お茶とともに。

お茶(主に中国茶)とお菓子、食べ物、人の繋がり。(旧タイトル:お茶とお菓子の玉手箱)

明遊茶会と天空茶会(の練習会)と中国茶セミナー講師が終了しました

2011-05-27 22:36:57 | 中国茶

だいぶ間が空いてしまいました。

でも元気です。

・・・元気ですよ?(笑)

 

新茶の季節だから、ということもあるのですが、今月後半は中国茶関係のイベントが目白押しでした。

セミナーも成功しまして・・・

継続になりました!

私が通う整体学校の特別セミナーで、以前から中国茶セミナーをやりましょうよとお声がけをしてもらっていたのですが、今回チャンス到来で(?)お受けしました。

ただ、受けたものの・・・明遊茶会はあるし、天空茶会の練習はあるしで、なかなか内容も固められず、至らないところはたくさんあったと思います。

それでも精一杯準備して、事前シミュレーションもしてみて、あとは自分の「お茶が好き!」オーラ全開で自分も楽しんでこようと決めて、

5月26日の14-16時の2時間!

頑張って&楽しんできましたよ!

同じ2時間といってもセミナーは茶会や茶席とは全然違う (当たり前か・セミナーって授業だもんね)ので私自身もいろいろ勉強になりました。次回も満足していただけるよう頑張ります。

 

よい結果につながって、一安心です。少しお休み期間に入るので、鋭気を養ったらまた企画茶会にむけて動き出しまーす!

とりあえず今後の中国茶関連活動は以下の通り

6月20日(月) 華僑経済合作社友の会 中国茶教室

6月25日(土)天空茶会(詳細はまた後日!どなたでも事前予約で参加できます)

その他、日程決まってない自主企画茶会

・太極拳茶会

・三国志茶会(2回目)

 

あ、それと・・・

今月の『みんなでお茶請け研究所』はお休みです。(ゴメンナサイ)

次回はサラダソフト(せんべい)に合うお茶を探して試してみまーす!

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

天空茶会の練習会

2011-05-22 23:18:08 | 中国茶

6月25日(日)に、中国茶普及協会のインストラクター会主催の『天空茶会』が開かれます。

昨日はその練習会に参加しました!

本番さながらに茶席を作る、ということでしたので・・・

全体像はこんなかんじ。

淹れるのが緑茶なのでガラス茶器を使います。

と同時に涼しそうにみえる配色で・・・(いや、以前からブログをご覧になっている方ならなんとなく覚えがあるかもしれませんが)

 

む、なんかいますね(笑)

5月=春のイメージ=自然が豊か、という三段思考によりガラスの動物配置しました。

 うさぎ・・・は、うさぎ年なので。もう片方の鶏は単順に持ってるものの中で一番カラフルだったから(笑)

いやぁ、しかし結果としてものすごーく子供っぽい茶席になりました。

なんじゃこりゃって自分ツッコミすること数回。

他の方々のシックで素敵な設えに感動してきました。

本番は6月25日です。

詳細はまた後日!

 茶会~茶席~とミッションクリアして、

 来週初めての外注セミナーがあるので、今度はその準備に没頭します☆

それが終わったらちょっとぼーっとしよ!

コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

明遊茶会の寄付金総額ご報告

2011-05-20 23:45:49 | 自主企画イベント-明遊茶会

明日って一体いつのことですか?

と、言われそうな更新状況で申し訳ございません。

 

お待たせいたしました!

寄付金のご報告です。

 

1)入場料
2)茶席料
3)物販
合計 ¥48,500-

上記金額から↓

要精算の諸々
合計 ¥18,135-

を引いて、

残金 ¥30,365ー

そして、今回の茶会を企画から行ったメンバー5名が一人ずつ1500円を寄付致しますので

1500円×5名=7,500-

以上を足して、総額¥37,865

を、NPO フェアトレード東北に寄付とします。

ご協力いただいた皆様、ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました!

 

 

で・・・明日寄付に、と思ったら土曜日だっていう話・・・。

月曜日に振り込みます。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

明遊茶会にお越しいただきました皆様、ありがとうございました!

