ふわり、お茶時間~お茶とともに~

月1カフェのお知らせと、ブログ企画の全国のお菓子と合わせる中国茶台湾茶の更新が主です。
お茶とお菓子、お茶と人。。。

四国のお茶を訪ねて。~発酵茶の旅 番外編その3 自家製阿波晩茶もどき

2013-12-30 17:25:25 | 国内旅行 13.07.28-29 徳島・高知 発酵茶旅

自家製阿波晩茶を試飲。。。ドキドキ

3日天日干しした茶葉

淹れてみました。

色も香りも青いんだなぁ(だんだん期待薄)

飲んでみました。

・・・おおぅ、エグイ

きちんと嫌気発酵はできていたようで、蓋を開けても黴はいませんでした。

酸味もちゃんとあるね。

でも、エグイもあるんだよね・・・

とりあえず寝かしておいて青みが落ち着いた頃またチャレンジしてみよう。

(頑張って)3煎飲んだ後の茶殻。

擦り揉み足りてないわねこりゃ!

 

旅の本編☆

 序章 その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8

番外編その1 番外編その2

これにて四国のお茶を訪ねて。~黒茶の旅は終了です。

なんとか年内に全部アップできました。

12月はいろいろとお茶のこともあれこれ活動してたのですが(ライブステージで茶藝披露したり、チーズの○○に協力したり)そういうことの報告ブログは年明けに!

皆様今年一年お世話になりました、よいお年を!

 

コメント

四国のお茶を訪ねて。~発酵茶の旅 番外編その2 自家製阿波晩茶?

2013-12-27 22:41:31 | 国内旅行 13.07.28-29 徳島・高知 発酵茶旅

せっかく四国に行って阿波晩茶の製茶を見たので(碁石茶も見たけど)、帰って後茶畑へ行った時に自家製阿波晩茶(!?)に挑戦しました。

ほとんどの茶葉は紅茶作りにまわしたので量は少ないんだけど。

茹でて↑擦り揉みして↓

ボウルに一杯分。

樽に見立てたタッパーに詰めて、搗いて、上から密封して(サランラップですが。。。)

蓋してこのまま3週間後。

天日干し中

 

どうなることやら?

 

味見の話はまた次回!

旅の本編☆

 序章 その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8

番外編その1

 

コメント

四国のお茶を訪ねて。~発酵茶の旅 番外編その1 阿波晩茶アイス

2013-12-27 00:07:26 | 国内旅行 13.07.28-29 徳島・高知 発酵茶旅

移動中、みちの駅(なのかな?)で阿波晩茶のアイス発見!

阿波晩茶以外もすっごく魅力的。。。

どれも食べてみたいけれど。

ここはやっぱり阿波晩茶でしょ!

味?

しっかりと阿波晩茶味でしたよ!Σ(・ω・ノ)ノ

 

旅の本編☆

 序章 その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8

コメント

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.11 大阪府『かきたねキッチン 柿のたね』 4.×プーアル茶頭

2013-12-24 20:36:37 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―近畿

お菓子の説明はコチラ

翠玉との結果はコチラ

東方美人との結果はコチラ

今月最後(年内最後)のお茶はプーアル茶。

正しくはプーアル茶頭。

固まり。

です。

プーアル茶頭 読み方:プーアルチャトウ 産地:雲南省

プーアル茶とどう違うのよ?って思うよね。

茶頭はプーアル熟茶を作る際、渥堆という工程を経て作ります。

この握堆の際、茶葉をひっくり返すのですが、その時に茶葉同士がくっついて固まりになった部分、それが茶頭。

くっついやすい=比較的水分含有量が多く、柔らかい部分=芽が多い

のだそうで、非常にまろやかで優しい味です。

その代わり、なかなかほぐれず抽出されにくいというデメリットもあるようですけれど、そこは手で割るとかほぐすとかすれば(と、某プーアル茶屋さんがおっしゃっていた) 

さて、まぁそのプーアル茶頭と合わせて今月の企画は終了です。

他のと同じく、まずは贅沢チーズと。

結果:合う

チーズとの相性は良い。期待を裏切らない安定感でした。落ち着いた組み合わせね!

