日本史大戦略 Side-B 附 歴史を歩こう協会 ~日本各地の古代・中世史探訪~

『日本史大戦略』のB(Blog)面です。城・館・古墳・古道・官衙・国分寺・神社・寺院・民俗・エミシ・南部氏・後北条氏など

【玉川上水旧水路跡探訪】福生市図書館&郷土資料室【玉川兄弟ファンクラブ会員募集中】

2015-12-26 19:52:52 | 歴史探訪
 いやー、昨日はヤバかったっす。

 現場からの帰り道、渋滞でなかなか車が進まず、少し止まるたびに夢を見る始末です。

 ここまで睡眠不足になるのも珍しい。

 といっても、1日5~6時間の睡眠が続いているだけなので、短時間睡眠が普通の人からしたら大したことがないと思いますが、7.5時間寝ないとダメな私にとっては異様に負担になっています。

 昨日は本当は19時半から歯医者だったのですが、18時くらいに退社して電車に乗っているときに、「あー、ムリムリ」と思い、歯医者に電話してキャンセルし、たかお食堂でビールとカツカレーを食べて帰宅し、19時45分には布団に入りました。

 そして今日も7時開始現場だったので6時前に起きたのですが、10時間寝ても寝たりない。

 眠い・・・

 でも「えいやー!」と起きて仕事をし、夜は大好物の「田田」を食べ帰宅しました。



 ニンニクが大さじ一杯入っているので、とてもリスキーです。

 お昼は食べられませんね。

 田田では缶ビール(350ml)が300円という良心的な価格なので、もちろんビールも飲みましたよ。

 ビール&ラーメンって極度の幸福状態に陥りますよね。

 ところで、今日の日中のことに話が戻りますが、私は福生の図書館には数えきれないほど行っています。



 図書館と同じ建物内には郷土資料室もあるのですが、お昼休みが普通に取れたので郷土資料室に寄りました。

 今日はお正月飾り関係の展示をやっていましたよ。



 近代の物ですが、こういった民俗的なものも最近では面白くなりました。

 そして以下の2冊の図録を購入しました。



 車に戻って、『資料が語る福生の歴史』をパラパラめくっていたら、何と、玉川上水の旧水路跡があるというではないですか!

 おーっ!

 玉川上水は1年くらい前から「気になるあの娘」の一人に数えられているのです。

 というか、玉川上水は「あの娘」と呼ぶには不適切なので、正確には玉川兄弟が「あの娘」でしょうか。

 いや、江戸麹町の町人・庄右衛門&清右衛門兄弟は歴とした男子なので「あの娘」じゃないですね。

 あー、面倒くさい。

 しかしそれにしても、玉川兄弟って凄いですよね。

 普通に凄いです。

 彼らの何が凄いのか?

 ・そもそも彼らが選ばれた(なぜ彼らだったのか?)

 ・2度も失敗しつつも三度チャンスを与えられきちんと完遂した(彼らを信頼した幕府側も偉いです)

 ・凄い土木量を1年くらいで人力でやってしまった彼らのプロデュース&マネジメント力

 ・延々43kmに渡り徐々に勾配をつけてきちんと水が流れるようになっているその設計

 等々、挙げれば枚挙に暇がないです。

 そして彼らの成功によって、現在まで続く武蔵野の発展の礎が築かれ、江戸期のみならず近代以降も上水沿いの住民は多大な恩恵を受けたというのはいわずもがなことです。

 おっと、少々熱くなってしまったようです。

 私は近々、玉川兄弟のファンクラブを設立するかもしれません。

 あ、でも実は上水沿いの住民は上水の管理を義務付けられ結構苦労したとか、上水がそこを通っているのに村に水を引き入れる許可が下りないとか、いろいろとダークな面もあったようです。

