日本史大戦略 Side-B 附 東国を歩く会 ~日本各地の古代・中世史探訪~

『日本史大戦略』のB(Blog)面です。城・館・古墳・古道・官衙・国分寺・神社・寺院・民俗・エミシ・南部氏・後北条氏など

保渡田八幡塚古墳を楽しみ「かみつけの里博物館」で歴史への理解を深める:群馬県高崎市歴史探訪(五)

2013-05-16 19:05:33 | 歴史探訪
 (前回の記事はこちら

 時刻は14時55分。バスの時刻は16時58分ですが、私は博物館や資料館に行くとかなり時間を使うので、保渡田八幡塚古墳は30分くらいで見学してしまいましょう。

 さて、保渡田八幡塚古墳は5世紀の往時のように葺石で覆われ、埴輪も並べられており、前方部がほぼ南を向いています。



 南側には説明板があるので、ここで概要を知ることができます。



 墳丘の長さは96m、外周溝までを含めた墓域の全長は190mということで、さきほど見た井出二子山古墳よりほんの少し小さいですね。



 それでは古墳に乗りこんでみましょうか!



 外堤の上にはパンキッシュなヘアースタイルの盾持ち人埴輪がおり、侵入者を警戒しています。



 外堤に立って古墳を眺めます。



 外堀も広いですね。



 外堀を越えて内堤に立つと、埴輪祭祀の跡が復元されています。



 これは往時のものが復元されており、総勢54体の埴輪は数体ずつユニットになって儀式の様子を表現しているそうです。



 内堀の芝生の上ではシートを広げてピクニックをしている家族連れもいました。

 保渡田八幡塚古墳はご覧のように三段築成です。



 カッコいい!

 軍艦みたいですね。



 内堀を歩いて、少し違う角度から見てみましょう。



 良い眺めだ・・・。

 内堀の中をぐるっと一回りしたら、古墳に登ってみます。



 最上段で後円部を見ます。



 写真のように後円部の墳頂から前方部の最上段にかけて段差が無く繋がっているのは後期古墳の特徴ですね。

 なお、古墳時代は私は、

 前期・・・3世紀半ば~4世紀後葉
 中期・・・4世紀後葉~5世紀後葉
 後期・・・5世紀後葉~6世紀
 終末期・・7世紀

 という感じに分けています(研究者により違いはあります)。

 保渡田八幡塚古墳は、5世紀後半の築造とされています。



 後円部の墳頂に来ると、なにやら地下に降りる階段があります。

 降りてみますと・・・。

 おー!石棺だ!



 この古墳に埋蔵されていた本物の舟形石棺(部分復元)で、全長は2.8m、全幅は1.2mあります。

 これは凄いねえ。



 しばし石棺を眺めた後は、また墳頂に戻ります。



 墳頂からは井出二子山古墳が望めます。



 また、北西方向にはこんもりとした森があり、あそこが薬師塚古墳だと思われます。



 薬師塚古墳も見学してみたいですが、微妙に時間が・・・。

 やはり、博物館の見学がおろそかになってしまうと不味いので、今日は残念ですが、薬師塚古墳の見学は諦めて、かみつけの里博物館へ行ってみましょう。 



 入館料200円を払って中に入ると、まずは昼過ぎから歩きまわって喉が渇いているので、自販機でひゃっこいコーラを購入して一気に飲みます。

 ひやー、うまい。

 一息付いたら、早速見学です。

 なお、かみつけの里博物館は写真撮影NGということでしたので、写真はないです。

 展示室に入ると、中央に5世紀の榛名山東南麓(このあたりの地域)の復元模型があります。

 かなり精緻なもので、見ごたえがあります。

 右手に行くと、三ツ寺Ⅰ遺跡についての展示があり、出土品もあります。

 三ツ寺Ⅰ遺跡は、保渡田古墳群とともに、この博物館の売りですね。

 その横にはこの地域の歴史について知ることができる解説シートが置かれており、ノートを取りながら熟読します。

 あとはやはり目玉といったら埴輪でしょう。

 八幡塚古墳出土の埴輪を始めとして、色々な埴輪が展示してあります。

 私は人物埴輪を見ると、どうも自分に良く似た顔をしているなあと思うのですが、こうして改めて色々な埴輪の顔を見てみると、皆きちんと個性が有って斉一ではないんですね。

 さて、展示室はそんなに広くはないですが、結局私は1時間以上見ていました。

 こんなに長居する見学者もあまりいないと思うので、係りの人も不審に思ったかもしれませんね。

 そして博物館や資料館を訪れたときは見学と並んで資料購入も楽しみです。

 かみつけの里博物館にも面白そうな資料が沢山ある!

 4冊も買ってしまいました。

 さらに文房具や小物などのオリジナルグッズも売っていたので、娘にお土産として古墳の絵の描かれたバンドエイドを買いました。

 古代の呪術パワーで傷も早く治るらしいです。

 お土産を買い終わると16時半になっていました。

 博物館は17時までやっていますが、あんまり長居して気持ち悪がられると嫌なのでバス停に向かいます。

 かみつけの里博物館からバス停までは徒歩10分くらいなので、20分も余ってしまいました。

 これなら薬師塚古墳も行けたかな・・・。いや、微妙だな。

 そんなことを思いながらバスを待ち、ようやくバスが来ると高崎駅まで戻りました(帰りのバスは「系統番号6」です)。

 電車は18時7分で、30分以上時間があるので、高崎駅にくっついているお土産屋さんで家族へのお土産を選びます。

 また、このお土産屋さんが凄い人だ!