続いて山椒とたまり醤油合わせと。

結果:合わない

たまり醤油とは表面上うまくやっていけそうだけど、腹の探り合いをしている間柄

こりゃアカンわ・・・。

 

ではまとめ。

贅沢チーズとプーアル茶頭はおしどり夫婦。東方美人ともモノによっては悪くなさそう。

でも、山椒と醤油たまり合わせの方はオレサマな感じでこれという組み合わせが見つかりませんでした。

山椒は難しいなぁ。

機会があればお茶を変えて再挑戦してみたいです。

 

来年一発目は山形県『清川屋のだだちゃ豆入りオランダせんべい』いきますよ♪

(1/24 訂正:だだちゃ豆入りオランダせんべいは、清川屋さんと坂田米菓さんの共同開発商品でした!ごめんなさい!

お楽しみに~^^

 

☆お知らせ☆

こんな感じでお菓子とお茶を合わせて楽しみましょうよ!というイベントを年明けにやります。

詳しくはコチラから。ご参加お待ちしてまーす

コメント

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.11 大阪府『かきたねキッチン 柿のたね』 3.×東方美人

2013-12-23 17:04:00 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―近畿

お菓子の説明はコチラ

翠玉との結果はコチラ

二つ目は東方美人と合わせます。

 

東方美人 読み方:トウホウビジン 産地:台湾(いろいろ)

今日も産地はいろいろ。でも東方美人はお茶の品種ではありません。一応の銘産地は桃園縣・新竹縣・苗栗縣・・・なのですが。
近年は他の場所でも作ってるのです。台北縣の坪林・石碇とかね。
ついでにいうと、本来は青心大有(*有の月部分の横線2本がないのが本当の字)という品種で作られますが、他の品種でも作られたりしていて、一口に東方美人と言っても様々なのが現状です。

今回の東方美人は、坪林産で青心大有と青心烏龍のブレンドです。

ちょっとさっぱりしてるタイプです。ふんわり穏かな美人さん♪

これも濃い目に淹れまして・・・。

合わせてみます。

 

贅沢チーズとの結果は?

結果:まぁまぁ合う。

チーズのコクと塩気、東方美人の濃い蜂蜜のような味わいの相性は良い。でも、できたらもうちょっと東方美人の存在感が欲しいところ。青心大有100%の東方美人なら合うかもなぁ。在庫がなくて残念

 

山椒とたまり醤油合わせとはどうだろう?

結果:ナシ

山椒は難しい・・・東方美人も、昨日の翠玉と同じくどこかへ行ってしまいました

今回のカギは山椒ね。

 

明日はプーアル茶頭と合わせます。

コメント

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.11 大阪府『かきたねキッチン 柿のたね』 2.×翠玉

2013-12-22 15:27:02 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―近畿

今月のお菓子、大阪府『かきたねキッチン 柿のたね』(お菓子の説明はコチラから)

今回は2種類いただきましたが、濃厚なコクの贅沢チーズ(以下、贅沢チーズ)と、

七味屋本舗製山椒とたまり醤油合わせ(以下、山椒とたまり醤油合わせ)

それぞれどちらも味が濃いので

お茶も濃く淹れました。

最初は翠玉から合わせてみます!

翠玉(分類:青茶/烏龍茶) 読み方:スイギョク 産地:台湾(いろいろ)

何故産地が(いろいろ)なのかと言いますと、この翠玉というのは茶業改良場が作りだした台茶十三号というお茶の品種に付いてる名前でありまして、商品名とはちょっと違う。

なので、産地がいろいろというわけ。

香りは玉蘭を思わせるっていうけど玉蘭の香りを嗅いだことのある人ってあまりいないんじゃ?

系統的には茉莉花(ジャスミン)ぽい香りでしょうかねぇ。

さっぱりしたタイプの烏龍茶ですが、濃い目に淹れたので味もしっかりしてます。

先に贅沢チーズからいこか。

モグモグ&ゴクゴク

結果:合う

チーズの後味に深みが出ました。でもしつこくなく流してくれる感じが好印象。

鼻に抜ける香りはチーズもあり翠玉もあり。でもイヤな分離はしていませんでした。

 

次に山椒とたまり醤油合わせと組み合わせると・・・?

