日本史大戦略 Side-B 附 歴史を歩こう協会(旧東国を歩く会) ~日本各地の古代・中世史探訪~

『日本史大戦略』のB(Blog)面です。城・館・古墳・古道・官衙・国分寺・神社・寺院・民俗・エミシ・南部氏・後北条氏など

中大兄皇子(天智天皇)による古人大兄皇子殺害(『歴史上の人物の不自然な死に方の謎』第3回)

2012-07-15 19:12:15 | 歴史の謎
 『日本書紀』によれば、舒明天皇13年(641)に舒明天皇が崩御したあと、舒明の姪であり皇后である皇極が皇位を継ぎました。しかし実はこのとき、天皇(ただしこの当時はまだ天皇という呼称はなく大王と呼ばれていました)の候補として以下の3人がいました。

・舒明の子である古人大兄皇子(ふるひとのおおえのみこ)
・山背大兄王(やましろのおおえのおう)
・軽皇子(かるのみこ。後の孝徳天皇)

 しかし、人びとの思惑が交錯して3人のうちに誰に決めることもできなかったので、皇極天皇の即位となったといいます。

 また、彼らに次いで、これも舒明の子である中大兄皇子(なかのおおえのみこ。後の天智天皇)も天皇になれる可能性を持っていました。

蘇我馬子―――――+―蝦夷――――入鹿
         |
         +―法提郎女
            |
            +――――古人大兄皇子
            |
           34|
押坂彦人大兄皇子―+―舒明
         |  |
         |  |    38
         |  +――――中大兄皇子(天智)
         |  |
         |  |    40
         |  +――――天武
         |  |
         |  +―――――+
         |        |
         |       35| 37
         +―茅渟王―+―皇極・斉明
               |
               | 36
               +―軽皇子(孝徳)

 ただし、前回お話しした大山誠一氏の述べる「蘇我王朝」説によると、舒明の次に天皇になったのは、蘇我蝦夷です。蘇我蝦夷が天皇になったのか、皇極が天皇になったのか実際のところは不明ですが、ここでは通説通り皇極が天皇になったこととして話を進めます。

 さて、皇極は中継ぎの天皇と考えられていたので、いずれまた皇位の継承をめぐって上述の3名を含めた争いが発生すると考えられます。

 上述の3名の中で、蘇我氏がバックアップしていたのは、蝦夷の甥にあたる古人大兄皇子です。蘇我氏のとって古人大兄を時期天皇にするためには、他の二人が邪魔です。

 そこで、蘇我入鹿は実力行使に出ました。皇極2年(643)11月1日、山背大兄王の斑鳩宮(いかるがのみや)を攻撃したのです。

 山背大兄は聖徳太子の子といわれている人物です。山背大兄は防戦しましたが防ぎきれず生駒山に逃れ、結局斑鳩寺に戻ってきて自殺してしまいます。

 そして入鹿は、古人大兄の立太子を進めますが、ここで大事件が勃発します。いわゆる「大化改新(たいかのかいしん)」の始まりである「乙巳(いっし)の変」です。645年6月12日、蘇我入鹿が暗殺され翌日父の蝦夷も自殺し、蘇我本宗家は滅亡してしまいました。このとき、蘇我氏と血縁であり、蘇我氏によって後援されていた古人大兄は、自分の宮に逃れ閉居し、やがて法興寺で剃髪し、僧形となり吉野山に隠れました。

 乙巳の変の首謀者は、上述の皇位を争った3人の次点で天皇になれそうな人物、中大兄皇子(後の天智天皇)と中臣鎌足(なかとみのかまたり)です。中大兄は、3人の内の一人の山背大兄が蘇我氏によって殺されたので、早晩、自分も狙われる可能性があると思ったことがこのクーデターに踏み切った理由の一つかも知れません。

 クーデターの結果、皇極は退位し、弟の孝徳が即位しました。そして中大兄は皇太子となり孝徳をお飾りにして自らの政治を始めます。

 さて、ここで浮いてしまったのが、かつて皇位を争った古人大兄です。こういう人物を放っておくと非常に危ない・・・。中大兄はそう思ったのでしょう。

 策謀は密かに進められました。

 そして9月12日、策謀が表面化しました。古人大兄を首謀者とする謀反人の一味と称する吉備笠臣垂(きびのかさのおみしだる)が、自首してきたのです。

 中大兄は即、兵を吉野へ放ち、古人大兄を謀反の容疑で殺害しました。

 古人大兄の主張は一切無視され、身柄の確保だけではなく、いきなり殺されたのです。

 かつて皇位を争った古人大兄は、後ろ盾であった蘇我本宗家が滅亡した後、やはり目障りな存在として消されてしまいました。

 仮に古人大兄に天皇になる野望がなかったとしても、そういう本人の気持ちと周りの利害関係はかみ合いません。

 一時でも最高権力者に近づいてしまった者は、もう後戻りはできないのです。

 なお、自首した垂は、賞として功田20町を給されており、これがこの事件が陰謀だったことを物語っています。

 さて、これで皇太子中大兄を邪魔する者が一人消えました。

 しかしまだ邪魔者はいます。

 中大兄の粛清は今始まったばかりです。

艦隊これくしょん

艦隊これくしょん







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 高尾の美味しいラーメン屋「... | トップ | NHK大河ドラマ「平清盛」あれ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史の謎」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事