ドは前に進み出た

ドは前に進み出た

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

わしの知るかぎりでは

2016-09-20 16:23:19 | 日記


「まったく、わたしがどんな――」彼女は必死の努力で自分自身を取り戻そうとしていた。
「この数ヵ月間、あなたはわたしに力がなくなったと思いこませようとしたけれど、本当は失われていなかったのね。よくもわたしをそんな目にあわせて平気な顔ができたわね」
「おいおい、ポルや、落着いて考えてみれば、そんな簡単に消せるものかどうかよくわかるはずだぞ。いったん備わった力は永久にそこにあり続けるのだ」
「でも〈師〉が――」
 ベルガラスが片方の手をあげて制した。「よく思い出してみるんだ。あのとき〈師〉が言ったのは、おまえが自分の力を制限して、ダーニクと同じ能力の範囲で暮らしていく覚悟があるかということだ。いかにアルダーでもおまえの力を取り去ることなどできはしないから、一計を案じたというわけさ」
「でもおとうさんはわたしにそう信じこませたわ」
「おまえが何を信じようが、わしの知ったことではないからな」ベルガラスはもっとも落着きはらった口調で言った。
「わたしを引っかけたのね!」
「いいや違うな、ポル。おまえは自分で引っかかったのさ」老人は優しくほほ笑んだ。「がみがみわめき出す前に少し考えてみたらどうかね。とどのつまりおまえに何かさしさわりがあったわけじゃないだろう? それにこんなふうに真相を知るのも、なかなかおつなもんじゃないかね」老人の微笑は今やにやにや笑いに変わっていた。「何ならこれがわしからの結婚の贈物ということにしてくれてもいいんだよ」


 ポルガラはじっと相手をにらみつけ、反論したそうな顔をしたが、老人の返した視線にはちゃめっけがあふれていた。二人の対決の結果はいつもうやむやのうちに終わっていたが、今回ばかりはベルガラスが勝ちをおさめたようだった。怒るふりをそれ以上続けられなくなったポルおばさんは、どうしようもないという顔で笑い、老人に優しく腕をまきつけた。「本当にあなたってどうしようもない老いぼれだわ」
「わかってるさ」老人は答えた。「ガリオン、失礼しようじゃないか」
 廊下に出たとたん、老人は再びくすくす笑いはじめた。
「何がそんなにおかしいんだい?」ガリオンがたずねた。
「わたしは何ヵ月間もこのときを待っておったのだ」老人は実に愉快そうな顔で笑っていた。
「ことの次第がわかったときのあいつの顔を見ただろ、ガリオン。彼女はこの数ヵ月というもの、さんざん殉教者ぶった顔をしておきながら、突然それが不必要なものだと思い知らされたのだ」老人の笑いが意地悪そうな表情に変わった。「だいたいおまえのおばさんは、これまで自信過剰ぎみだったんだ。一度ここらで自分が普通の人間だと思わせたのはいい薬だったかもしれんぞ。これであいつも少しは視野が広がったことだろう」
「おばさんの言ったとおりだ」ガリオンは笑いながら言った。「おじいさんて、本当にどうしようもない老いぼれだね」
 ベルガラスはにやにやした。「人は常におのれのベストを尽くすべきなのさ」
 二人は廊下を戻り、すでに結婚式のために整えられたガリオンの衣装の置かれている部屋へ向かった。
「おじいさん」ガリオンは腰をかけて自分の長靴を脱ぎながら、老人にたずねた。「ひとつ聞いておきたいことがあったんだ。トラクが死ぬ前に『母上』と叫んだことなんだけれど」
 ベルガラスはジョッキを片手にうなずいた。
「トラクの母親っていったい誰なんだい」
「世界だ」老人は答えた。
「よく意味がわからないけれど」
 ベルガラスは考え込むような顔つきで白く短いあご髭をかいた。「それぞれの神を発案したのは、かれらの父神ウルだったが、実際に作り上げたのは世界だったのさ。話せば非常に複雑で、わたしにも実のところよくわからないのだ。まあ何にせよトラクは死の間際に、かれを唯一愛してくれていると思いこんでいたものの名前を呼んだのさ。だがむろんやつは間違っていた。ウルも他の兄弟たちもみなかれを――いかにその性格がねじけて、邪悪であろうとも愛していたのだ。そして世界もまたかれの死を悼んだ」
「世界が?」
「おまえは感じなかったのか? やつが死んですべての光が消えうせたあの瞬間だよ」
「あれはぼくのせいだと思っていたよ」
「いいや、それは違う。あの瞬間、全世界から光が消えうせ、あらゆる場所であらゆるものたちの動きが止まったのだ。それというのも世界が死んだ息子を悼んでいたからさ」
 ガリオンはしばらく考えこんでいた後に言った。「でも、トラクは死ななければならなかったんだろう?」
 ベルガラスはうなずいた。「ものごとを正しい道へ戻すには他に方法がなかったのだ。トラクが死んでこそ、はじめて世の中は定められたとおりに動きはじめる。もしそうしなかった場合には、すべては深い混沌の中に沈んでしまっていたことだろう」
 突然ガリオンの脳裏に奇妙な質問が浮かんだ。「おじいさん」かれは思わず口に出した。
「エランドはいったい何者なんだろう」
「わしにもわからんよ。何のへんてつもない普通の男の子かもしれないし、あるいはまったく違うのかもしれない。さて、そろそろおまえも支度を始めた方がよさそうだぞ」
「そのことは考えないようにしていたんだ」
「ぐずぐずするのはいいかげんにしたらどうだ。今日はおまえの生涯でもっとも幸福な一日なんだぞ」
「本当かい?」

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする