お茶とともに。

お茶(主に中国茶)とお菓子、食べ物、人の繋がり。(旧タイトル:お茶とお菓子の玉手箱)

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.17 鳥取県 亀甲や 『二十世紀』 4.×九曲紅梅

2014-06-24 16:00:56 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―中国

お菓子の紹介はコチラ

阿里山高山茶との結果はコチラ

ロウ山茶との結果はコチラ

最後は~、先月に引き続き登場♪ 九曲紅梅!

お茶の説明は先月のページでご確認をお願いします。

選んだ理由は簡単、梨と梅の競演を試してみたかった♪

・・・って梅はお茶の名前に入ってるだけですが・・・梅っぽい香りもするから!

 

合わせた結果はどうなったかな?

結果:とっても合う!!

ものすごい果実感

冗談で梨と梅の競演をとか言いましたが、結果はたいへん満足なものでした。

本物の果実じゃないけどさー。二十世紀の甘味がドドーンとやってきました(笑)

というわけで、今月の結論^^

さっぱりすがすがしく楽しみたいなら、阿里山高山茶。

果実のジューシーさを味わいたいなら九曲紅梅との組み合わせが私のオススメです。

ロウ山茶も、悪くはないけどね。この二つに比べると弱いかな。

 

今月もお付き合いいただきありがとうございました!

来月は、大分県の『ざびえる』をテーマにアップします

 

【告知】7月13日(日)はリアル版『お菓子と合わせる中国茶・台湾茶4』開催日です。

気になったかた、この日はお菓子とお茶を楽しみにいらしてください

お申し込み、お待ちしてます^^

コメント

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.17 鳥取県 亀甲や 『二十世紀』 3.×ロウ山茶

2014-06-23 21:12:56 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―中国

お菓子の紹介はコチラ

阿里山高山茶との結果はコチラ

今日のお茶はロウ山茶。

ロウ山茶(緑茶) 読み方:ロウザンチャ 産地:中国山東省青島

*ロウはもちろん漢字ですが、日本の字にはないので・・・。

 

さてはて、このロウ山茶、今回のはいただきものですが、

ずいぶん前に青島へ行った時に自分で買ったことがあり、けっこうお気に入りでした。

中国緑茶の一つですが、日本茶にも近い味わい。(釜炒りだけどね)

ちょっとここで使うにはマイナーかなと思ったのですが、他の緑茶に比べて存在感があるので合うかもしれないなと直感で選んでしまいました^^;

これを、鳥取県の『二十世紀』に合わせますと・・・?

結果:悪くない

すっきりさを際立たせるため高温で淹れました。

一緒に口に含んでもお茶の味・香りが感じられ、融合はしてないのですがそれぞれ独立した状態でも喧嘩にならずに楽しめました~!

ただ、ロウ山茶を濃くしない方がいいかな。。。

やっぱり昨日の阿里山がベスト?

明日は九曲紅梅と合わせます。

 

【告知】7月13日(日)はリアル版『お菓子と合わせる中国茶・台湾茶4』開催日です。

気になったかた、この日はお菓子とお茶を楽しみにいらしてください

お申し込み、お待ちしてます^^

コメント

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.17 鳥取県 亀甲や 『二十世紀』 2.×阿里山高山茶

2014-06-22 17:42:03 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―中国

お菓子の紹介はコチラ

今日の合わせるお茶は阿里山高山茶です。

お茶の説明は過去の紹介ページより参照お願いします^^♪

*ただし、今回のはしっかりと爽やかな高山気を感じさせるタイプです。

 

阿里山はなかなか万能なので今回も期待大です。

さっそく合わせてみましょうね~。

結果:合う

阿里山の高山気のすがすがしさ、二十世紀のジューシーさがとても合います。

お菓子だけだとかなり甘く、個人的にはちょっと閉口ぎみだったのですが・・・お茶と合わせるとちょうど良い甘さに変化しました。

出だしは好調、明日に期待!です!