 高崎って活気がありますね。

 品ぞろえも豊富で、何を買うか迷います。

 結局、ご飯に乗せて食べる味噌(大根の刻んだのが入っている)と、上州らしくコンニャクでできた栗ようかんを買いました。

 (その後、味噌は特に娘に大好評で、あっという間に無くなりました。)

 さて、夕飯時なので駅弁でも買って車内で食べて帰ろうかなと思いますが、もしかすると車内は駅弁を食べるような環境ではないかもしれないので止めておきます。

 案の定、電車に乗り込むと、八高線は結構人が乗っていて、お弁当を食べるような雰囲気ではありませんでした。

 でもビールは飲みます。

 一日歩いた後のビールは旨いねえ。

 途中、高麗川で乗り換えて八王子に近づくと、段々カレーが食べたくなってきました。

 そうだ!ココイチのハンバーグカレーを食べよう!

 八王子で中央線に乗り換えると、西八王子で途中下車し、ココイチに行って大好物のハンバーグカレーを食べました。

 うまー。

 というわけで、今日の活動を振りかえりますと、3時間かけて電車で高崎に行って、まずは最初期の前方後方墳である元島名将軍塚古墳を訪れ、次に近世城郭である高崎城跡を見学し、お昼は城の近くの「ひゃくはち」で美味しいつけ蕎麦を食べ、天華堂書店で『続・群馬の古城』を購入、それから保渡田古墳群を見る前に伝長野業盛の墓を詣で、井出二子山古墳、ついで保渡田八幡塚古墳を見て、最後にかみつけの里博物館を見学し、帰宅途中にココイチでカレーを食べたということになります。

 6時から稼働し、帰宅は22時前で、充実した一日でした。

 あー、面白かった!

艦隊これくしょん

艦隊これくしょん








ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 上毛野西部最大勢力の墳墓・... | トップ | 連続テレビ小説「あまちゃん... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりですね (y.sugiya)
2013-05-24 23:46:13
個人的にメールが出せなそうだったので
こちらにコメントしたことをお許しください。

お元気ですか。
同僚がライブをするということで
懐かしくなり検索をかけヒットしました。

私、3児の母になってしまいました(笑)
また、いつかメンバーと会いたいなぁ…。
長文失礼しましたm(__)m
お久しぶりですね (稲用)
2013-05-26 22:56:52
おう、sugiyaさん、お久しぶりです。
お元気そうですね。

実はちょうど先週の金曜日の夜にパソコンが壊れてしまって、今はパソコンを機能限定のモードで起動したところです。なので、コメントが遅くなってすみません。

3人も生みましたか!
確か前回のメール(ずいぶん前)ではまだ一人だったような。
子供は多い方が良いですので子育ては大変ですが頑張ってください。

私のメールアドレスを忘れてしまった場合は、ここの欄には書くことができないので、このブログの左側にある「メッセージを送る」でメールを送ってください。そうすれば返信します。ただし、メールは新しいパソコンが来てから確認するので、少し返信が遅れると思います。

もしsugiyaさんに時間があれば千葉まで行きますよ。
伊藤や太田さんや石井や川又やまみちゃんあたりにも声をかけてみます(多分このブログを見ている人もいると思いますが)。
といっても、子供さんが小さいとなかなか難しいですね。

ちなみにうちの娘は中2になりました。

それではいつでもメールください。

ではまた。
ブログ発見 (小林淑江です。)
2013-06-02 04:36:51
お久しぶりです。突然、稲用さんのとてもとても可愛い妹さんの事を思い出し、検索して辿り着いた次第です。
言った事はないと思うけど、昔、下北沢かどこかでライブがあって、妹さんのバンドも出ていて、初めて見てものすごい衝撃受けた。
何て何て可愛い子なんだろうと!
こんなに可愛い女の子がいるんだ~、芸能人になれるよ~、と感動したものです。
今でも可愛いのでしょうか。
少し過去のブログも見てみましたが、田村英里子が好きとあって、まだ好きなのか!!と思いました。懐かしい、田村英里子。
私事ですが今は息子2人の母です。
無敵の笛は、今でも歌えます。歌詞ないけど。では。
発見されました (稲用)
2013-06-02 10:01:23
赤尾さん、いや小林さん、お久しぶりです。
お元気でしたか?

妹のことを褒められてなんだか気持が悪い、いや嬉しいですが、妹はその後、「プリンセスプリン」という名義でキングレコードからデビューしました。

その後インディーズに戻ったりしてアルバムを何枚か出し、2年ほど前は私の作曲で3曲リリースしています。

http://www.youtube.com/user/SolidBlueRecords
で聴くことができます。

「無敵の笛」は置いていませんが、プリンセスプリン名義以外の私の曲も置いてありますので、よかったらアクセスしてみてください。

えりりんは今ではアメリカで実業家もやっていますね。私は兼業主夫の歴史研究家になりましたが。

そんなわけでまた何かありましたらメールください。メールアドレスを忘れてしまった場合は、このブログの左側の「メッセージを送る」で送ってください。

それでは小林さんも子育て頑張ってくださいね。

機会があれば飲みながら話をしましょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史探訪」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事