日本史大戦略 Side-B 附 歴史を歩こう協会 ~日本各地の古代・中世史探訪~

『日本史大戦略』のB(Blog)面です。城・館・古墳・古道・官衙・国分寺・神社・寺院・民俗・エミシ・南部氏・後北条氏など

東国を歩く会次回イヴェント告知/【遠江・駿河古代史探訪 その4】御殿・二之宮遺跡【遠江国府跡か?】

2018-07-27 12:44:30 | 歴史探訪
 毎年、東国を歩く会は7月と8月は街歩きをしませんが、何かしら他のイヴェントをやったりします。

 今年は、毎年8月しかオープンしないという「河口湖自動車博物館・飛行機館」の見学を目論んでいます。

 MLではすでに告知していますが、たまにMLが受け取れないメンバーもいるようなので、一応こちらでも告知します。

 催行日は、8月の日曜日で、参加してみたい方は、希望日をお知らせください。

 参加希望者からの参加希望日を集計して、一番参加者の多い日に催行します。

 詳細は気になる方向けに個別にお伝えしますので、まずはどの日曜日なら参加できるかご連絡ください。

 なお、今回は私は参加できず、ご案内は軍事マニアのオーメン長島さんになります。

 それでは、遠江・駿河探訪の続きをお伝えします。

 ⇒前回の記事はこちら

*     *     *


 府八幡宮の参拝を終えて、磐田市内ではもう一つだけ遺跡を見ようと思います。

 府八幡宮から南下し、JRの磐田駅が近づいてきました。

 磐田というとJリーグのジュビロ磐田が有名ですね。

 特段、私はサッカーについて語るだけの知識は持ち合わせていませんが、子供のころはサッカーが大好きでした。

 何しろ、球技という球技がことごとく苦手な私が唯一上手にできたのがサッカーだったため、30歳になるくらいまではテレヴィでもよくサッカーを観ていました。

 今のサッカー業界のことはほとんど何も知りません。

 あ、話がずれましたが、磐田って「天平のまち」というキャッチフレーズもあるんですね。



 サッカー一色の街だと思っていたので意外でした。

 磐田駅の北口が見えました。



 なるほど、天平チックですね。

 南口へ回りますよ。

 これから目指すのは、御殿・二之宮遺跡で、遠江の国府跡ではないかと思われているそうです。

 確か、南口に小さな公園として整備されているはずなので、適当に向かってみます。

 この辺かな・・・

 お、この公園が怪しい。



 当たり!



 奈良時代の大型建物跡が見つかっており、その柱跡の場所がわかるようになっています。



 上の説明版にも書かれている通り、この遺跡は弥生時代から続く複合遺跡で、江戸期には代官所があったんですね。



 こちらが公園の正規の入り口かな。



 この方は家康?





 南西側から見ます。



 今後の調査でもっと国府跡がはっきり分かってくると楽しいですね。

 先ほどは磐田駅の北口を見ましたが、ついでなので南口も写真に収めておきましょう。



 いやー、天平チックでいいねえ。

 以上で磐田市内で見たかったポイントはすべて見ました。

 この辺には古墳もいくつかありますが、今日のところはこれでお終いとして次へ向かいましょう。

 次は藤枝市ですよ。

 (つづく)

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 【遠江・駿河古代史探訪 そ... | トップ | 【奥州古代史探索 3日目 そ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄い (りひと)
2018-07-27 16:43:15
知らないうちにどんどん進んでますね。
磐田が天平の町?いやあ面白くなりますよ。

個人的には関東と奈良の接点に静岡ないはずないので探ってましたけど遺跡あるんですね!
磐でしょ?その字見ただけでも確かに怪しいです。で個人的にサッカーが好きなのでサッカーにはいい土地でセンサーは働くと思います。

今日戻ってきたのは唐木田の火事の件で。
八角墳とどれくらい距離あるのか?確認しようときましたよ。

けど磐の方が進んでいて嬉しい限り。
ご苦労さまです。2484
そうそう台風凄いんでどうにか生き延びましょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史探訪」カテゴリの最新記事