明日はロウ山茶(緑茶)!お楽しみに

7月13日(日)はリアル版『お菓子と合わせる中国茶・台湾茶4』開催日です。

気になったかた、この日はお菓子とお茶を楽しみにいらしてください

お申し込み、お待ちしてます^^

コメント

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.17 鳥取県 亀甲や 『二十世紀』 1.菓子紹介

2014-06-21 19:31:20 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―中国

今月のブログ月一企画『全国のお菓子×中国茶・台湾茶』、

とりあげるお菓子は鳥取県の『二十世紀』です。

こちらは新橋にある鳥取アンテナショップで購入しました。

まずはお菓子の紹介です^^

 

ちと光が当たってしまいました

箱を開けると↓

今度は暗い・・・申し訳ない。

買った時は中身ははっきりとはわからなかったのですが、島根の二十世紀梨は有名ですし、ドライフルーツかな?と思ったのですが・・・違いました

亀甲やさんの説明書によると、

『「銘菓・二十世紀」は二十世紀梨をそっくり輪切りにした姿を水飴地に、梨の肌の艶をもたせ、芯の形を打ち抜いたお菓子です』とのこと。

また、『皆様にこの鳥取名産・二十世紀梨をひろく紹介するために、本舗は独特の秘法と精選した材料によって、銘菓「二十世紀梨」を大正十一年より謹製いたしております』

と書いてありました。

詳しくはコチラのページへどうぞ。

一つ食べてみると、とっても甘くて柔らかい!

ものすごく果汁のみずみずしさが表現されています。

この鳥取県のお菓子『二十世紀』にはなんのお茶が合うかしら?

 

・・・考え中、考え中。

 

では、これで!

・阿里山高山茶(烏龍茶・青茶)

・ロウ山茶(緑茶)

・九曲紅梅(紅茶)

 

明日は阿里山高山茶から始めます。

お楽しみに!

 

7月13日(日)はリアル版『お菓子と合わせる中国茶・台湾茶4』開催日です。

気になったかた、この日はお菓子とお茶を楽しみにいらしてください

お待ちしてます^^

コメント

【開催告知】お菓子と合わせる中国茶・台湾茶4 7月13日(日)開催

2014-06-21 00:10:11 | 自主企画イベント-お菓子と合わせる
おかげさまで4回目!今度は7月13日(日)にやりますよ~!
 
*****
クッキー、シュークリーム、大福にどら焼き。。。
あなたの好きなお菓子はなんですか?

お菓子を食べるだけでも幸せだけど、そのお菓子をもっと美味しくいただけるお茶を見つけられたらさらに美味しい時間を過ごせると思いませんか。

『お菓子と合わせる中国茶・台湾茶』は、テーマに沿ったお菓子を選び、そのお菓子と様々な中国茶や台湾茶を合わせて参加者全員で合うもの選びをしていくイベントです。

なんか面白そうだけど、中国茶とかよくわからない・・・という方もご心配なく。
合わせるお茶は予め用意されているので、その中から選べます。
もちろん自分で好きなものを選ぶもよし。
美味しい組み合わせをみつけましょう♪




<過去の開催の様子>
1回目の様子(田重菓子舗の駒まんぢう)
http://blog.goo.ne.jp/reina3594/e/7b2e6466d2354eed767a7920cf224d9e

2回目の様子(銀のぶどうの桜モンブラン)
http://blog.goo.ne.jp/reina3594/e/dbbdd5c210814375f8a0007ac1343f25

3回目の様子(和菓子司幸成堂のちまき)
http://blog.goo.ne.jp/reina3594/e/27e7eb17728302542aa04e7b24e9fbda

<日時>2014年7月13日(日) 
      ①13時00分~14時30分 残り4席(6/21 更新)
      ②15時30分~17時00分 残り5席(6/21 更新)
<料金>お1人様 1500円
<テーマ>夏 または 七夕
<申し込み先> reina3594@mail.goo.ne.jp
           または茶泉 03-3425-2635
           *氏名・人数・連絡先をお知らせください
           *各回6名まで
コメント

びっくり茶会2014 今回も楽しい一日となりました!

2014-06-16 22:14:34 | ご依頼企画イベント・セミナー・茶会

昨日は『びっくり茶会2014』が、世田谷観音で開催の日でした。

たくさん出店されていて、神奈川の足柄茶をはじめとする日本茶、中国茶屋、ハーブ屋、茶器屋、おまけにカフェまで!

