ふわり、お茶時間~お茶とともに~

月1カフェのお知らせと、ブログ企画の全国のお菓子と合わせる中国茶台湾茶の更新が主です。
お茶とお菓子、お茶と人。。。

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.25 福岡県 『二○加煎餅』 4.×東方美人

2015-02-26 14:35:46 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―九州

お菓子の説明はコチラ

金セン高山茶との結果はコチラ

小紅袍との結果はコチラ

では今月のラスト行きます!

東方美人♪

東方美人 読み方:トウホウビジン 産地:台湾(いろいろ) 分類:烏龍茶

今日も産地はいろいろ。でも東方美人はお茶の品種ではありません。一応の銘産地は桃園縣・新竹縣・苗栗縣。
近年は他の場所でも作ってるのです。台北縣の坪林・石碇とか。

そして本来は青心大有(*有の月部分の横線2本がないのが本当の字)という品種で作られますが、他の品種でも作られたりしていて、一口に東方美人と言っても様々なのが現状です。

ウンカという虫の力を借りて作られます。ウンカが吸汁することである成分が作られ、それが独特の甘みと香りの元となります。

香りの複雑さ、味の層の厚さ、非常にファンの多いお茶ですね^^

紅茶に近い発酵度と言われますが、お茶の水色はそんなに濃くありません。(濃いのは要注意、過発酵の疑いあり

で、結果:合わない。

東方美人の華やかさと二○加煎餅の素朴さはどうも合わないようです。

それぞれの美味しさは認めながらも受け入れたくないらしい、お互い(笑)

口の中でそれぞれが「こ、こいつやるな、だがしかし打ち解ける気はないぜ」と言うので落としどころが見つかりませんでした(笑)

 

今月の結論:人にオススメするレベルなら小紅袍。金センもダメじゃないけどあえてやらなくてもいいな^^;

 

おまけ。

こういう顔の煎餅もいますよ(笑)


来月のお菓子は山口県の源平夢巡り!お楽しみに!

コメント

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.25 福岡県 『二○加煎餅』 3.×小紅袍

2015-02-25 13:08:03 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―九州

お菓子の説明はコチラ

金セン高山茶との結果はコチラ

お次は小紅袍です。

うちはホントに写真撮るのに向いてない・・・暗いです、暗いですね。

照明買わないことにはホントアカンです(と言いながらいつ買うのだろうか)

小紅袍 読み方:ショウコウホウ 産地:福建省武夷山市 分類:烏龍茶(岩茶)

岩茶は何度も出ているので説明不要と思いますけど一応簡単に。

武夷山の岩肌に生育している茶樹の葉を用いて(岩茶製法で)作られた烏龍茶のこと。

その中でも四大名叢(←本当は木ヘンが付きます)と言われるのは
白鶏冠(はっけいかん)、大紅袍(だいこうほう)、水金亀(すいきんき)、鉄羅漢(てつらかん)
この4つです。

今日の小紅袍は四大名叢に入っていません。

また、大紅袍の挿し木から作られているが原木ではないのでこう呼んで区別してるという説や、実は全く別の品種から作られるが味わいが大紅袍に似ているからこう呼ばれるなんて説もあり、ややこしいです。

で、結局どっちが正しいの?という質問の答えは・・・

「わかりません、知りません」

です。はい、すみません。どなたかご教授を。

味わいの話をすると、大紅袍よりも余韻が柔らかいかなあと思います。

今回このお茶を選んだ理由はこの頼りない感想に尽きます・・・

大紅袍よりも余韻が強くなく、ふんわりとした喉越しのため素朴なお菓子には合うのではないかと思いました。

まぁ、とにかく結果ですが(←逃げた)

結果:そこそこ合う。

なんせ後味がいいです。予想通り、ふわりと柔らかくやわらかーく戻ってくるお茶の存在感(岩韻)が二○加煎餅と混じり合って、調和した味わいと香りを運んでくれます。

どちらが勝つということもなくちょうどいい。

昨日の金セン高山茶よりいいと思います♪

明日は東方美人と合わせます。

 

コメント

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.25 福岡県 『二○加煎餅』 2.×金セン高山茶

2015-02-24 14:30:00 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―九州

お菓子の説明はコチラ

サクサク行きましょう!