 まあ、それはそれとして、話を戻して旧水路跡ですが、早速急行しました。

 場所は上水に架かる新堀橋(しんぼりばし)の多摩川寄りということだったのでその場所に行ってみると神社がありました。



 この社殿の場所は土手状になっています。



 この土手を登ってみると、眼下に確かに堀のようなものが見えます。



 多分これだと思うのですが・・・

 ちょうど犬の散歩でご婦人が通りかかったので、「この辺りに玉川上水の最初の水路跡があると思うのですが知りませんか?」と尋ねると、「うーん、分からないね。聞いたこともないよ」という答えが返ってきました。

 あー、時間が無い。

 今度きちんと時間があるときに見に来よう。

 福生市の方などでもしご存知の方がいたら教えてください。

 あ、明日滝山城の会で福生在住のN嶺さん(68歳、来年年上の女性と再婚予定)に会うので、あの人なら知っているかも知れない。

 というわけで図らずも玉川上水関連の史跡めぐりを始めちゃったわけです。

 しかしそれにしても今週は長かった気がする。

 掃除をやっていると時間が過ぎるのがあっという間に感じるのですが、今週は寝不足&疲労で半分あっちの世界に行っている状態で働きました。

 なのでお風呂の照明を破壊したりして余計な仕事まで作ってしまい、余計疲弊した感じです。

 明日は休みで、滝山城の会で朝から出かけてきますが、月・火行けば冬休みです。

 当初は大みそかも仕事があったのですが、お客さんからキャンセルの連絡が入り、30日から4日まで驚異の6連休となりました。

 6連休なんて前代未聞です。

 ワーキングプアの私にとっては自殺行為に等しいですが、正直休みたいので休みます。
コメント (4)

一瞬の隙を衝いて府中市郷土の森博物館に行ってきました

2015-12-23 23:24:09 | 歴史探訪
 ここのところ、自分が何をしているのかよく分かりませんが、おそらく毎日掃除をしているものと思われます。

 そしてなぜか頻繁にたかお食堂で飲んでいます。

 先週の金曜日は飲み友達のH島さん(西東京市)とK林さん(多摩市)がいらっしゃって忘年会をやり、日曜日にはもう20年くらいの付き合いになるししゃう(小平市)がいらっしゃって飲みました。

 ししゃうがいらっしゃったときは、途中から武蔵文化財研究所の平田さんも加わり3人で飲み、私は決して酒飲みではないのですが、まるで酒飲みのような印象を皆さんに持たれるような行為に及んでいます。

 そして今週も6日間仕事なわけですが、今日は天皇誕生日で日本中が祝賀ムードに沸くなか、午前の現場と午後の現場の間の一瞬の隙を衝いて、府中市郷土の森博物館を探訪してきました。



 実は郷土の森博物館に来るのはまだ2度目です。

 最初はまだ体調が悪かった2010年7月19日に訪れ、そのときは旧石器時代の遺物を見るのが楽しみだったのですが、何と驚いたことに旧石器時代の遺物の展示はありませんでした。

 そのため学芸員の方に聴いてみると、「予算が・・・」と言われてしまい、お金持ちの府中市が何を言っているんだろう?と首を傾げたものです。

 それから2年くらい経って、電話で「旧石器の遺物の展示は復活しましたか?」と聴いたのですが、そのときも「まだなんです」と言われてしまいました。

 ところが、今年の初めころに郷土の森博物館の学芸係長の深澤靖幸さんの講演を聴いた時に、深澤さんが「展示のリニューアルをしたのでぜひいらしてください」と仰り、それからだいぶ経ってようやく今日来れたわけです。



 府中市の歴史は、原始時代から近代まですべての時代に面白ポイントがあるので展示はとても充実しています。

 今日はすべてを紹介することはできないので、3点ほどご紹介します。

 さて、私のホームページ「日本史大戦略」では、武蔵台東遺跡を紹介しています。


 ⇒武蔵台東遺跡


 そこはとても小さな公園になっているのですが、柄鏡型敷石住居が移設されて展示されています。



 武蔵台東遺跡に関してはジオラマがあり、左側の村が武蔵台遺跡で、右側のもっと小さな村が武蔵台東遺跡です。

 縄文土器大集合。



 私は遺跡に行くと、そこで出土した遺物が見たくて仕方が無くなるのですが、今日は晴れて武蔵台東遺跡から出土した遺物を見ることができました。

 上の写真の中には一点、武蔵台東遺跡出土の土器が含まれています。



 縄文人はどうやら渦巻き模様が大好きのようで、渦巻きにも何かしら意味があるのでしょう。

 さらに、コウモリ形の釣り手土器。



 縄文人がコウモリをモチーフとした理由は何か?