境内は大賑わい♪

で・・・アナタはどこにいるの?と、友人に質問をいただきましたが、私はこちらの境内ではなく

敷地内にある代官屋敷の土間にてお茶席を担当してました。

お茶席は全部で4つ、主催者鎌形さんの発案で、行雲流水の四文字熟語をそれぞれの茶席の名前に当てました。

つまり、【行】の茶席、 【雲】の茶席、 【流】の茶席 【水】の茶席、の4つです。

二人ペアで一つの茶席を受け持つ形となりまして、今回私が組ませてもらった方はYさんという笑顔のとても素敵な女性でした。

この方、実は去年三木さんと私で開催した『日本茶と中国茶の世界をのぞいてみよう会』にいらしてくださった方です。嬉しい再会!!

その三木さんが、開始早々にちょっとだけ顔出してくださいました。

で、写真掲載、顔出しOKとのことなので、そのまま写真掲載させてもらいますm(- -)m

びっくり茶会の文字が入った写真がこれだけだった

暑い中黒のチャイナドレスを着てますが、これも一応茶席の【行雲流水】に引っ掛けて。。。

*修行僧=雲水

さて、準備段階から楽しみにしていたお茶席はこんな感じになりました。

茶席の設えはYさんにほとんどお任せ状態。お世話になりましたm(- -)m

お茶席は1部、2部で茶譜も変えたのですが、1部しか写真を撮っておりません。。。

各回ともに最初の緑茶は前日仕込んだ水出しで。

暑かったですからね^^;まずはひんやりした一杯をお楽しみいただきました。

このびっくり茶会はその場でくじを引いて座るシステムなのでどこに当たるか直前までわからないのですが(それがびっくり茶会の名の由来です)、見事に(?)うちのお席を引き当てたKさん。

そして同席の女性がやっぱりどこかでお見かけしたような?と思ったら、2月の横浜でやったティーポートタウンにて私のセミナーにいらしてくださった方でした。

しかもその時Kさんと同席だったと。

あれ?くじ引きだよね?(笑)

土間は人でいっぱい。ちょっと無理やりなお席もあったかと思いますが、皆さん譲り合って座ってらしゃいました。

結局びっくり茶会全体の雰囲気は殆どわからず仕舞い(どころか、他のお茶席の様子もわからず仕舞い)でしたが、お暑い中たくさんの方がいらしてくださったようです。

個人的に一番びっくりだったのは、普段茶畑でお世話になっている地域の支部長さん(というのかしら?)がいらしていたこと。

お互いに「あれっ!?」となりました。まさか茶畑以外で合うとは!

雰囲気変わりますね~って言われましたが、そりゃ、茶畑では足元長靴だし、ほっかむりして首からタオル下げたスタイルしか見たことないですからね。

突然チャイナドレスじゃ驚きますよね。ほぼ別人だもの^^;

 

さてはて、行雲流水を感じ取れるお茶席ができたでしょうか?

まだまだ修行中の私にはピッタリのお題でした。

行雲流水ときたら、次は聖胎長養の茶席でしょうか。

その時に脱落していないよう、今日からまた修行の積み重ねです。

主催者の鎌形さん、茶席をご一緒してくさったYさんはじめ、淹れ手の皆様、ご来場いただいたお客様がた、そして世田谷観音の関係者の皆様、

また一つ素敵な経験をさせていただきました!

本当に本当にありがとうございました。

 

次は・・・7月13日(日)『お菓子と合わせる中国茶・台湾茶 4』でお会いしましょう!

*近日イベント内容等、詳細アップします。

コメント

ビックリ茶会2014は今週日曜日(6月15日)ですよ☆

2014-06-12 21:52:27 | ご依頼企画イベント・セミナー・茶会

皆さんこのペットボトル見たことありますか?

一回見たら忘れられない、印象深いデザインのペットボトル(と言ってもアルミ缶ですが)。

これ、足柄茶のペットボトルなんですよ。

見た目からして、そんじょそこいらの簡易なお茶飲料とは一線を画していますが、お味もしっかり一線を画しています。

急須で淹れたてのお茶にはやっぱり及ばないけど、なかなか美味しい日本茶だなと思いました。

どこかで見かけたら買ってみてね(足柄にお住まいの方ならそんなに珍しくはないんでそうけど)

さて、今週末開催のビックリ茶会には、『早川博子先生と足柄茶ラボ』という名前でこの足柄茶が登場します。

今までも何度か開催されてきてビックリ茶会ですが、今回はたくさんの御茶屋さんはもちろんのこと、他にもシフォンケーキのお店や雑貨屋さんも出店しますヨ!