一つ目の合わせるお茶は金セン高山茶です。

 金セン高山茶 読み方:キンセンコウザンチャ 産地:台湾の・・・いろいろ(一応)

パッケージに金セン高山茶とだけ書いてあったので、産地はいろいろ、とします。

高山茶とは「だいたい海抜1000M以上の茶畑で育てられ、作られたお茶のこと」でありますので、山の名前がなければ産地は不明となります。

(金セン高山茶で一番産出量が多くて有名どころは阿里山)

 

金セン自体は茶葉の品種名ですので、このお茶は金セン種を使って作った高山茶ってことですね。

金セン自体が乳香と呼ばれる香りの出やすい品種の上、高山で作ると安定しない天気の影響やらなんやらでますますミルキーになりがち。

ちゅーわけで、湯を注ぐとけっこう乳香強いです。

この金セン高山茶は果たして二○加煎餅と合うのでしょうか?

 結果:金セン、敗北。

二○加煎餅の砂糖の甘さで金センのミルキーさが感じ取りにくくなりました。

ただ、お茶の強さは感じます。

しかし合うというほどではないなぁ。

明日は小紅袍と合わせます。

コメント

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.25 福岡県 にわかせんぺい本舗 東雲堂 『二○加煎餅』 1.菓子紹介

2015-02-23 23:26:58 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―九州

今回は、福岡の博多銘菓として有名、説明不要の二○加煎餅とお茶を合わせます!

でも、私がこのお菓子に出会ったのは、実は去年のこと。

茶友のお宅に遊びに行った時に出してもらったのが初対面(笑)です。

まずパッケージ写真から。

このインパクト!!!初対面って言いたくなるのもわかるでしょ?(笑)

ひっくり返すとこうなってます。

なんと派手派手しいお菓子箱なんでしょうか(笑) 

箱を開けると・・・
 

ほのぼのする絵と文が箱の裏に♪

二○加煎餅は小麦粉と卵、他に砂糖と胡麻、油が使われています。

サクサクっとした食感がとても楽しい、甘くて素朴なお菓子です。

歴史は遡ること約300年だそうですよ。

二○加の由来も面白いので気になる人はにわかせんぺい本舗 東雲堂さんのホームページをご覧になってくださいね。

*ところで、せんべいじゃなくてせんぺいなのね。(誤字ではありません)

 

インパクト大のお顔は一枚一枚に焼き付けてあります。

 

この歴史ある福岡博多の銘菓、二○加煎餅に合わせるお菓子は以下。

 

・金セン高山茶(烏龍茶)

・小紅袍(烏龍茶/岩茶)

・東方美人(烏龍茶)

明日は金セン高山茶から始めます!

コメント

お菓子と合わせる中国茶・台湾茶 7 参加ありがとうございました!

2015-02-16 23:26:30 | 自主企画イベント-お菓子と合わせる

昨日、お菓子と合わせる中国茶・台湾茶7回目(=2015年1回目)を開催しました。

今回は3ヶ月ぶりになりまして、年明け一発目だからか?いつもよりもご予約が多く、1部、2部ともにお席を2席ずつ増やしたのですが、それでもお断りになってしまった方々申しわけありません。。。

ぜひまた次回お待ちしてますので!

