NO.053豊浦町/北海道009

撮 影:2005年4月
撮影地:北海道虻田郡豊浦町
種 類:モノクロ

 町名の由来は、農水産物が豊かで内浦湾に面しているところから。
 江戸期の記録には、アイヌ人が居住していた記載がみられ、明治期になって、本州より入植しました。
 イチゴの名産地として有名です。最近では豚肉にも力を入れていて、毎年6月にいちご豚肉まつりというイベントが開催されます。浅葱(あさつき)も全道一の生産量を誇っています。
 図柄は、名産の帆立を組み合わせたデザイン。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« NO.052函館土... NO.054長万部... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。