私は相変わらず茶席の担当ですが、そちらは事前予約が必要でして。。。すでに満員とのこと。(茶席は四つあるそうです)

ビックリ茶会はその場でくじ引きして座れる茶席が決まるので、予約しててもどこの席に当たるかはわからない!それがビックリという名の由来。

茶席担当のこちらもどなたがお座りになるかわからないのでけっこうドキドキします(笑)

でも楽しみだな♪

開催場所は世田谷観音になります。

最寄駅は田園都市線の三軒茶屋、あるいは東横線の祐天寺・・・から、バスが出ています。

三軒茶屋からは目黒行きに乗車、祐天寺からは三軒茶屋行きに乗車で『世田谷観音』バス停で下車。

たぶんどちらからも10~15分くらいで着くと思いますが、うろ覚え。。。ゴメンナサイ。

ビックリ茶会の会場は入場無料です。

お時間ありましたら、15日は世田谷観音へおでかけくださいね^^

お待ちしています!

・・・あ、ご来場の方々に守っていただきたいことが2つだけあります。

一つ、敷居を踏まないこと。

二つ、敷地内では知らない人にもきちんと挨拶すること。

これを守らないとたいへんなことになるかも?(笑)

心して、おいでください

コメント

チーズと合わせる中国茶・台湾茶 2 終了しました

2014-06-10 00:05:47 | 自主企画イベントーチーズと合わせる

一昨日昨日、さらに今日と雨続き。

そんな週末でしたが6月8日、日曜日に『チーズと合わせる中国茶・台湾茶 2』を開催致しました。

今回は出足が鈍く、満席になるやらならないやら?ちょっとドキドキしましたが、

最終的には12名満席となりました。(1部6名×2回)

そして今回は何より遠方からの参加者様が数名いらしたことがとても嬉しかったです。

大阪、愛知、そして鹿児島(!?)

鹿児島の方はちょうどこちらに出張でいらしていて、滞在期間中のイベントだったのでいらしてくださったそうですけどね♪

でも、そんなお仕事での上京の中わざわざお申し込みいただき来てくださったこと、とても嬉しいです。ありがとうございました! 

 

2度目の今回は旬のチーズ『シェーブル』をピックアップしました。

チーズにも旬があるってことを、私もつい最近まで知らなかったのですが理由を聞いて納得しました。

シェーブルチーズ=山羊乳のチーズなのですが、山羊の出産は一年に一度、春先だけ。

そのため乳が出るのは春~秋なんだそうです。で、その採れたての乳で作るのがシェーブルの旬のチーズ、というわけ。

春はフレッシュな若草を食べているためとても栄養価が高く、良質のチーズになるのだとか。

・・・ということをチーズの本を読んで知識として得たのですが、やっぱり食べてみないことにはねぇ?

イベント用に用意したのはフランスのサントモール・ド・トゥーレーヌ。

その熟成期間が違うものを2つでした。

左が熟成期間約3週間のもの。

右は約8週間のもの。

元は同じ大きさで作られますが、熟成が進み水分が減って一回り小さいなっています。

真ん中に一本藁を通して作るのが特徴で、これは形成しやすいようにということと、真ん中に空気を通すという役目があるんだそうです。

断面はこんな感じ↓

全然違いますね。

熟成の浅い方は外側を一緒に食べてもさほど味に変化はありませんが、

進んだ方はカビの辛味がバーン!と来ます。食べてみたい人は止めないが(笑)

ちなみに黒いのはカビではなく、木炭の粒子を酸化防止などの意味でふってあります。 

 

これに参加者一人ひとつずつのお茶をリストから選んでもらって私が淹れていくのは、お菓子のイベントと同じです。

チーズを食べてもらってしばらく考えてもらいます・・・。

熟成の浅いものはシェーブル特有の酸味が爽やかに口に残りますが、熟成が長いものは、とても味が濃くなります。口当たりはほくほくした栗みたい。

(私は「栗だけどものすごい椎茸!」と思いました笑 他に木のようだとかいろいろ表現がでましたが、チーズの資格をお持ちのKさんは「ナッティー」(ナッツ)と表現されていました)

では合わせてみましょうか!