2011-05-15 23:20:06 | 自主企画イベント-明遊茶会

今日は神奈川近代文学館での明遊茶会開催日でした!

開放型のお茶イベントは私も初めての経験でしたので、正直どうなることか?とどきどきしておりましたが、いらしてくださった皆様、楽しんでいただけましたでしょうか。

一時用意したお客様席がほぼ満席となり、少々パニックになりかけましたが(苦笑)

大きなトラブルもなく、無事終えることができました。

 

本日の入場料及び、茶席料、茶葉販売の利益相当分はNGO法人 フェアトレード東北に寄付いたします。金額は後日このブログで公開致しますのでぜひご確認ください。

茶会のもようは明日改めてアップします。

取り急ぎ本日はお礼まで。

 

皆様ありがとうございました!

 

『~中国茶をもっと身近に~ 明遊茶会』代表 こう れいな

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

茶会ってなんとなく気になるのですが(15日は明遊茶会です)

2011-05-12 23:45:14 | 自主企画イベント-明遊茶会

15日の明遊茶会まであと3日、なんとなく気になってる方もいらっしゃると思います(え、いない?)

ただ、「よくわからん」というご意見もあるみたいなので、少しばかりご説明を。

(こんな間近になってからやることではないよね・・・。気づくの遅いわ!)

 

今回は、中国茶好き有志の「もっと中国茶を知ってほしい、飲んでほしい」という願いから開催に至った茶会です。

そして、茶会というとなんだかかたっくるしいイメージを受けますので、イベントと言った方がいいかもしれません。

イベント内容として茶席があり、ティーバー改めティービュッフェがあり、簡単淹れかた講座(グラス茶芸)があり、といった形なので、畏まって座って出てきたお茶を飲むようなものとは少し違います。

13-18時の間はどなたでも参加可能です。受付で1500円お支払いいただいて、場内にいる間はティービュッフェで出て来るお茶を飲んでもらって構わないのです。(お茶はちゃんとこちらでお淹れしますよ!)

一応20種ほどご用意してますが、ティービュッフェ担当さんを褒めると裏メニューも出るかも(笑)

そして、中国茶に関する本を置いてありますので、お茶を飲みながら読んで過ごしていただいてもいいですし、ご家族・ご友人とおしゃべりしながら過ごしていただいても構いません。

そして1時間に1回ペースで茶席を組んでありますので、ちょっとだけリッチな気分でお茶を楽しむ時間もあります。

1回4席しかないので必ずしも体験できるとは限らないのですが、こちらは別途500円をお支払いしていただければ、台湾の新茶を茶芸師が美味しく淹れてくださいます。

茶芸は目で楽しみ、香りで楽しみ、味で楽しむことのできる、いわば素敵なアトラクションのようなものです。独特の小さな中国茶器を使って淹れる美しい手さばきをどうぞお楽しみください。

当日遊びに来て下さる方へ

会場となる『神奈川近代文学館』では、道案内の電話対応は行っておりません。

回線が少ないので問い合わせ電話がたくさんかかってきても困るとのことです。

 

明遊茶会詳細ページはコチラ

会場(神奈川近代文学館への写真付き道案内はコチラ

皆様のお越しをお待ちしております!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明遊茶会の打ち合わせしてきました

2011-05-10 21:30:07 | 自主企画イベント-明遊茶会

こないだの日曜日に、この明遊茶会(5月15日の日曜日)の最終打ち合わせしてきました。

明遊茶会ってそもそもナニ?と思ったらコチラの記事へどうぞ

この明遊茶会は中国茶好き仲間が「もっと中国茶知って欲しい!」という思いで集まりましたので、飲んでもらいたい茶葉の種類も尋常ではなく・・・。

入場料1500円でティーバー改めティービュッフェなんて飲み放題ですよ?だというのに20種とか・・・。本気?と思ってしまう(笑)しかも選定してこの数ですからね。最初どれだけ候補に挙がっていたかは想像にお任せします。

茶席でご提供するのは台湾烏龍の新茶を2種(1茶席ごと交互)です。GWに台湾行って買ってきたやつです。

(あ、こちらは別途500円いただいております)

 

提供茶葉の選定、当日の持ち物確認、お客様への配布物、寄付先の決定・・・

そう!大事なことを決めてきました

ずっと寄付先が未定のままここまできてしまったんですが、(開催は今週末の15日です)やっと決めました!

