ふわり、お茶時間~お茶とともに~

月1カフェのお知らせと、ブログ企画の全国のお菓子と合わせる中国茶台湾茶の更新が主です。
お茶とお菓子、お茶と人。。。

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.55 山梨県 桔梗信玄餅万寿 4.×正山小種

2018-05-31 21:44:15 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―信越

お菓子の紹介はコチラ

一つ目のお茶はコチラ。

二つ目のお茶はコチラ

 

そして最後のお茶は正山小種。

お茶の説明は過去の記事でご確認くださいまし。

 

 

で、合わせてみました。

 

結果:合う

今月の3つのお茶の中では一番お菓子に対応できています。

正山小種のスモーキーさと黒蜜の香りとが少し喧嘩気味ですが、

かえってそれがアクセントになり」良い具合になりました。

 

結論:合うのは正山小種

黒蜜が濃厚だから、爽やか系は難しかろうと思って合わせませんでしたが

この結論からいくと予想は正しかったと思われます。

 

来月はもしかするとお休みするかもしれませんが、ブログは継続しますので今後も引き続きどうぞよろしく!

お読みいただきありがとうございました♪

 

 

 

 

 

コメント

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.55 山梨県 桔梗信玄餅万寿 3.×プーアール御品

2018-05-30 22:31:53 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―信越

お菓子の紹介はコチラ

一つ目のお茶はコチラ

二つ目、プーアール御品

えっと、、、プーアールの熟茶です。

しかし、実はそれ以上ノーデータ。

中国大使館御用達の一品なのでこういう名前の商品なのだと聞いたが本当かなぁ

一応ちゃんとお茶屋さんで買ったんだけどね。

※この月一企画はたまにこういう不思議なものも出します

 

桔梗信玄餅万寿 × プーアール御品

どうかな~?

 

 

お茶の水色も悪くなく、御用達の真偽の程は置いといても

まぁまぁかな。

甘く喉に戻ってくる感じもあるし、クリアでまろやかな味です。

 

はい、鑑定はOK(笑)

 

肝心の相性は?

結果:合わない

むむむ。。。

上品過ぎて味がぼやけました。

プーアールにしては珍しくお茶が負けるという結果に。

このプーアールはお茶だけで飲むのが良さそうです。

 

次は正山小種を合わせます!

コメント

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.55 山梨県 桔梗信玄餅万寿 2.×三峡碧螺春

2018-05-29 13:08:32 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―信越

お菓子の紹介はコチラ

 

一つ目、三峡碧螺春

三峡碧螺春(緑茶) 読み方:サンキョウヘキラシュン 産地:台湾台北縣三峡

*ヘキラシュンはピロチュンと言う人も。碧螺春の中国語読みがベースの読み方ですね。

この三峡碧螺春、青心柑仔という品種を使って台湾で作っている緑茶になります。

台湾は青茶(日本で言う烏龍茶)の製造が盛んですが、緑茶も作ってるんですよ♪

三峡は地名で、ここでは龍井も作っています。

緑茶の一大産地ですね!

さて、ちょっと紛らわしいことに、中国浙江省の龍井、江蘇省の碧螺春が有名で・・・って、ん?同じ名前だけど違うモノ?

そう、違うモノです。品種も違うし、碧螺春はまだしも、龍井は見た目からして全く違う。まぁ三峡碧螺春の方が大ぶりで、繊細さも江蘇省の碧螺春に比べるとざっくりしてるんだけど・・・。

そんな紛らわしい状態になった背景には、昔、蒋介石とともに大陸から台湾にきた人たちから、故郷である中国の緑茶「碧螺春」や「龍井茶」を飲みたいという希望があったため、台北郊外の三峡の地で作られ始めた・・・ということがあるようです。(断定はし切れないので、伝聞的表記)

(*江蘇省の碧螺春についてはコチラで説明してます。参考までにどうぞ)

 

さあさぁ、いただきましょう~

三峡碧螺春と桔梗屋さんの桔梗信玄餅万寿、相性はいかに~?

油で揚げてるから万寿(饅頭)の表面がツヤツヤ光っております。

 

で、結果は?

結果:合わない

やわらかく淹れ過ぎるとお茶が負けると思って95℃くらいで3分じっくり抽出しました。渋みを意識しつつ、お茶の個性を損なわない限界・・・はちょっと突破しちゃった気がするんだけど、でも大幅にはバランス崩れず。葉っぱが良かったからね。

その結果お茶が負けることはなかったんですけれども、黒蜜、黄な粉との相性はあまり良くなく、不思議な生臭さが発生してしまいました。

生臭いってどういうこっちゃorz

 

おまけ

もう一枚写真。お菓子は断面が大事。

って、、、美味しそうだけどなんかピータンみたいに撮れましたorz

 

お次はプーアール御品です。

コメント

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.55 山梨県 桔梗信玄餅万寿 1.菓子紹介

2018-05-28 21:37:16 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―信越

突然ですが、山梨へ行ってきました。

今月のお菓子は現地調達です!

 

・・・うそです。

東京にある山梨のアンテナショップで購入しました。

 

(旅行行きたい~どこかへ旅立ちたい~

 

そういうわけで、気持ちだけは行ったつもりでいつもの月一企画!(ヤケ)

 

全国のお菓子×中国茶・台湾茶、今月は山梨県から、桔梗屋の桔梗信玄餅万寿です!

 

最近信玄餅アイスもいろんなとこで見かけるし、もはや信玄餅ブランドは常識?

でも、だからこそ取り上げるのもアリでしょ!

それに食べたかったし!(←どっちかっつうとメインの動機・・・?)

 

とにかく買って参りました。

さっそくいただきます♪

きな粉餅入りの餡と黒蜜の小麦生地、しっとりした饅頭をさらに揚げてあるらしい。

美味しそう・・・(←本来の目的を忘れている)

 

オーブントースターで2~3分温め直すと尚よしという趣旨の案内があったので、

もちろん温めました。

 

カリ、もち、フワッ!

 

じーん。。。うまひ(噛み締め)

 

って食べてるばかりでは進みませんね。

 

この桔梗屋の桔梗信玄餅万寿に合わせるお茶は以下の通り!

 

・三峡碧螺春(緑茶)

・プーアール御品(熟/黒茶)

・正山小種(紅茶)

 

まずは三峡碧螺春から。

ではまた明日! 

コメント

5月の「ふわり、お茶時間」終了しました

2018-05-18 21:54:26 | 月1カフェ ふわり、お茶時間

今月の「ふわり、お茶時間」は5月14日(月)でした。

シェーブルチーズのクロタン・ド・シャヴィニョルをお茶請けに選んで、

その他プルーンを添えて、シェーブルとトマトなどの野菜のミニケーキもご一緒に。

 

お茶は黒茶と烏龍茶から一種類ずつ。

 

↑メインのシェーブルチーズがお皿と同化していてよく見えない。。。

 

シェーブルチーズ(=山羊乳から作ったチーズ)は香りも味も一癖あるので、

せっかくいらしてくださっても食べられなかったらどうしよう?と思ったのですが、

どうしても無理!という方はいらっしゃらず皆様完食でした。(今のところ知らずにふらっといらっしゃる方がいないということもあるけど)

 

店内写真とらせて~といったらこうなりました。

いやいやポーズはとらんでもいいのよ?(笑)

皆様ありがとうございました!!

 

 

次回6月のメニューは

和菓子(練切)+ 花茶 + 烏龍茶 です。

ふわり、お茶時間の年間スケジュールの確認はコチラからどうぞ!

※6月の営業日は11日の月曜日です。

お待ちしています

 

コメント