結果:合わない

やたら山椒の存在が強くなってしまって、翠玉がよくわからない。醤油とも混ざり合ってますますよくわからない。

翠玉やーい!と呼びかけたくなっちゃうね。

 

明日は東方美人と合わせます!

 

 

コメント

全国のお菓子×中国茶・台湾茶 File No.11 大阪府『かきたねキッチン 柿のたね』 1.菓子紹介

2013-12-21 22:00:08 | 全国のお菓子×中国茶・台湾茶―近畿

今月も今日から連載『全国のお菓子×中国茶・台湾茶』

今月は12月・・・ということは、これが年内最後の『全国のお菓子×中国茶・台湾茶』になります。

早いね~早いね~!!

来年も続けてゆきますので、どうぞよろしくお願い致します。ペコリ。

 

さてはて、今月ピックアップのお菓子はこれです

 

柿の種専門店(そんなんあるんデスネ!)かきたねキッチン

濃厚なコクの 贅沢チーズ
七味屋本舗製 山椒とたまり醤油合わせ

こちらは、9月に名古屋からやってきた友人のお土産でいただいたものです。何故大阪のお菓子・・・???
「ぜひ何が合うかやってみて!」とのことで(それってお土産?笑)

大阪のお菓子は一度『面白い恋人』を取り上げてるのですけれど、リクエストにお応えしまして2度目の登場です。

かきたねキッチンのホムペを見ますと、定番は13種類なのかな?

けっこうデパートに店舗あるようです。

こちらのかきたねキッチンはとよす株式会社のブランドのようで、会社の歴史を拝見したところ、とよすさん自体は明治35年創業(当時は樋口)で、手焼きのあられやおかきを作って販売していたとのこと。

かきたねキッチンは平成23年から始めたとなっているので、2年くらいですね。

まだまだ新しいかきたねキッチン、さっそくお茶と合わせていきましょう!

その前に2種類それぞれ一口いただきます。

贅沢チーズは、ゴーダチーズなどのナチュラルチーズを贅沢に使いと書いてあるだけあって、本当に風味豊かなお味でした。ただ、個人的にちょっと濃すぎ(しょっぱい)でしたけども。

山椒とたまり醤油合わせは、たまり醤油の甘い風味がふんだんに感じられ、その後に山椒がとても利いていてあと引く感じ。ただ、個人的にちょっと利き過ぎ・・・だなぁ(すみませんすみません

では、これらに何を合わせたらよいかしら?

・・・

はい、では今回は以下のラインナップで!

・翠玉(青茶/烏龍茶)
・東方美人(青茶/烏龍茶)
・プーアル茶頭(黒茶)

明日はまず翠玉から

お楽しみに!

☆お知らせ☆

こんな感じでお菓子とお茶を合わせて楽しみましょうよ!というイベントを年明けにやります。

詳しくはコチラから。ご参加お待ちしてまーす

コメント

白カビチーズとドライフルーツ

2013-12-20 18:37:13 | 食べ物

フランス食品振興会さんとの仕事について記事更新しないまま、いろいろ進んでおります。

もう既に私の仕事は終わっていて、後はプロに任せるのみになってるんだけど・・・。

この仕上がりを待つだけの「もうどうにもできない感」がなんかイヤ

早くして~と言いたいような、なかったことにしたいような(笑)

 

そんな状態です(笑)

 

で、この仕事をいただいてから、初めて『チーズ専門店』に足を運んでみました。

ケースの中にはたくさんたくさんたくさんの種類のチーズ。

基本的な質問に気前よく答えてくれた、店主のSさんに感謝です。

「今そんなに忙しくないから」と言って1時間近く付き合ってくださったんですよ~

 

その時店主さんが出してくれたのは、

白カビチーズとドライイチヂクの組み合わせ。

「幸せになれるから、これ」とのこと。

ありがたくいただいて・・・と。

・・・きゃっ!美味しい!!

 

チーズとドライフルーツを組み合わせるのはそんなに珍しいことじゃないようですが、

私自身は初めて食べました。

だってチーズはチーズだけで十分美味しいと思って生きてきたからさ(笑)

 

ただ、こちらの店主としては青カビに蜂蜜はちょっとモノ申したいらしく、私が話をふったら「ダメとは言わないけどさぁ」と苦い表情でした。

劇的に変えちゃうから、蜂蜜は。

相当好み分かれる食べ方かもね。

 

Sさん、ご教授いただきありがとうございました!

