日本史大戦略 Side-B 附 歴史を歩こう協会 ~日本各地の古代・中世史探訪~

『日本史大戦略』のB(Blog)面です。城・館・古墳・古道・官衙・国分寺・神社・寺院・民俗・エミシ・南部氏・後北条氏など

稲用章のプロフィール(4月29日更新)

2020-04-29 20:16:51 | 稲用章のプロフィール


 ●昭和47年(1972)、千葉県松戸市生まれ
 ●東京都八王子市在住
 ●たかおばくふ代表
 ●東アジア古代史研究家
 ●苗字の本来の読みは「いなもち」ですが、「いなよう」でもどちらでも呼びやすい方で呼んでください

 2016年4月にクラブツーリズム株式会社と契約し、同社の専任講師およびツアーナビゲーターとして、自身が企画した遺跡ツアーなどに年間1,000名を超えるお客様をご案内したり、古代史関連の座学講座にて、こちらも年間1,000名を超えるお客様に講義しています。

 現在のライフワークのルーツは小学校高学年のときに始めた歴史・プログラミング・作曲の3つです。

 社会に出てからはコンピューターのソフトを作る仕事を長くやっていたのですが、30代半ば以降、極度な体調不良に陥り(いわゆる「うつ病」)、どうやっても治らなかったところ、2013年9月に株式会社ダスキンにて掃除の仕事を始めたところ完全に治癒し、現在では上述した歴史関連の仕事をメインでやりつつ、週に3日は掃除の仕事をして健康維持に気を配っています。

 10代から20代は音楽活動にも情熱を傾けていました。結果的にバンドでメジャーデビューする夢は叶いませんでしたが、好きな歴史で生活できるようになっており、多くの方々の前で楽器の演奏こそしていないものの歴史について語らさせていただいているので違う形で夢は叶いました。今は気楽な趣味として、ギターやキーボードを演奏したりカラオケで歌ったりしています。

 病から救ってくれたダスキンや歴史の仕事をやらせていただいているクラツー、そしてツアーや講座に来てくださるお客様には大変感謝しております。

 ※ダスキンは2020年3月末日にて契約期間満了により退職し、4月からは別の会社に所属し、週に3日、某私鉄の駅の日常清掃に従事しています。

 なお、精神的な病やそれに伴う引きこもり状態から脱出した経験があるため、そういった病気や状況で苦しんでいる方やそのご家族にはそこから脱出するための「生き方」のヒントをお伝えすることができます。講座やツアーなどにお越しの際は遠慮なくお声がけください。

 ■歴史歴

 小学校6年のときの担任の先生の影響と、光栄のシミュレーション・ゲーム「信長の野望」の影響で戦国時代に興味を持ちました。

 子供の頃はほとんど本を読まず、初めて読んだ歴史小説は、中学生の時に学友から借りた、吉川英治の『三国志』で、それと同時に、これまた光栄のシミュレーション・ゲーム「三国志」にはまり、三国志マニアになりました。ゲームや小説から始めて正史の三国志に行く着く王道のコースです(光栄ファンであればご推察のとおり、この関連でチンギス・ハーン周辺の歴史も大好きです)。

 中学・高校の時は、上記のようにゲームや小説で歴史に触れあっていましたが、24歳の時に岩手県北上市と縁ができ、戦国時代の北上市の領主だった和賀氏の研究を始め、さらに南部氏の研究を突っ込んで行いました。

 またその頃、会津の鶴ヶ城を訪れたのがきっかけで城好きになりましたが、その後は近世城郭には興味が行かずに中世城郭マニアとなり、1998年には主として岩手・青森の館跡(当地方は拠点城郭以外の中小の城のことを「館」と呼ぶ)を探訪した状況を紹介するホームページ『奥州城壁癖(オウシュウジョウヘキヘキ)』を開設しました。

 東北の歴史を調べ始めてから知ったことですが、実は父方の祖父(婿養子)が青森県三戸町の出身だったということを知り、自分にも南部人の血が流れていることを喜び、母方の先祖は日向国(宮崎県)飫肥なので、今は「エミシと隼人のハイブリッド」と称しています。

 おおよそ33歳から41歳までの8年間は体調不良に悩まされ続け、働けたり働けなかったり、はたまた離婚を経験したりして非常につらい時期でしたが、その間、古代史の勉強を始め、今ではもっぱら古代史が自分の研究対象でかつ仕事ともなっています。

 ●最も力を入れている研究対象は、日本の古代国家および天皇の発祥と展開(弥生および古墳時代から律令時代まで)
 ●訪れたことのある歴史スポットは延べ3000ヶ所以上
 ●歴史関連の蔵書は2000冊以上

 ⇒クラブツーリズムの私のツアーおよび講座に関してはこのブログの中のこのページにまとめてあります

 ■主な執筆参加刊行物

 ●『日本の神社 完全名鑑』(廣済堂ベストムック)/廣済堂出版

全国ビジュアルガイド 日本の神社 完全名鑑 (廣済堂ベストムック273号)
 
廣済堂出版

 ☆ 北海道・東北のすべての掲載神社(P.26~35)を執筆。

 ●『国分寺を歩く』/イカロス出版

国分寺を歩く (日本六十余州 全国分寺を完全収録)
 
イカロス出版

 ☆ 山陰道の全国分寺(P.122~140)を執筆。

 ●『日本の寺 完全名鑑』(廣済堂ベストムック)/廣済堂出版

全国ビジュアルガイド 日本の寺 完全名鑑 (廣済堂ベストムック262号)
廣済堂出版

 ☆ 滋賀・大阪・兵庫・和歌山の28ヶ寺(P.115~123)を執筆。

 ■稲用への連絡方法

 稲用への連絡は、このブログをPCで見ている方は、左記「メッセージを送る」からお気軽にどうぞ。

 また、HP版の「日本史大戦略」には問い合わせフォームがありますので、そちらから連絡をくださってもかまいません。

 ⇒HP版の「日本史大戦略」には問い合わせフォームはこちら

 悪質な連絡以外は必ずご返信します。

コメント   この記事についてブログを書く
« 御嶽塚5号墳 ~JR西府駅前の... | トップ | 墳丘の形跡が残る玉川神社古... »
最新の画像もっと見る

稲用章のプロフィール」カテゴリの最新記事