相変わらず設え全然してないの丸わかり(^^;

エライ雑多な感じですが、きちんと設えておもてなし茶席の時はそれはそれでやりますよ?w

ケース バイ ケース です!(ホントかな。。。)

*余談ですが、15日に世田谷観音でビックリ茶会がまた開催されます。そちらでは『お茶席』を担当致しますよん♪

6名がそれぞれ選んだお茶を怒涛のように淹れてみんなでシェアして飲みまくり^^

お茶美味しい~とお茶が聞いたら喜ぶコメントもいただきましたが、皆さん、お茶ばかり飲んでないでチーズとも合わせてねw

これは陳年の君山銀針。

苦手な方も多い、いわゆる黄茶のジャンルに属するお茶ですが、この陳年君山銀針は私個人としてもたいへん美味しく感じています。

陳年とは少し寝かせておいたお茶に用いる表現で、ようは作りたて新茶ではなく、少なくとも5年以上は経過してるってことです。

新茶よりも角が取れて優しくまあるいお味に変化しています。

1部で表を集めたのはこの君山銀針で、熟成3週間も8週間もけっこう合うという意見が3名いらっしゃいました。反面、2部ではいまいち振るわなかったんだけど)

その他、1部2部ともに物議を醸した雲南緑茶とか、いろいろ(笑)

結果はともかく、自分がこれがいいと思った!というものを見つける過程を楽しんでいただくものなので、あえて事前にテイスティングして「合わない」と思ったものもリストに加えました。

でもなんだか私が思ったほど「合わない!」というリアクションがなかったので、ネタを仕込むのもまた難しいもんだと思いましたよ・・・

嗜好品の面白い一面でもあり、難しい一面でもありますね。

 

そして真剣勝負(?)を終えたところで、Kさんからの差し入れが!

ブリア・サヴァランのジンジャーまぶし。

このジンジャーが蜜漬けになっているようで、とっても甘い、デザートチーズでした。

ブリア・サヴァラン自体乳脂肪分75%の濃厚さとバターのようなコクがあり、完全にチーズケーキですよこれは。

最後の口直しも堪能していただき、各回ともに閉幕となりました。

まぁ正直言うと、お茶と合わせるにはシェーブルはなかなか手強いです。

どれと合わせても、全体傾向としてチーズが勝ってしまう感じ。もちろん参加者それぞれなので「これと合わせると美味しい」というのはいくつかありましたけどもね。 

お手伝いを申し出てくださいましたKさん、写真を提供してくださったIさん、ありがとうございました!

そして参加者の皆様もお疲れ様でした~^^

次回の開催は9月下旬~10月上旬を予定しております。

お時間がありましたらまたお越しくださいませ!

 

*チーズイベントの姉妹版(?)『お菓子と合わせる中国茶・台湾茶 4』は7月13日開催です。
詳細は近日中にアップします! 

コメント

茶泉出店 at 2014京都吉田山大茶会

2014-06-06 21:11:02 | ご依頼企画イベント・セミナー・茶会

5月31日と6月1日の土日に、京都吉田山大茶会がありました。

いつもお世話になっている茶泉さんが出店されているのですが、今年は私もお手伝いに行ってきました~!

本当は去年も手伝いに行く話があったのですけれども、どうしても日程の調整つかずで不参加・・・。その前の年は「今年売り上げが良かったら来年連れてく!」ということで、最初からお見送り(笑)

満を持して(?)今年こそ吉田山に!

・・・が、世の中そう甘くなく、今年頭には「日程的によほどのことがなければ大丈夫」と思っていたとある仕事がわざわざ、わ・ざ・わ・ざ!5月31日に変更になりまして・・・

なんでだよぅ~!!!

そういうわけで一日だけの手伝いだったのですが、実にたくさんの出会いと発見がありました。

まぁ、一番身をもって学んだのは「6月の京都は暑い」ということなんですが(笑)

毎年梅雨の時期に重なり雨模様の多かったこのイベントですが、今年はめちゃくちゃいい天気!