 

1月19日(日)に『菓子と合わせる中国茶・台湾茶』やります。

詳しくはコチラ!(1部は満席になりました。ありがとうございます!)

コメント

ジャガイモ(レッドムーン)であれこれ パート2

2013-12-19 22:52:22 | 食べ物

昨日の続き。

写真撮った分はやっぱり掲載しとこ。。。来年の参考に(←届けてもらう気満々?)

ジャガイモの中華風炒め。

レッドムーン・ピーマン・ひき肉。XO醤とごま油でちゃちゃっと♪

ポタージュはコンソメ味で。

シャキシャキレッドムーンのサラダ

千切りにして水にさらして、オリーブオイルとハーブソルトで味付け!

ベーコンとと茄子とレッドムーンのローズマリー炒め

そして最後は。

芋餅ぱーと2

葉っぱのように焼き色つけてみたよ^^

 

今年もいろいろ楽しめました。

恵みに感謝、友に感謝☆ありがと!

そろそろ今月の『全国のお菓子×中国茶・台湾茶』も順次アップしていかないと!

そして、お知らせ。

1月19日(日)に『菓子と合わせる中国茶・台湾茶』やります。

詳しくはコチラ

コメント

レッドムーンという品種だそうで。。。

2013-12-18 21:24:55 | 食べ物

北海道から、ジャガイモが届きました。

こんなにたくさん☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆

しかし、え、ジャガイモ?

さつま芋のような赤い見た目。

レッドムーンという品種なのだそう。

やっぱりまずはふかし芋でしょ

どう見てもやっぱりさつま芋(笑)

シンプルに塩をかけていただきました♪

でも味は確かにジャガイモだ・・・。なんか不思議。

 

ニョッキにしてホワイトシチューでいただきます!

翌日は和風に、牛肉とこんにゃくとレッドムーンの炒め煮

その翌日は砂糖を足して焼いて、醤油たらして芋餅に。

レッドムーンは今まで食べたことのあるジャガイモの中では一番サラっとしてて、あまり粘りは出ないみたいですが、ホクホクしてて美味しかったです。

なので、ニョッキはちょっと向かないかも~^^;と作ってみて思いました。

他にもいくつか写真撮ったのがあるのですが、それはまた後日。

Mユキさん、美味しかったよ~ありがとう☆

 

1月19日(日)に『菓子と合わせる中国茶・台湾茶』やります。

詳しくはコチラ

コメント

日本茶淹れ方講座with中国茶終了しました

2013-12-17 18:13:49 | 中国茶

先日の14日(土)、三木さんとのコラボ茶会第2弾を開催しました。

正しくいうと、三木さんの日本茶淹れ方講座に乗っかった感じ。

今回の参加者は総勢10名。
三木先生の講義&日本茶を淹れたあと、3人or4人1組になってみんなでお茶を淹れてもらい、温度が違うと味がどう変わるかなど、実践的に経験してもらいましたよ~。

えっこんなに違っちゃうの?と目を丸くしたり、好みの味を見つけたりして皆さん楽しそうでした。

話題はお茶のことから日常のあれこれ、さらにはこないだの合コンがどうだったああだったとか!?

ほほぅ~合コン・・・最後に行ったのいつだったかな(ボソッw)

前半の三木先生のよるお茶講義の図

先生、ハーレム状態(笑) *一人男性の参加者もいらっしゃいました

みんなが楽しそうにお茶淹れしてる間、私はお湯係していてほとんど給湯室にいたため写真取ってないのよね。

残念!

みんなで日本茶を淹れてたっぷり飲んだ後は、ブレイクタイムの中国茶♪

簡単な設えを机に施して、お・も・て・な・し←とか言ってるが本物を聞いたことがないワタシ

台湾の客家花布と黄色い蓋碗でカラフルに!クリスマスも近いですしね

それと、上の写真の左隅にちまっと写ってますが、

ミニミニサンタとトナカイさんに、ガラス茶壺に入ってもらいました。

自分で言うのもナンですが、これものすごーくキュート!

