日本史大戦略 Side-B 附 東国を歩く会 ~日本各地の古代・中世史探訪~

『日本史大戦略』のB(Blog)面です。城・館・古墳・古道・官衙・国分寺・神社・寺院・民俗・エミシ・南部氏・後北条氏など

【新宿駅から甲州道中を歩く その4】幡ヶ谷~笹塚の地形を楽しむ

2017-10-06 20:13:15 | 歴史探訪
 旗洗池で八幡太郎と東郷平八郎閣下とのコラボを実見しましたが、その折に、旗洗池の湧水が神田川に注いでいたということを話しました。

 明治時代の地図で確認すると、往時の様子が想像できますね。



 それではつづいて、近辺の面白地形をもっと歩いてみましょう。

 まずは「本町一丁目」交差点あたりの地形からです。



 交差点を南側に渡り、南東方向へ伸びる道路を見てみましょう。



 落ちているのが分かりますか?

 落ちているというのは、地形が低くなっていっているということです。

 この部分をさきほどの地図で確認してみてください。



 本町一丁目交差点あたりがちょうど谷頭となっており、代々木本村と書かれている台地と代々木八幡の乗っかている台地の間に水の流れがあるのが分かりますね。

 この図の範囲だけで、代々木八幡の台地をはじめ3つの舌状台地が見えますが、これらの舌状台地は中世城郭マニアからすると、城を築きたくてウズウズする地形じゃないでしょうか。

 代々木八幡へ行ったことがある方は分かると思いますが、周囲は結構急な崖だったと思います。

 かなりの要害性を誇っているんですね。

 台地上にある代々木八幡へ登る石段はこの通り。



 登って振り返ると結構高い。



 そして社地の東側の切り通しもご覧の通り。



 ただ、代々木八幡の台地は城郭を築くには幅が狭いですね。

 それならば、代々木本村の台地の方がちょうど良いように思えます。

 私の手元には多分15年くらい前の仕業かと思いますが、地形図上の城館跡にシールが貼られており、代々木本村の台地にも貼られてるんですよね。

 これは私が貼ったのに違いないのですが、なんでここに貼ったのか思い出せないのです。

 城郭の伝承とかあったっけなあ・・・

 でも地形を見ると自然の形で本丸・二の丸・三の丸というふうに区切れるんですよね・・・

 さて、話を戻します。

 ここからは玉川上水跡を歩いてみましょう。



 上水跡はずーっと帯状の公園になっているようです。

 新台(しんだい)橋。



 こちらのお宅の木が立派で気になる・・・



 お、猫ちん。



 スレンダーだねえ。

 幡ヶ谷駅の近くまで来ました。



 ここには玉川上水について書かれた説明板があります。



 西原通り。



 ひきつづき上水跡を歩きますよ。

 美寿々橋。



 代々幡橋。



 この辺りには、戦前には井村病院という精神病院があったのですが、戦災で被害を受けたまま閉院してしまったそうです。

 分かれ道。



 これ以上上水跡を歩いて行くと、甲州道中からだいぶ離れてしまうので、右手の道を行きたいですが、ちょっとだけ上水跡を歩いて地形が落ちているのを望見してみましょう。

 ふふふ・・・、落ちてる・・・



 さきほどの分かれ道に戻り、右手の道を行きます。



 明治時代の地図を見るとこの辺りには阪川乳牛場があるので、牧場があったのかもしれません。

 こちらの道もやはり少しずつ落ちて行きます。

 というのも、笹塚駅へ向かいたいので中野通りへ出ようとしているのですが、中野通りの道筋は谷底だからです。



 中野通りとの十字路に出ました。

 北の笹塚駅方面を見ます。



 京王線が見えますが、京王線の高架は勾配を登っていますね。

 南側を見ます。



 これが谷底の道です。

 ここでまたまた地図を見ましょう。



 左側の「牛窪地蔵尊」と書かれている辺りを見てください。

 現在地はそこのすぐ南側です。

 さきほどの本町一丁目を谷頭とした谷は南の渋谷方面へ向かって流れていましたが、こちらの谷は北の神田川方面に向けて流れていますね。

 そして面白いのは玉川上水です。

 この辺りでは大きく「U字」を描いていますが、谷を避けて台地上の尾根筋のような箇所に構築していますね。

 あ、そろそろ甲州道中歩きに戻りましょうか。


デジタル鳥瞰 江戸の崖 東京の崖 (The New Fifties)
芳賀 ひらく
講談社
『東京都』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 【新宿駅から甲州道中を歩く... | トップ | 「第13回 歩く日」は延期し... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うずうずします。 (りひと)
2017-10-22 17:01:51
地形見ただけで何かあるって私のうずうずしました。ただ城を築くには幅も必要なんですね。なるほど。とすると神社は妥当ですね。6131

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史探訪」カテゴリの最新記事