日本史大戦略 Side-B 附 歴史を歩こう協会 ~日本各地の古代・中世史探訪~

『日本史大戦略』のB(Blog)面です。城・館・古墳・古道・官衙・国分寺・神社・寺院・民俗・エミシ・南部氏・後北条氏など

日本の歴史01 縄文の生活誌(講談社学術文庫版)/岡村道雄著:旧石器・縄文時代の歴史と文化

2013-03-31 00:10:44 | 雑談
 以前ハードカバーで出ていた同シリーズの初版は、2000年の「前期旧石器ねつ造事件」発覚前のリリースだったので、事件後、それの改訂版が出され、さらにそれを講談社学術文庫版としてリリースしたのが本作品です。

 内容的には旧石器時代と縄文時代を概説したもので、分量は旧石器時代は41ページ、縄文時代は231ページ、そして補章として収められた「遺跡捏造事件について」が34ページを占めます。

 『日本の歴史01 縄文の生活誌』は、分かりやすく読みやすい文章で旧石器時代と縄文時代の歴史と文化について書かれており、ユニークな点は基本的には一般的な解説文になっていますが、ときどき文章を物語タッチに書いているところがある点です。旧石器時代や縄文時代の生活の一端を短い物語でまとめており、当時の情景が想像できとても理解しやすいです。

 また、縄文時代といえばその代表は縄文土器ですが、著者の岡村道雄氏は、土器の出現をもって学問上の時代区分、縄文時代の始まりの目安としています。

 2007年6月現在、全国には45万7千箇所の遺跡があり、そのうち1600箇所が史跡に指定され、そのなかで旧石器時代の遺跡は9箇所、縄文時代の遺跡は約160箇所あるといいます。

 縄文時代の衣食住や死との関わりあいなどについても詳述されています。

 なお、『日本の歴史01 縄文の生活誌』で述べられていない点を一点補足しますと、旧石器時代は前期・中期・後期と分かれ、後期にあたる約3万5千年前から約1万3千年前の時点では、まだ確かな化石人骨は発見されていないということですが、Wikipediaによりますと、沖縄県那覇市の山下町洞人は、約3万2千年前の6~7歳児の大腿骨と脛骨であり、それが国内最古の人骨とされています。

<『日本の歴史01 縄文の生活誌』を読むとこんな疑問が解消できる!?>

●旧石器時代

・日本列島はいつ大陸と地続きになっていたのか?そして日本列島に人が渡ってこれたとしたらそれはいつだったのか?→P.14

・アジア人の原人→旧人→新人への進化は、ミトコンドリア・イブ説にそぐわない?→P.18

・愛知県豊橋市の牛川人の化石はヒトじゃない?→P.20

・日本列島の最古の人類は何万年前にいた?そして彼らはどんな石器を使っていた?→P.24

・日本列島固有の文化が明確となり、東西に大別される文化圏が形成されるのはいつ頃か?→P.29 P.46

・後期旧石器時代の生活痕である環状ブロックとは何か?→P.32

・芸術や祭祀の始まりはいつ頃か?→P.37

・旧石器時代の人びとの行動範囲はどのくらいか?→P.43

・後期旧石器時代の日本はいくつの文化圏に分かれていたのか?→P.49

・日本が酸性土壌で遺物が残りにくいのはなぜか?→P.51

●縄文時代

・人びとが土器を作り出した理由は何か?→P.52

・日本列島内の土器によって分けることができる文化圏はいくつあったのか?→P.56

・縄文文化はどの地域から始まったのか?→P.58

・定住とは何か?→P.78

・ムラから離れたところにある巨大な貝塚の正体は?→P.84 P.202

・巨大遺跡・三内丸山遺跡はいったい何が凄いのか?→P.88

・縄文時代に世襲化したリーダーはいたのか?→P.106

・縄文時代の労働時間は?→P.147

・抜歯習慣は日本中で共通だったのか?→P.151

・縄文人は何を食べて暮らしていのか?→P.167

・塩はいつから作られるようになったのか?また製塩方法は?→P.168 P.240

・縄文人は栗を栽培していた?→P.174

・縄文人はどのような家に住んでいたのか?→P.182

・三内丸山遺跡の墓が4種類あるのは何故か?→P.194

・縄文社会は階層化がどの程度進行していたのか?→P.197

・縄文人は海や川の上を何で移動していたのか?→P.206

・性器が表現された物体とは?→P.213

・縄文時代の祭祀とは?→P.221

・土偶とは何か?→P.224

・縄文人は死者とどのように接したか?また墓はどのように作ったのか?→P.226

・縄文時代後期、東北地方の縄文人たちはどこへ行ってしまったのか?→P.242

・環状列石(ストーンサークル)とはどのようなものか?→P.253

・縄文人は何へと進化したのか?→P.275

<データ>

『日本の歴史01 縄文の生活誌』(講談社学術文庫版)

・岡村道雄著
・講談社
・2008年
・1150円(税別)

カバーしている時代:旧石器時代~縄文時代
ページ数:352ページ
難易度:やさしい

縄文の生活誌 日本の歴史01 (講談社学術文庫)
岡村 道雄
講談社

(上の画像をクリックするとAmazonのサイトに飛びます)
コメント   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 戦争の日本史3 蝦夷と東北戦... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雑談」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事