出した途端、女性陣の熱い視線を独り占め~♪

ここにお湯を注ぐとサンタ茶が、出ません(笑)

 

そしてもういっちょクリスマスアイテム投入。。。

ツリー練切作ってみました

キラキラアラザンをあしらって、粉雪代わりに片栗粉を降らせまして・・・会場着いたら片栗粉は水分を吸ってところどころ消えていた。

雪解けするのね・・・ナルホド

でも喜んでもらえたからよしとしよう!

13:20開始で17:00撤収でしたが本当にあっと言うまでした。

あっ!

私のお出ししたお茶は以下の通り。

文山包種

鉄羅漢

どちらも烏龍茶ですが、清清しくさっぱりの文山包種、がつん・どっしりの鉄羅漢。

お茶の世界は広いよね。

日本茶だって、煎茶もあれば玉露なんでのもあり、抹茶もあるし焙じ茶もある。

中国茶にしたって、この烏龍茶の幅広さ。さらに緑茶だの紅茶だのってあるんだから。

そんな広くて深い一端を感じてもらえたなら幸いです。

参加してくださった皆様ありがとうございました!

また会いましょう^^

 

☆1月19日にお菓子と合わせる中国茶・台湾茶というイベントをやります。

詳しくはコチラから。もうあまり空席ないのでご予約はお早めに~。

コメント

お菓子と合わせる中国茶・台湾茶

2013-12-16 23:09:07 | 自主企画イベント-お菓子と合わせる

以前『全国のお菓子と中国茶・台湾茶のティータイム』として企画したものをリニューアルして再企画しました。

以下お知らせです

・・・なのですが。

なかなかブログを更新できずにいるうちに、今回はすでにご予約をいただきまして、1回の予定でしたが急遽回数を増やしました。

・・・んですが。

1部2部ともに残り少なくなっております。ご予約はお早めに

*****

お菓子と合わせる中国茶・台湾茶


クッキー、シュークリーム、大福にどら焼き。。。
あなたの好きなお菓子はなんですか?

お菓子を食べるだけでも幸せだけど、そのお菓子をもっと美味しくいただけるお茶を見つけられたらさらに美味しい時間を過ごせると思いませんか。

『お菓子と合わせる中国茶・台湾茶』は、テーマに沿ったお菓子を選び、そのお菓子と様々な中国茶や台湾茶を合わせて参加全員で合うもの選びをしていくイベントです。

なんか面白そうだけど、中国茶とかよくわからない・・・という方もご心配なく。
合わせるお茶は予め用意されているので、その中から選べます。
もちろん自分で好きなものを選ぶもよし。
美味しい組み合わせをみつけましょう♪

<日時>2014年1月19日(日)  各回6名様まで
      ①13時~15時  残り2席になりました(1/10 更新)
      ②
15時30分~17時30分 満席になりました(1/10 更新)

<会場>茶泉 小田急線経堂駅から徒歩2分

<料金>お1人様 1500円

<テーマ>干支(午) または 七草

<申し込み先> reina3594☆mail.goo
.ne.jp←☆を@に代えてください。
           または茶泉 03-3425-2635まで。
           *氏名・人数・連絡先をお知らせください

お待ちしています♪

 

コメント

柿を使ってプリンとか寒天とか作ってみた

2013-12-13 00:29:18 | 食べ物

うちには柿の木がありまして、毎年柿が採れるのですが、

今年もまた豊作でした。

その柿を使ってスイーツ作ってみたですよ

柿スイーツその1

 

『プリンの柿ソースがけ』 

正確に言うとプリン自体に柿は使ってないが・・・。

家族の人数分にわけたらプリン少なかった

上にかけた柿ソースは、熟れてグスグスになっていたやつをさらに叩いてくずしたピュレ状のもの。

砂糖不使用。柿の甘さのみですが、ピュレがものすごーく甘いのでこれで十分でした!

