ふわり、お茶時間~お茶とともに~

月1カフェのお知らせと、ブログ企画の全国のお菓子と合わせる中国茶台湾茶の更新が主です。
お茶とお菓子、お茶と人。。。

3度目の製茶は包種茶にしました(なりました?)

2012-06-18 18:58:10 | 中国茶

3度目の製茶は6月2日(土)でした。

梅雨の本格到来を前に最後のお茶つくりかなと思ったら、やっぱりそうなったみたい。

青々しい茶葉写真↓(在来種)

今回は包種茶にしたというか、なったというか。

生葉わけていただいたのですけど、朝摘んで、製茶が夜9時過ぎでしたから。。。

詳細データ取ってなくて、ざっくり記憶でしか書けないのですが

軽殺青→包揉×5回(くらい)→殺青→乾燥・・・???

確かこんな感じで・・・(ダメダメです・・・)

これは乾燥中。午前2時頃。。。

おやすみしたいけどおやすみできない(笑)

気合入れて乾燥したので、完璧!すべてパリパリかつ焦げてない!

荒熱取れるの待ってジップ○ックに入れて、よし寝よう!(午前4時半)

 

翌朝実は知人にシフォンケーキの試食会に呼ばれてまして。計8種食べてきた。一切れずつだけど朝からシフォン・・・。

予定としてはそっちが先に入っていて、朝9時からシフォンケーキ食べるというのに前日朝まで製茶していたわけでして・・・。シフォンケーキ美味しかったけどいつもの体調で食べてたら評価もうちょっと違うかもしれないのに、すいませんでした。どれもしっとりふわふわでしたよ!

 

帰って寝ようと思ったけどおなかいっぱいで寝れないので、じゃあ作りたてのお茶飲もうってんで淹れてみたわけですが。

見た目はまぁよいとして。

問題の味はさっぱり風味。ただし揉み不足を存分に露呈してました。(つまり薄い)

難しいのう~

しかしこれで3回全ての共通点が出来、第一の改善点が見えてきました。

「とにかく揉捻注意!」

ですな。

 

余談:あんなに気合入れて乾燥させたのに朝飲もうと思って茶葉触ったらすでにしっとりしてました。

この日はけっこう湿気多かったんですが、それにしてもあんなに戻るもんなんだねって、実感しました。

ジップ○ックではやはりイカンわ。。。

 

コメント (2)

とあるプライベートサロンに潜入☆

2012-06-11 19:13:44 | 中国茶

これまた時間が遡る話。

先日(たぶん5月24日とかそんなもん)

茶友のK藤さんのアテンドで、M田さんと一緒に都内にある中国茶プライベートサロンへ連れて行ってもらいました!

 

可愛い設え(写真参照)がまず人目を惹きつけます。カワイイ

はじめましての挨拶もそこそこに、まずは↓

『太平猴魁』から淹れていただきました!

扁平で長く、網に押し付けて製茶するため網目がついてるのが特徴。

深緑の茶葉が見た目だけで美味しそう。実は食べたいと思ってたのはナイショ(笑)

ちょっと日本の煎茶に似た風味の緑茶。のんびりまったりの時間スタートです。

その次は単叢(本当は木へん+叢)の『玉蘭香』。

はんなり京美人(あくまで私の中のイメージ・・・)な、たおやかなお茶。

そうそう、茶菓子もちょっと珍しい。

ま、見た目にはよくわからないんだけど・・・ドライ棗(赤い粒)。さくっとした食感と甘酸っぱさがとても心地よかった~

続いて岩茶の『老君眉』。

玉蘭香の後だけに、ガツンとくる男っぽさがまさに岩茶。

初めて飲んだけどこれ・・・美味しいね(笑)

オーナー手作りの杏仁豆腐もいただきました。

金木犀の花が散らしてあったよ~

甘さ控えめとろとろ杏仁、喉越し柔らかでペロリでした♪

それと、もう一種類淹れてもらったのですが写真が見当たらない『正山小種』。

荒茶状態だったのですがその美味しいこと!

これ以上火入れいらないよってくらい甘くて仄かなフェノール系の香り。

聞かなかったけど東方香だと思う。

よくある『あのキツイ香り』ではなかったからね~。

 

この日もたくさんの素敵なお茶を楽しませてもらいました。

サロンオーナーにも、アテンドしてくれたK藤さんにも、この時間を共有させてくださったM田さんにも感謝!

お茶は楽しいよ。

コメント

やぶきた烏龍茶のその後

2012-06-09 21:58:55 | 中国茶

今期2度目の製茶、やぶきたで作った烏龍茶を、1週間後にまた飲んでみました。

う~ん。。。

1煎目は、まぁよし。でも2煎目は少々生臭いという残念な結果になりました

ただ、味と香りは4煎くらいまで出ましたが。

若干の花香はあるものの、イマイチ主張されてこず。

釜炒り緑茶の時もそうだけど、どうも引きこもりなお茶になってしまうのはやっぱり性格?

奥ゆかしいから、ワタシ(・・・わぁごめんなさいごめんなさい)

 

今回の敗因は均一発酵させられなかったことと、揉捻不足と、乾燥不足と・・・ってほとんど全部じゃないか!

唯一青臭さがなかったことだけが○かな・・・。

また頑張ろ!

 

コメント

眞水無香と感茶祭

2012-06-06 17:32:46 | 中国茶

時間をだいぶ遡るのですが・・・。

5/19(土)に眞水無香と感茶祭をハシゴしてきました。

午後は稲荷町にある『東京松屋』で眞水無香の茶席を堪能。

まずはFさんの茶席で『台湾青』という緑茶をいただき(烏龍種だけあって煎が利きます)

Mさんの茶席で『明前金萱茶』と『穀雨烏龍茶』をいただきました。

どちらも華やかでしたが穀雨の方が多少どっしりした感じだったかな~。

↑すぐ書かないとこういう細かいとこがあやふや。(ダメダメ。。。)

 

で、順番前後しますが、午前中は日本中国茶普及協会が、協会のインストラクター・アドバイザー・会員の方々を対象に日頃の感謝をこめてと開催した『感茶祭』に参加。横浜中華街まで行ってきました~。

そしてそっちの写真をいろいろ探したのですが、

コレ↓

・・・しかなかった・・・。

何故感茶祭でワインか!?というとですね。

いろんなコーナーがあったんですが、聞き茶コーナーの景品だった

6種飲んで全問正解したら好きな景品選べるシステムだったのですが、

その中にこの『トーレス グラン サングレ デ トロ(赤)』(スペイン産)がいたのでした。

お茶やさんの商品券とかあったのに・・・これかよ、と(笑)

 『「地中海ぶどうの女王」とも言われるガルナーチャ種を中心に、カリニャン種、シラー種の3つの品種の特徴をあらわしたフルーティーな香りと、12ヶ月にわたるフレンチオーク樽での熟成による、エレガントな味わいをお楽しみいただけます』

と、商品ラベルに書いてあった。ほほぅ。。。

基本的に白の方が好きなんだけど、とても美味しくいただきましたですよ♪

お茶とお酒でワクワクした1日でした(笑) 

コメント (3)