 これは非常に興味がある問題ですね。

 そして私の大好きな土偶と石棒。





 一番左のと手前の小さな石棒が武蔵台東遺跡から出た石棒です。

 次に、府中市の古墳時代といえば、武蔵府中熊野神社古墳ですね。



 確実な上円下方墳は日本中に5基しかなく、その1基が府中にあります。

 現物を見ると2段築成に見えるのですが、実は上の写真のように3段築成だったのですよ。

 出土した鉄剣。



 最後に、府中市の名前の元になっている武蔵国の国府です。



 展示解説の方に話をお伺いしたところ、このジオラマは深澤さんがかなり力を入れて作ったものだそうです(もちろん実際の模型作製は業者がやりましたよ)。

 凄くでかいです。

 江戸東京博物館のジオラマは別格かもしれませんが、市町村の博物館ではここまで凄いのはあまりないと思います。

 奈良時代中ごろを再現しているそうです。

 先日ヤマセミさんと歩いた、国司の館(家康御殿)はここ。



 崖(ハケ)を降りている道は、現在の府中街道で、往時から道がありました。

 国府の中心部とすぐ近くにある多磨寺。



 多磨寺というのは多磨郡の「郡寺」ですが、公の寺というよりは郡の有力者の氏寺のような存在です。

 ご覧の通り、三重塔があったと推定しています。

 多磨寺も「日本史大戦略」で紹介しています。


 ⇒多磨寺


 現在の競馬場辺りは、条里制遺構があります。



 碁盤の目状に土地を区画して開発したわけですが、個人的には今、条里が熱いのです!

 そして別角度から全体。



 おまけで江戸期の府中の宿。



 ちなみに私はご存知の通りとくに古代と中世が好きなのですが、昨年、調査をしている中で深澤さんが博物館紀要に興味深い論文を多数寄せていることを知りました。

 そのため、府中の図書館に行ってとくに興味がある論文をいくつかコピッてきて読んでいるのですが(それが「日本史大戦略」の作成に役立っている)、深澤さんの寄せる論文は、私にとってはストライクな内容ばかりなのです。

 ですので、帰りがけにミュージアムショップに寄って、紀要を爆買してきました。



 いや、爆買と呼ぶには大げさですが、困窮しているのに相当無理して散財です。

 まあ、食費を削れば済むことですね。

 今日は昼休憩の時間に寄ったため、時間が30分くらいしか取れず、企画展の「ムダ堀」(玉川上水を造る際に失敗した水路といわれている)はほとんど見れませんでした。

 常設展示もじっくり見たいので、今度またきちんと時間を取って見に行きたいと思います。

 国府のジオラマは1時間くらいかけて見る価値がありますよ。







 あー、ダメだ、眠くてこれ以上記事が書けない。

 最後に間違い探し。



 両者の違いが分かるでしょうか?
コメント (2)

【多摩地域史研究会主催】津久井城跡探訪概報【西股総生さん&いなもとかおりさん】

2015-12-05 20:56:55 | 歴史探訪
 本日は、私の所属する「多摩地域史研究会」の例会で、神奈川県相模原市緑区にある津久井城跡を見学してきました。

 橋本駅で待ち合わせていると、本日ご案内くださる西股総生さんが何やら若い女の子と一緒にやってきました。

 最初は西股さんの秘書かなと思ったのですが、自己紹介をすると城郭ライターのいなもとかおりさんでした。

 ちなみに私は西股さんの本は何冊か持っていて、今日はこれを持参しています。

神奈川中世城郭図鑑 (図説 日本の城郭シリーズ 1)
西股総生,松岡進,田嶌貴久美
戎光祥出版


 西股さんにお訊ねしたところ、このシリーズは次に東京都編を出す予定で、その次は私も一度一緒に城歩きをしたことのある埼玉のT口さんの協力で進めている埼玉県編を出す予定だそうです。

 楽しみですね!

