ハードダーツ猛特訓!
ただいまダーツリハビリ中です。目指すはPDC!
 



5月9日のところで、各エリアの面積を算出しました。もう一度記載しておきます。

各エリアの面積
インナーブル:49π
アウターブル:240π(インナーブル含むと289π)
内シングル:446π
トリプル:101π
外シングル:718π
ダブル:165π

一般に、大きい面積のエリアに入れる方が、小さい面積のエリアに入れる方より、簡単です。当たり前です。
数字的見地からは、その可能性の比は、大きい面積のエリアと小さい面積のエリアの面積比となります。
ただ、ダーツの場合、プレイヤーの身長や、腕や手の軌道の影響、あるいはエリアの形状(縦長・横長)により、各エリアの確率は均一とは言えません。
ですが、縦・横・斜め、トリプルエリアは全トリプルエリアの平均を、ダブルなら全ダブルの平均を取れば、面積比とほぼ一致すると見なせます。
実際には、精神的な影響が最も大きいかと思いますが、今回は数学的な側面から考察したいので、除外して考えたいと思います。

上記面積の数値ですが、πを取っぱらった値、例えば外シングルは718ですが、これを1000本投げて狙ったシングルに入る本数としましょう。
つまり、外シングルは平均して71.8%の確率で入るということにします。インナーブルは、4.9%ということです。
もっと入るよ!っていう方は900本投げて、とか800本投げて、に置き換えてくだされば結構です。

上記の仮定の下で、トリプルに入る確率は、10.1%です。インナーブルを含むブルに入る確率は、28.9%です。
5月8日ところで91点~95点、81点~85点の入り方について触れましたが、
例えば83点の場合、T17に入る確率は、10.1%。
T17を狙って、S17に入る確率は、話を簡単にするため、100%としましょう。
S17の場合は66残です。T10を狙う場合、その確率は10.1%ですね。ここで入らなければフィニッシュの可能性は絶たれます。


ダブルを打てる確率は、
T17に入る確率=10.1%
S17に入り、T10に入る確率=10.1%
合わせて20.2%

一方、ブルから入ってダブルを打てる確率ですが、ブルに入れば、残り58か33となり、2本目はシングルを打てば良いのです。
ブルにいれて、シングルに入れる確率=28.9%×71.8%=20.75%

20.2%と20.75%です。

もっと入るよ!というプレイヤーの場合、900本で入る本数として換算すると、22.4%と32.1%となり、ブルから入る方が、ダブルを打てる可能性が、より高くなります。
ここで言うダブルとはインナーブルではなく広いダブルを指します。

この計算結果をどうゲームに生かすか、なんですが、
T17狙いのケースは、例えばガンガン行けてるときや、大きくリードしているとき、ショートを狙っているときなどで。
ブルから入るケースは、3本目で良いので、確実にダブルを打ちたいときですね。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 131点以上 BULLその2 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。