ふわり、お茶時間~お茶とともに~

月1カフェのお知らせと、ブログ企画の全国のお菓子と合わせる中国茶台湾茶の更新が主です。
お茶とお菓子、お茶と人。。。

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.50 香川県 山下おいり本舗 おいり 4.×蜜香烏龍

2017-09-22 14:28:17 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―四国

お菓子の紹介はコチラ。 

茉莉花龍珠との結果はコチラ

龍井との結果はコチラ

 

最後に冒険しました、蜜香烏龍!!

昨日までの結果で淡いお茶の方が合うとほぼ結果は出てるのですが、どうにもあえてやってみたくなる性分で・・・。

去年クリスマスケーキの時に使ってるから茶葉説明はこれも過去の記事よりお願いします。

 

蜜香烏龍であっても薄めに淹れるのは同じです。

高温でサッ!と淹れました。

が。

 

結果:合わない

思ったほど悪くはなかったのですが(負け惜しみじゃありません・・・たぶん?)

やっぱり逆転勝ちはありませんでしたね

おいりは一瞬で蜜香にのまれてしまいました。不味くはない、でも儚すぎて切なくなっちゃうな(笑)

 

結論:茉莉花龍珠と合わせるのが一番おいりの品の良い甘さを壊さず、かつ龍井ほど気負わず楽しめます。

龍井も良いですが薄めに淹れるところに神経使うので、そこが手間として感じるか感じないかでオススメ具合が変わりますね。

あえて気を張ってのティータイムも私は好きだけど。蜜香烏龍は・・・わざわざ合わせるには勿体無いな~。

 

今月もお付き合いいただきありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いします

コメント

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.50 香川県 山下おいり本舗 おいり 3.×龍井

2017-09-21 14:06:44 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―四国

お菓子の紹介はコチラ。 

茉莉花龍珠との結果はコチラ

 

昨日に続いて淡い系のお茶です。

龍井!

茶葉説明は過去の記事チェックでよろしくです。

他にも淡い系の中国緑茶はありますが、何せ新しく購入するには高くてね(そういう理由です。涙)

いただくことの多い龍井の使用比率がどうしても上がる・・・頂き物ですが観光土産とかじゃないのでご安心を

※ちなみに今年購入したのは四川の緑茶・蒙頂石花のみ、です。

 

そんな残念なカミングアウトはいいから合わせてみましょ。

結果:(工夫が必要だけど)合う

工夫って何かと言いますと、「いつもより薄めに淹れる」です。

普通お菓子と合わせてお茶をいただくときは、お菓子に負けないように「いつもより濃いめに淹れて」います。

ところが、おいりは逆で、元々淡い中国緑茶であってもさらにサラリと淹れないとおいりが負けてしまうのです。

普段抽出1分だとすると30秒もないくらいでやめました。(1分で淹れたら龍井の完全勝利だった)

軽く淹れた龍井とおいりは双方の良いところがでて美味しく楽しめましたので、

いつもより薄くして合わせるレアケースながら、合うという結果にいたします。

明日はちょっと冒険して蜜香烏龍でやってみます!

コメント

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.50 香川県 山下おいり本舗 おいり 2.×茉莉花龍珠

2017-09-20 13:54:04 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―四国

お菓子の紹介はコチラ

いつもはお菓子に負けないよう、お茶単体で楽しむ時より意識して濃い目にしています。

でも、おいりの場合はむしろ薄く淡く淹れました。それだけ繊細なお菓子なんです。

では一個目。

茉莉花龍珠を合わせてみます。

茉莉花龍珠の説明は過去の記事チェックよろしくです。

 

 

すぐ溶けてしまうのでいつもより集中、集中

口に含んだらすぐ茉莉花龍珠茶飲んで、ふわっとくる「感覚」を噛み締めます。

 

結果:合う

くちどけ軽く、ほんのり甘く、でも甘すぎないジャスミンの香りで余韻を楽しむ・・・なんとも優雅です。

よかった記念すべき50回目の最初にコケたらどうしようかと思った(笑)

 

明日は龍井と合わせます

 

コメント

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.50 香川県 山下おいり本舗 おいり 1.菓子紹介

2017-09-19 13:32:41 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―四国

今日はお菓子を紹介する前に一つ言わせてください。

このブログ月一企画、全国のお菓子×中国茶・台湾茶を始めて4年7ヶ月(2013年2月開始)

今回で50回目になりました!!!

時々更新お休みしたりしながら、でも、どこかで見てくれてる人がいると思えばこそ続けられたのだと思います。

始めた当初の密かな目的として、全国都道府県ひと巡り、というのがあり、普通に考えたら42回でそれは達成できるわけです。

でも回数として区切りの良いのはひとまず50と思って、ここを目指して続け、

おかげで全国一周は終わってないけど(2回登場してる県もいくつかあるので)50回目に手が届きました。

大きな次の区切りは100回、目前の目標は全国一周を完了させること。

まだまだ続けますので楽しみにして読んでくださると嬉しいです。よろしくお願いします!

 

一言のわりに冒頭長い文章となりましたが、ここからはいつものお菓子×お茶ブログ始まります♪

 

さぁ今月のお菓子はちょっとおめでたいものにしましょうね。

タイトル見てれば何を選んだか分かっちゃってるはずだけど改めて。

 

香川県の郷土菓子・おいりを選びましたよ~。

 

おいりの始まりは天正15年(1587)戦国時代真っ只中。織田信長が討たれて5年、世はますます混乱の時代・・・

讃岐国丸亀城主に任命された生駒親正公の姫君が輿入れなさると決まった時、領下の百姓がお祝いに五色の煎りものあられを献上したところ、親正公はたいへんお気に召されて褒賞を下賜したと言われています。

それ以来おめでたいお煎りもの=略しておいりが婚儀の際の縁起物として西讃岐地方に定着した、というたいへん縁起の良いものです。

え、婚儀とブログ関係ないじゃないのって?

うん、まぁそうなんだけど(笑)

お菓子とお茶の相性調べだからこれからも良い結びつきが生まれますようにという願いも込めて、ね。

今回は山下おいり本舗さんのおいりが入手できましたが、郷土菓子なのでここ以外のおいりもあります。

食べ比べたらやっぱり違うのかなぁ。

 

口に含むとすぐ溶けてなくなってしまいます。

それもそのはず、中は空洞。

周りは薄く、とてもとても儚く甘い米菓なのです。

お茶に合わせるには4~5粒口に放り込まないとすぐなくなっちゃう。

(でも調子に乗って放り込むと溶けて歯にくっつくので注意・笑)

 

そんなおいりと合わせるお茶を考える。

 

ではこれで!

・龍井(緑茶)

・茉莉花茶(花茶/再加工茶)

・蜜香烏龍(烏龍茶)

 

明日はまず龍井から合わせます。

皆さまこれからもどうぞよろしくお願いいたします

 

コメント