年(昭和6)に現在地に移転建設。



天守閣からの眺めを楽しみながら、
そして地図と照らし合わせながら、作戦会議。
さて、どう攻めようか・・・?

お城の南に見える赤い三重塔が気になるので、
そこから時計回りが正攻法かな。



最教寺・三重大塔
  西の高野山と呼ばれる最教寺。
  三重大塔は1988年(昭和63)完成。
  三重塔としては、日本一の規模を誇る大塔。
  最教寺が弘法大師の1150年御遠忌を記念して、
  奥の院本殿横に建立したもの。







さぁ次は、寺院と教会が見える風景を求めて・・・

平戸は、観光用の標識がとても充実していました。
大きな車の通る道だけではなく、
ちょっとした小路にも設置されています。
ナビや地図に頼らなくても、
目的地にたどり着けるようになっていました。

ですが、それが私たちにとっては、災いの元に・・・



  

道標に従って進んだ小道は、途中から階段。
チャリンコを抱えて、ヤットコたどり着いたと思ったら・・・





     

寺院と教会が見える風景・・・
その風景を望む道は、なんと半分以上階段だったのです。



仕方なくチャリンコを路駐して行くことに・・・



1番下まで降りて、また登ります。













ザビエル記念教会の表からは、スイスイ下り坂で楽チンでしたが、
平戸城でも、三重塔でも、高低差のある所を登り降りし、
いい加減疲れ果て、いったんホテルに戻ろうと言うことに・・・
水分補給もしたいし、チェックインもまだしてはいなかったし・・・

ホテルでしばし休憩。
ここで改めて地図を眺めると、
ほとんどの観光スポットが丘の上(いや山)であることに愕然
そりゃ、あまり下調べもせずに、
ノコノコやって来たコッチが悪いんですがね。

レンタサイクルがある、と言うのは知っていたんです。
だからてっきり、チャリンコで回るのに適した観光地なんだ、と・・・
ただ、あちこちにあったレンタサイクル、ほぼ電動アシスト。
その電動アシストですら、走っているのは見かけませんでしたが・・・



気を取り直して、今度は徒歩で出かけました。



ここもまた小高い丘です。



フランシスコ・ザビエル記念碑
  ザビエル来訪400年を記念して、崎方公園の高台に、
  1949年(昭和24)に建てられた記念碑。

崎方公園からの眺めも、なかなかでした。









幸橋(オランダ橋)
  城と城下町を繋ぐ石造単アーチ橋。
  もともとあった木橋を、1702年(元禄15)石橋に改架。
  1984年(昭和59)解体して改修復元。



夜、ホテルの部屋の窓から外を見ると・・・



平戸大橋と平戸城がライトアップされていました。





それにしても、よく歩いた(?)初日でした。
チャリンコで、スイスイのつもりだったのですがね~

2日目は、生月島へ・・・



『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生月島で『クロツバメシジミ... | トップ | また来たぞ~! 今回は『Auto... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
異国情緒だねー♪ (鳶助)
2018-06-12 05:51:32
日本と西洋が心地好く混ざってる!
お殿様は、随分いい景色を見てたんだろうけど、敵が攻めてくる心配と、世継ぎの心配もあるのかなぁ~?

自転車 …… 長崎と東京は、坂が多いのじゃ~
昔の建物とか観るには、階段必須の気がするさー (^^;
お疲れっす!

観たことない、いい景色を観ることが出来た~
ありがとー\(^^)/
絵はがき坂w (みゃー大工)
2018-06-12 09:52:29
ああ、行きたい、行きたい、長崎。
遠藤周作の沈黙とか、吉村昭のふぉん・しーぼるとの娘とか。
グラバー邸とか。
さだまさしの絵はがき坂とか。
ちゃんぽんとかw
関東の私の想う長崎。

もちろん今回のも素晴らしい。
ああ体を鍛えねばならぬ。

素敵なレポートありがとうございます!
自転車頑張れ、なずなさん!
鳶助さん、こんばんは。 (なずな)
2018-06-12 22:33:28
日本で、一人当たりの自転車にかけるお金の出費が、
1番少ないのが長崎なんだって。
あまりに坂や階段が多くて、自転車持ってない人が多いらしい。

まぁ、今回チャリンコでウロついた私たちは、
ただのお馬鹿だけど、
お年寄りや、足腰の弱い方には、
かなりハードな観光地であることは、間違いない。
全てが丘の、いや山の上!
みゃー大工さん、こんばんは。 (なずな)
2018-06-12 22:42:01
関西圏までかな、修学旅行に長崎って?
関東の貴女の想う長崎・・・
ちとイメージ先行かも~(笑)
グラバー邸・・・ 悪くはないけれど、あそこだけ・・・
長崎のあちこちに、あんなのがあるわけじゃないし~。
神戸の方が、異人館は多いのでは?
なにぶん長崎は、一度焼け野原になった街だから・・・

長崎旅行のためには、足腰鍛えておいてね~!

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事