ふわり、お茶時間~お茶とともに~

月1カフェのお知らせと、ブログ企画の全国のお菓子と合わせる中国茶台湾茶の更新が主です。
お茶とお菓子、お茶と人。。。

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.39 岩手県 さいとう製菓 『かもめの玉子』 4.×蒙頂黄芽

2016-06-30 15:02:07 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―東北

【開催告知】 7/10(日)お菓子と合わせる中国茶・台湾茶 14 詳細はこちらから。

*****

お菓子の紹介はコチラ

黄金桂との結果はコチラ
 
鳳凰水仙との結果はコチラ
 
今日は蒙頂黄芽です。
 
これも初登場なのでちょっくらご説明を。
 
 
蒙頂黄芽 読み方:モウチョウコウガ 産地:四川省 分類:黄茶
 
あんまり黄茶って出さないのだけど、そもそも種類少ないし。
 
黄茶は不思議なもあっとした香りが特徴なんですが、近年の黄茶はその「もあっ」が抑えられている傾向にあります。
 
あの「もあっ」が好き嫌いを二分させるので、確かに「もあっ」が少ない方が飲みやすいって人は多くなるかもしれないんですが、
でもあの「もあっ」があってこそ黄茶なので「もあっ」がないと緑茶とほとんど変わらないじゃん、と個人的には思うわけです。
 
・・・なんか、もあもあ疲れた・・・(笑)
 
※ついでに過去記事調べてたら蒙頂甘露の分類を黄茶にしてた回を発見。すみません、訂正しました。(甘露の方の分類は緑茶です)
 
 
ちなみに黄茶そのものは別のお茶の時に説明してます。一応貼っとくので興味ある方はご覧くださいね。
 
 
そして、かもめの玉子と蒙頂黄芽の相性は?
 
 
結果:まあまあ合う
 
気持ちよく「合う」とは言い切れないのですが、今回のラインナップでは充分合う判定!
カステラ部分で若干の違和感はありますが全体的によく調和しています。
水仙みたいに香りに突出した部分がないからか、そこまで不協和音は感じません。
 
結論:この中なら蒙頂黄芽!
 
来月は千葉県の鯛せんべいを予定しています。
 
 
 
コメント

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.39 岩手県 さいとう製菓 『かもめの玉子』 3.×鳳凰水仙

2016-06-29 14:39:52 | 自主企画イベント-お菓子と合わせる

【開催告知】 7/10(日)お菓子と合わせる中国茶・台湾茶 14 詳細はこちらから。

*****

お菓子の紹介はコチラ

黄金桂との結果はコチラ
 
ふたつめー。
 
鳳凰水仙、は、たぶん初めてなのでご紹介をば・・・。
 
 
鳳凰水仙 読み方:ホウオウスイセン 産地:広東省 分類:烏龍茶
 
今まで当ブログで出したことのある水仙は岩茶の水仙ですが、今回は単ソウの水仙。
同じ『水仙』と付いてるけど別物です。
 
岩茶のように落ち着いた感じではなく、とっても華やかな香りがします。
でもその香りとはうらはらに、シャープなキレをまとった味わいが素晴らしいのです。
 
 
このシャープなキレと甘さの調和がうまくいくといいのだけど・・・。
 
 
 
結果:合わなくはない。
 
うん、合わなくはない、合わなかないけどとても平凡な感じがする。
って、水仙合わせて平凡ってそれはダメな部類か。。。
 
ただお茶の香りだけはすごく主張されていて、だから余計この組み合わせは残念に感じるのかな。
 
これはお茶もお菓子も単独の方がいいパターン。
 
明日は香りはおとなしく!蒙頂黄芽でしめます!
 
 
コメント

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.39 岩手県 さいとう製菓 『かもめの玉子』 2.×黄金桂

2016-06-28 14:25:35 | 自主企画イベント-お菓子と合わせる

【開催告知】 7/10(日)お菓子と合わせる中国茶・台湾茶 14 詳細はこちらから。

*****

お菓子の紹介はコチラ

 

さてさてトップバッター黄金桂。

黄身餡の黄色につられるように選んでしまったのですが、ひとまず私の予測は「合わない」(笑)

黄金桂は長崎県の白船で使用してるので、お茶の説明はそちらをご覧くださいね。

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.34 長崎県 徳永製菓総本舗 『白船』 2.×黄金桂

 

もういっこ、今日は謝らなくてはならないのですが・・・。

 

お菓子とお茶のツーショット写真、なくしちゃった(爆)

ごめんなさい!!!