これにこりずにいらしていただけたら嬉しいです。

 

さてさーて、今回のテーマは『チョコレート』♪

まぁ、泣く子も黙る(?)バレンタイン翌日ですからね^^;

あえて全く関係ないものっていうのもアリなんですけど、今回は参加者さんからの「じゃあチョコですね!」に乗っかってみました

チュベ・ド・ショコラさんでハイビター400gを購入。

こちらでは純正クーベルチュールのみを使用されてるので、「どこの店の」という偏りがなく合わせられるんじゃないかなぁと思って選びました。

それにしても私の人生でこんなにチョコを買ったことはない(笑)

でもそれだけじゃつまらないかもと思って、ミルクとホワイトチョコ(こっちは明治製菓ですが)を用意し、合わせてみたい人は任意でやってもらいました。

強制にするには量がね。。。だいぶね。。。

 

・・・茶盤の下にタオルが敷いてあるのは水漏れするからです・・・。絵的に美しくなくてごめんなさい。

私がお茶を淹れ、皆さんには飲みまくっていただくスタイルは変わりませんが、少ーし手直しも致しました。

今までよりは時間に余裕が出たのではないかと思います。でもやってみたら問題点も出てきたので、もう少し様子を見てよりよい方法があれば変えていきますね!

今回は1部が女子オンリーの女子会、2部が男子5名+女性3名となりました。

男性が半数超えるとちょっと狭っちい感じがします(笑)いつもよりレイアウトはゆったり作っていたはずなんですが。

いつも通り、お茶ラインナップからお茶を複数セレクトしてもらい、結果、選ばれなかったお茶は各部ともに東方美人でした。いつもはバラけるんだけどな・・・ってことは用意した私のセレクトミスかも!?

まぁね、結論から申し上げまして、「チョコは手ごわいです」、ハイ。

「これとビターチョコはとても美味しい!」と思う組み合わせが個人的にあった方は何人かいらっしゃったようなのですが、全体的には、合うお茶はもれなく「合うけど平凡」判定が大半。そして票の集まらないお茶もバラけることなく、今回は1部も2部も結果はあまり大差ありませんでした。

ただ、結果が同じでもそこにたどり着くポイントが違うっていうか視点が違うっていうか?

複数人で集まってやってみるから気づくこと、はっきりすることがたくさんあります。

その上で組み合わせの好みに正解はありませんから「私はこれが美味しかった」と言いやすい。そのせいかわかりませんが、常連様になればなるほどリラックスモードも甚だしいのですがね(笑)それぞれのペースにあった参加の仕方で楽しんでいただければ幸いです。

ご参加の皆様、今回も本当にありがとうございました。

それから場所提供してくださってる茶泉さん、今年もお世話になりま~す!

感謝!!

 

あ、オマケ。

今回の箸休め菓子。

醤油味の煎り大豆&突然壊れてしまったオーブンで無理やり作ったお手製パセリクッキー

何故に今壊れるのだオーブンよ。。。 

 

次回の『お菓子と合わせる中国茶・台湾茶』は4月12日(日)に開催です☆

また会いましょう!

コメント

三国志フェス2015で買ったもの

2015-02-08 22:53:40 | ご依頼企画イベント・セミナー・茶会

フェス全体の話はコチラから。

私のブースの話はコチラから。

 

出店してるとなかなか他のブースを回れないものなんですが、途中Sさんに任せて逃亡しまして・・・(笑)

ぐるりと会場内を回ってゲットした三国志グッズはこちら♪

Cha-ngokushi(ちゃんごくし)さんブース

三国志八宝茶と馬超キーホルダー♪

祝融ブレンドの八宝茶はローズの香りとハイビスカスの酸味が利いています^^

ばちょーは何に付けようっかな~?

 

・「待てあわてるなこれは孔明の罠だ」直売所さんではこんなコースターを。

 

らしゃ華さんブースでは二つゲット

ハムスター関羽のポストカードとフェルトで出来た呂布さん(らしゃパオずシリーズ)

 

伏竜舎さんのブースでは羊羹を買ってみた。

伏竜舎さんの切絵パッケージに包まれた男前な羊羹(笑)

最後はその伏竜舎さんと記念写真

今回もたくさんのお客様に出会ってお茶を飲んでいただきました。

こんなに美味しいものなの!?っていう言葉が聞けるのが毎回とても嬉しいです。

そしていつも手伝ってくれるSさん、どうもありがとう~!お世話になりました!