いい天気・・・いい天気いい天気いい天気あついあついあづい

吉田山大茶会は吉田神社の境内で行われるため、つまりは屋外。それぞれの店舗ごとにテントを張っているので直射日光ジリジリではありませんが、だんだん上昇する気温とずれる太陽の位置によりテント内の気温も上昇、天気が良すぎるのもまた考え物ですね。

日本中国茶普及協会も関西方面の方々がお茶席をされていましたよ♪

さて余談が長くなりましたが

去年に続き今年も茶泉ブースは台湾茶師・浦山尚弥さん押しで、浦山さん自らの無料試飲茶席と茶葉販売でした。

ぐるりと境内回って何箇所かご挨拶した後は、私は午前中は茶葉販売要員、午後からは茶席でお茶淹れ要員。

ま、とりあえず仕事に入る前に写真撮っとこうかね。

浦山さんのお茶席進行中。

午前中、浦山さんご自身でお茶を淹れて解説して・・・とお一人で進めていましたが、一席30分で途切れなく休みなく次が始まり・・・のループは、やっぱり見ていてもけっこう大変そう^^;

分業で進めた方が当然効率もいいですし、午後は、浦山さんが解説をし、私が失礼して淹れ手をやるという形で進めていきました♪

浦山さんが解説して、私が淹れるというパターン自体はこれで二度目となります。

一回目は去年の『地球に優しい中国茶交流会』(通称エコ茶会)に於いて、やはり茶泉ブースで同じようにご一緒しました。

・・・しましたが、今回と前回で圧倒的に違うことがありまして・・・。

浦山さんが真横にΣ( ̄□ ̄;)

エコ茶会はブースの後方隅っこで孤独に淹れてれば良かったんですが、今回は真横に座ってお茶淹れです。ひぃ。。。

午後の4回(1回30分、2種類それぞれ2煎)を手伝いお役ご免。

なんだかんだ言ってとても楽しかった~^^

一日だけの参加でしたが良い経験ができました。

ちょっと残念なのは、他をゆっくり回る時間がなかったこと。

久しぶりの再会を楽しみにしていたISO茶房さんには、茶席の予約をしながら行かれなくなるというご迷惑をおかけしてしまいました。

次回京都に行ったら改めてお店に伺いたいと思います。

逆に良かったことは、ずっとお名前だけ存じ上げていてやり取りもしたことがあるのに会ったことがなかった方々にもお会いできました。地方の茶友とも会えたし、いろいろてんこ盛りでしたね。

でもやっぱり1日だけは短いわ。。。

終了後、茶泉さんの知ってるお店で打ち上げしようと向かったのですが途中でわからなくなり(笑)昔ながらのビヤホールみたいなとこで軽くお酒を飲みつつ打ち上げ☆

茶泉さん、浦山さん、お疲れ様でした!&ありがとうございました!

またご一緒する機会がありますように^^

 

今回は旅行記番外編があるかしら?良かったら皆様楽しみにしててください^^ 

コメント

今年の一番茶!

2014-06-05 22:23:39 | 中国茶

3週間くらい前の話ですが、お世話になってる茶畑の一番茶出荷を手伝ってきました。

きれいだなぁ~^^

なんて言ってられるのもつかの間、これを機械でがーっと摘みます。機械も重いが摘んだ茶葉の入っている袋も重い。

だいたい一袋5~6kgになり、それを車に積むのは大変な作業。。。

しかも車が茶畑のすぐ近くまで入ってこれるところはまだしも、途中までしか車で来れないようなところのは茶畑から車まで何往復も茶葉を運びます。

そして出荷。

地域の工場に持っていって買ってもらい、そこで煎茶に加工されます。

私はこの日の報酬に、作業後手摘みで生葉をいただきました。

で、帰ってきて作ったのがコレ☆

 

今年の手作り一番茶♪

淹れてみました。

茶杯に注いだお茶。うん、澄んでいます♪

スッキリ甘くてフラワリーな微萎凋釜炒り茶♪ 

 

今年はまだこの一回しか作れていません。

さて次はいつになるかな。。。 

今週末8日は『チーズと合わせる中国茶・台湾茶 2』やります。

1部は満席!2部はあと1席残っています。滑り込み予約お待ちしてマス(笑)

 

*先週末の京都吉田山大茶会のことも近々アップしますよ!

*6月15日(日)は世田谷観音でお茶のイベントがありますよ!いろいろなお店が出店されます。私はお茶席担当で参加します。お茶に興味のある方はどうぞ遊びに来てくださいね!入場無料です。 

 

コメント