 

そういうわけでサッサと結果発表に移りますね・・・

 

結果:合わない

・・・・。

ほらやっぱり合わなかったよ、と威張っていいものか。

大逆転は起きませんでした(笑)

何が合わないってお茶の渋さが際立っちゃって、飲み干して渋さが薄れてきても余韻が邪魔をしてきます。

黄金桂はもともと渋み強いのでさらりと淹れたんだけどなぁ。

 

明日は単ソウ水仙と合わせます。

コメント

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.39 岩手県 さいとう製菓 『かもめの玉子』 1.菓子紹介

2016-06-27 14:05:50 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―東北

【開催告知】 7/10(日)お菓子と合わせる中国茶・台湾茶 14 詳細はこちらから。

*****

 

今月のお菓子は説明要るかな?

かもめの玉子、岩手県の銘菓として定着しているお菓子です。

でも、作られたのは昭和に入ってから。

昭和27年に開発に着手ということは、西暦1952年?

詳しくはさいとう製菓さんの誕生秘話のページを見てね。

 

黄身餡をカステラで包み、さらにホワイトチョコでコーティングしてあって色といいもちろん形といい、完全にタマゴ。

しかし何故カモメ?と疑問に思って誕生秘話を読みすすめてみたら、答えがありました。

海原をさっそうと飛んでゆくカモメの姿。三陸海岸を有する岩手県大船渡ならではの発想ですね。

 

かもめの玉子まっぷたつ・・・

せっかくなので水色のお皿にしてみた(笑)

 

材料から想像できる通り、甘~いお菓子です。でもカステラのおかげで口当たりは軽い♪

 

この、岩手銘菓のかもめの玉子に合わせるお茶は・・・?

 

・黄金桂(烏龍茶)

・蒙頂黄芽(黄茶)

・鳳凰水仙(烏龍茶)

 

明日は黄金桂からはじめます!

 

コメント

癒しとしての、お茶

2016-06-18 12:20:52 | 自主企画イベント-その他

今更言うまでもないですが、私はお菓子茶会という名のイベントを2ヶ月に1回開催しています。

なんだかんだで3年目。

趣旨は見ての通り、お菓子とお茶の相性探しを楽しむ茶会です。

言うなれば、嗜好品としてのお茶に特化した形。(って言ってものんびりしたもんですが)

 

でも、このお菓子茶会を続けていく中で、「お茶っていいね」という言葉や態度に幾度となく接してきました。

そこには美味しいお菓子とお茶を味わう『美味』=『いいね』もあれば、

お茶を飲む、ただそれだけでホッと『癒される』=『いいね』もありました。

 

お茶会以外でも、「まぁまぁお茶どうぞ」がどれほど人に作用するかをたくさん実感してきました。

お茶は私自身のコミュニケーションツールでもあります。

 

うまく言えないのですが、こういった癒しの側面を強く意識しているところに一つの機会が舞い降りました。

それが、先日開催の『えがおのがんカフェ×中国茶』です。(facebookでのみチラっと投稿)

 

現在さまざまな場所でがんカフェが開かれているのをご存知でしょうか。

ここは言うなればがん患者同士の情報交換の場。

主催者は様々ですのでがんカフェにもいろいろありますが、今回は頭頸部がん(=首から上のがん)患者のコミュニティカフェでのコラボとなりました。

 

2人に1人ががんと言われるこの時代、がんは珍しいものではないとはいえ、やはり同じような症状を持った仲間との交流はとても大切なんでしょうね。

皆さんイキイキとなさっていて、とても楽しそうでした。

 

お茶コラボは継続となりましたので、これからゆっくり皆さんとお茶を楽しみ、私もがんについてお勉強していきたいなと思います。

 

【がんカフェにてお出ししたお茶】

・貴妃烏龍茶/台湾(水出しの冷茶スタイル)

・八女茶/日本茶(新茶)

・杉林渓烏龍茶/台湾

 

 【最後にちょっと告知☆】

お菓子と合わせる中国茶・台湾茶 14 は、7/10(日)開催です!