終わってしまった三国志フェス2015。

その余韻に浸りつつ祝融八宝茶いただきます。

次回はブース出店だけじゃなくてステージで創作茶藝もやらせてもらえないかしら、などと早くも次回に向けてネタ仕込み中です。

実行委員の皆様ご一考くださいませ~

コメント

三国志フェス2015閉幕、壺中之天

2015-02-05 20:28:37 | ご依頼企画イベント・セミナー・茶会

フェス全体の話はコチラから。

そして、今年もうちのブース名は前回同様『壺中之天』。

百花繚乱とかつけてた時もあったんですけれど、今後はコチューノテンに落ち着きそうです。

ブース設え。

三国志だというのに台湾の客家花布を使用(苦笑)

けどそれと気づいた人はほとんどいないであろうと高を括ってるけど実際どうなんだ?

本来夏~秋に開催のフェスですが、今回は様々な事情から「旧正月の頃に」となりました。

なので、最初から設えは赤と決めていました。

ただし中国の正月といえば赤とか金とか派手派手しい(笑)のですが、そこはちょっと押さえました・・・。あのド派手さは清からだもんね。

それから今年のうちの目玉はこれっ!

毎回お手伝いをお願いしているSさんにも「ホントよくこういうの思いつくってか捻り出すよね」と褒められたのか呆れられたのかわからない言葉をいただきました(笑) 

これもキーワドは旧正月。

華佗茶の正体は、『屠蘇散+中国緑茶』!

正月に飲む『お屠蘇』の素、屠蘇散って三国時代の名医・華佗が調合したのは始まり(と言われている)って知ってました?

一年の災難厄除のために種々の薬草を調合したもの(屠蘇散)をお酒に浸して飲むもので、日本では平安初期に伝わったとされており、民間に広まるにつれて「福寿を招く」と正月の縁起物になったんですって。

・・・ちゅーわけでぇ。

もー華佗茶作るしかないっしょ。やるでしょコレ。

屠蘇散と中国緑茶の配分を決めるべく何度も調合してるうちに気分もすっかり華佗さまになり(笑)

そしてやるとなったらビジュアルも大事。

一個一個、薬包のように手作業で包みました。

おかげさまで予想以上のお客様に好評で、終わった時には66個あった屠蘇茶は12個まで減っていました。

美味しいといってくださった皆様、面白いと食いついてくださったそこのアナタ、斬新wと微妙に引いてたそこのアナタもありがとうございました!

↓お昼ごはんに食べた、台湾坦々麺♪

どこらへんが『台湾』なのだろう。。。とちょっと思ったり思わなかったり(笑)

でも美味でした♪

 

明日はついでに『戦利品』の数々もアップしちゃおっかな!

 

 

 
コメント

三国志フェス2015、閉幕

2015-02-04 18:17:06 | ご依頼企画イベント・セミナー・茶会

今回で4回目の三国志フェスが終了しました。

(ミニフェスも入れたら5回か?)

私は2回目から出展(出店?)しておりますが、有志のイベントとは思えない発展ぶりに驚いています。

↓開場を待つ人の列

↓開場前に撮った黄河ステージ

会場前なのでがらんとしてますが、始まったら超満員になってました!

今年はついに中国大使館の文化部まで後援になりまして、より一層実行委員の掲げる『日中文化交流』が進んで行っているものと思われます。

私は実行委員ではありませんが、たまたま実行委員長(=大都督と呼んでおります)との出会いがあり、以後のお付き合いをさせていただいてます。

大きくなることは嬉しいこと。

でも、それだけではないと思われる苦労や様々な問題に向き合って、忙しい中運営されている実行委員の皆様には本当に頭が下がります。

三国志フェス全体についてはそんなことを思いながら今年も参加致しました^^

 

そして、今年もうちのブース名は前回同様『壺中之天』。

長くなりそうなので壺中之天についてはまた改めて~。

コメント