 さて、定刻になったということで、皆さんでバスに乗り津久井城へ移動します。

 10時半過ぎ、津久井城へ登り始めましたが、ここでお断りしておきますと、明日は早朝から出掛けるため、今日のところは概報ということでご報告させていただきます。

 結論から言いますと、広い城域内のほぼ全部を見ることができ、異様に楽しかったので書きたいことは沢山あるのですが、明日の準備もしなければならないので書きたいことも書けないというこの忸怩たる思いをあなたにも理解して欲しいの。

 いい景色!



 スカイツリーも見えましたよ。

 人造湖である津久井湖。



 津久井城が機能していた頃は相模川でした。

 午前中は普通の城跡探索だったのですが、午後が凄かった!

 超急角度の切岸を降りたり、藪の中に突撃したり、西股さんはとりあえずは参加者のことを考慮するそぶりを見せますが、でもやっぱり突撃して行きます。

 この辺は、滝山城の会の中田正光先生とそっくり。

 お城が好きな人は遺構を目の前にするともう進むことしか考えられないんです。

 でも私などは中田先生に仕込まれていますので、凄い場所でも躊躇なく西股さんの後について行けます。

 一度降りた切岸から登ってくるいなもとさんに「写真撮りますよー」と声を掛けたら、一応ポーズを決めてくれましたが、きついあまりか、目が開けれていません。



 え?こんなところ降りるの?みたいなところにも皆で必死に降りて行きます。



 しかし、ヒーヒー言いながら降りていくと、そこには必ず素晴らしい遺構が待っているのです。



 石積みです。

 西股さん曰く、これは大変なことをやった人に対する「ご褒美」だそうです。

 津久井城はかなり石積みを多用した城で、この辺は八王子城に良く似ていますね。

 ところで、以前からお伝えしている通り、来年早々私とヤマセミさんの共同企画で「津久井~高尾歩き」を考えていますが、今日津久井城に登った感じでは、津久井城だけで一日じっくり見れるので、ちょっとコースを考え直す必要があると思いました。

 津久井城は最初に抱いていたイメージではそれほど魅力を感じていなかったのですが、歩いて見たところ物凄く楽しかったです。

 特に今日は西股さんに普通の人が行かないような場所にまで連れて行っていただいたので、そのお陰で感動の連続でした。

 心の底から楽しさが込み上げて来て、内心上がりっぱなしでしたよ。

 ちなみに西股さんといなもとさんのトークショーが12月20日(日)の16:00~17:00、新宿で開催されます。

 さらに、西股さんがお城を案内する「シロキチ☆ツアーズ」で、

 ・1月16日(土) 埼玉県の腰越城&中城

 ・2月20日(日) 山梨県の新府城

 が開催されますので、興味のある方は、

 http://ameblo.jp/shirokichi8

 をご覧ください。

 私は今月のは無理なんですが、1月と2月はもしお掃除が入らなければ参加するつもりです。

 ちなみに、いなもとさんが遺構を見るたびに「すごー!」と叫んでいるので、「これを見て喜ぶ女の子も珍しいですね」と言うと、「私の周りには200人くらい居ますよ」と返ってきました。

 ええっーー!!!

 さて、城めぐりの後は楽しい打ち上げです。

 16時過ぎ、西股さんを含め5名で居酒屋に入りました。

 やっぱりこういった歴史好きの方々と飲むのは最高に楽しいですね。

 明日のこともあるので、あまり酔っ払わないように中生を5杯くらい飲んで終わりにし、19時には解散となり、こうしてまずは簡単に今日の報告をしている次第です。

 あとは風呂に入って明日の準備をして早く寝ようと思います。

 明日はスイフトを借りるよ!
コメント