詳細⇒http://blog.goo.ne.jp/reina3594/e/ef7e0768e798e92bb12ca87eb7df83df

コメント

【開催告知】お菓子と合わせる中国茶・台湾茶14 (2016年3回目)

2016-06-09 11:51:50 | 自主企画イベント-お菓子と合わせる

早くも次回のお知らせです。

遊びに来てくださる方大募集♪

お待ちしてます!

以下詳細です。

**********

 

お菓子もお茶もたくさんあって、
その組み合わせは無限大。

一人では見つけられないお茶とお菓子の法則を
みんなで探しながら美味しいものに舌鼓を打ったり
新しい発見をしたり、時には他愛無いお喋りを楽しんだり。

お菓子と合わせる中国茶・台湾茶と題したこのお茶会も
今年で3年目になります。

合わせるお茶は予め用意されているので、
中国茶はわからない!という方でも...
安心してご参加いただけます。
みんなで美味しい組み合わせを見つけましょう♪

『お菓子と合わせる中国茶・台湾茶14 (2016年3回目)』


<主催>れいな (中国政府認定 中級評茶員)
<場所>茶泉(小田急線・経堂駅から徒歩2分)
      http://www007.upp.so-net.ne.jp/chasen/

<日時>第 14回目:2016年7月10日(日)
① 13時~14時30分  
② 15時30分~17時
2か月に1回開催予定

<料金>お1人様 2000円

<7月のお菓子テーマ>7月22日は○○○の日!(予定)
お申し込みは、お菓子の準備の都合上7日前までにお願いします。

<お申し込み>
reina3594@mail.goo.ne.jp
または茶泉までTEL 03-3425-2635
(お名前、人数、連絡先をお知らせください)
 
ご参加お待ちしております!


コメント

【開催報告】お菓子と合わせる中国茶・台湾茶13 ご参加ありがとうございました

2016-06-04 12:34:56 | 自主企画イベント-お菓子と合わせる

5/21に開催したお茶会のレポです・・というには写真撮ってないしなんともさみしいブログ記事なんですが、

こないだのお菓子と合わせる中国茶・台湾茶13のテーマは『ういろう』でした。

ご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、京都では6月30日の夏越しの祓い(なごしのはらえ)で水無月というういろうを食べる習慣があります。

夏越しの祓い自体は京都の行事ということではなく全国的な神事ですが、あまり知られてないかもしれませんね。

※夏越しの祓い※

厄落としと無事を感謝する神事で年二回の大祓い(6月と12月)のうち、6月にやる大祓いのこと。

定められたのは701年の大宝律令だそうで、元々は名越しの祓いだったものが夏越しに変化。

↑後ろの小豆が載っているのが水無月。

下の白い台部分がういろうで、氷をイメージもの。その上に小豆を散らして魔除けの意味が込められているんだって。(豆=魔滅???)

水無月は仙太郎さんで購入しました。

&手前のういろうは山口県の御堀堂さんからお取り寄せ♪

わらび粉を用いる山口県のういろうはもっちりとして独特の触感です。

 

この二つをメインに4つのお茶を合わせまして、好きだ嫌いだホレたハレた・・・じゃなかった相性がいいとか良くないとか、参加者同士であれこれ独自目線で楽しんでいただきました。

今回のお茶会にもご新規さま2名、それから久しぶりにお会いする方が何人かいらしてくださいました^^

遠方より友来る、ですね(本気で遠いところにお住まいなのでなかなかお会いできない)

ここでの会話がきっかけで交流ができたりするのも主催者としては嬉しい限りです!

 

今回は茶会写真を撮るのを完全に忘れてしまいました

 

次回は7月10日(日)の開催です。

テーマのヒント:7月22日はナッツの日♪

 

開催告知はまた日を改めていたしますので、ひとまず予定空けといてくださいませ~

 

コメント