 

日を改めて、今度は『柿寒天アイスクリームとあずき添え』

・・・うちの柿って黒いゴマがたくさん入ってるのよね

スーパーで売ってるような鮮やかな柿色じゃないんです。

昔は黒ゴマがたくさん入ってるのが美味しさの目安だったような気がするんだけどなぁ。

とにかく、その黒ゴマいっぱいの柿を使って柿寒天作ったら、なんかこんにゃくみたいになった

スーパーの柿ならもっときれいな仕上がりなのかな。なんだろうな・・・。

(バニラアイスとあずきは市販品です。)

どちらのスイーツも味は好評でしたので、来年ちょっと買ってきた柿で試してみたいね!

コメント

四国のお茶を訪ねて。~発酵茶の旅 その8 ツアー終了後

2013-12-11 17:58:13 | 国内旅行 13.07.28-29 徳島・高知 発酵茶旅

旅の関連記事☆

 序章 その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7

碁石茶博物館がお休みで残念でしたが、この旅ももう終わりです。

最後は一気に高知空港へ!

私と友達もここでお別れ・・・ではなく(笑)

 

いきなり舞台転換して、ここは高知市内のカフェ『土佐茶カフェ』!

友人が見つけてくれて、最後はここでお茶しようと計画してました。

まぁお茶だけの予定だったんですけれども・・・

親子丼セットに誘惑されて早めの夕飯。

帰りも夜行バスなのでしっかり食べておかなきゃね!(意味不明の言い訳)

500円ですってよ

四万十川の上流で栽培されている土佐茶。

説明を読んでるだけで期待が高まります

親子丼、白飯もすごくすごく美味しかったです、やっぱりお水がいいんかねぇ。

で。

食後のお茶をいただきましょう♪

・・・スイーツセットですが何か。

お芋ゴロゴロ&アイスクリーム、その名は『お芋のかくれんぼ』(¥450)←親子丼とほぼ同額・・・。

それと選べるお茶から上煎茶の津野山茶。

上品な旨味、爽やかな新緑の香り、口に残る香りの余韻・・・はぁ~

 

旅の最後に友人とのんびりお茶できて幸せでした。

やっぱりお茶はええのう。

店舗情報
土佐茶カフェ
高知県帯屋町2-1-31
TEL:088-855-7753

四国の茶旅、お付き合いいただき皆様ありがとうございました!

残るは恒例の番外編です。

また会いましょう~

コメント

四国のお茶を訪ねて。~発酵茶の旅 その7 碁石茶

2013-12-09 22:58:24 | 国内旅行 13.07.28-29 徳島・高知 発酵茶旅

 旅の関連記事☆

 序章 その1 その2 その3 その4 その5 その6

大杉に浄化され(た気になって)、

その足で碁石茶の茶農家さん宅を訪ねました。

 

近づくにつれ、『碁石茶』の匂いが・・・。

うまく言えないのですけれど、今までお茶屋や茶農家で嗅いできた香りとは明らかに違う匂い。

え、お茶、お茶を作ってるんだよね?と言いたくなります。

 

その理由は・・・

「二段発酵」にあります。

徳島の阿波番茶も発酵させるお茶ですが、あちらは嫌気(空気を遮断した状態)発酵のみなのに対し、この高知の碁石茶は土着の菌類による好気性黴による発酵をし、その後さらに嫌気性バクテリア発酵を経て製品になります。

強制発酵を二回もやるわけで、そりゃまぁ個性の強い匂いにもなりますわな。。。

この碁石茶、もともとは飲むお茶ではありません。

瀬戸内の島々の船乗りさんたちに茶粥の出汁として長年親しまれてきたものなんだそうです。

嫌気性バクテリア発酵を経ると、最終的に乳酸菌が残ります。

なので、出来たては酸っぱいのですが、さらに寝かせて(保存して)いるうちにカドの取れたまろやかなお茶になっていきます。

5年を過ぎた碁石茶をいただきましたが、昆布飴のような旨味があり、とろみさえ感じる気がしました。

これが茶粥の出汁かぁ、うん、美味しいだろうな!

こちらの茶農家さんのご好意で碁石茶を分けていただいたので東京帰った茶粥作ろうと思っていたのを思い出しました。

あらためて、茶粥作ってみよう!(宣言)

こちらでもいろいろ写真も撮らせていただいたのですが、これは非公開と致します

 

お話を伺ったあと、ここ↓へ行ってみました。

・・・休みだったけどね!

 

次回へ続く。

四国の旅もそろそろ終わります。

 

コメント