GWに現地へ行った仲間が、現地の実情を見て聞いて、「今どこに寄付するのが一番よいのか」と考えた結果、今の被災地で一番支援が必要なのは「公共の支援(国や県などの補助)から外れてしまった人たちへの支援だ」ということに思い至り、下記のNPO法人へ寄付することになりました。

NPO法人 フェアトレード東北 http://ameblo.jp/fairtrade-t/

主に牡鹿、雄勝の在宅避難者への支援など公共の支援から外れた方々のケアをしているとのことで、現地の方々からもここを推薦されたと言っていました。

当日の茶会利益相当分は、そういうわけでNPO法人 フェアトレード東北さんへ寄付いたします。

本来寄付先の情報などはもっと早い段階で決めておくべき事項だとは思いましたが、なるべく現実に即した形で寄付をしたいと考えていたため、こんな間近になってしまいました。どうも申し訳ありません。

 

ご来場を検討中のみなさま、どうぞご理解くださいますよう、よろしくお願い致します。

当日遊びに行こうと思ってらっしゃる方へ

会場となる『神奈川近代文学館』では、道案内の電話対応は行っておりません。

回線が少ないので問い合わせ電話がたくさんかかってきても困るとのことです。

 

GWが終わって昨日から仕事がバタバタ・・・三国志茶会の時も確か本業の繁忙期とぶつかってバタバタした気がする。そういう運命なんでしょうか。ふー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明遊茶会(5/15・日)の会場までの道案内★来場をご検討の皆様必読です★

2011-05-06 19:37:28 | 自主企画イベント-明遊茶会

今日は、明遊茶会の会場となる『神奈川近代文学館』の道案内です。

明遊茶会ってそもそもナニ?と思ったらコチラの記事へどうぞ

当日遊びに行こうと思ってらっしゃる方へ

会場となる『神奈川近代文学館』では、道案内の電話対応は行っておりません。

回線が少ないので問い合わせ電話がたくさんかかってきても困るとのことです。

 

で・・・今更なんですが、元町・中華街駅の5番出口からの行き方を写真に撮ってきました。

【最寄り駅】

みなとみらい線、元町・中華街駅5番出口

(↑ふだん中華街によく行かれる方は、中央のエスカレーターをご利用になって改札へ行かれると思いますが、今回はそこではありません!

渋谷から進行方向一番前に、ひっそりと改札に続くエスカレーターがあります。)

 

地上まで長いエスカレーターや階段を昇り、改札を出て表に出たら右へ!

すぐ『元町入口バス停』があります。

その先に信号があり

右角には『山手迎賓館』

この信号を渡ってもよし、迎賓館側を歩いてもよしですが、とにかく間の道を

歩く歩く。。。(まぁ渡ってしまった方が危なくないです)

で、実はこの道だんだん坂になっております。写真だとわかりにくいのですが、坂です。

ゆるゆる登っていくと途中左手に

こんな猫さんたちが楽しそうにしている看板があります。

千代紙のお店らしいです!

さらに道なりに進むと

『山手ローズテラス』の看板。

はい、ここまで来れば坂は登りきりましたよ!

平坦な道に出ると右手の角ににパーキングがあり、その横には『横浜インターナショナルスクール』。

道路を挟んだ正面には『イギリス館』

そのまままっすぐ進みましょう。

大佛次郎記念館入口の文字を過ぎると・・・

こんなオブジェが左手に!

港の見える丘公園の入口です。

このオブジェの左奥に道があるのでそっちへ進む。

その後の分岐点には道案内が出てますのでたぶん大丈夫(笑)

小道をくねくねっと歩くと

こんな建物が見えます。これが!

『大佛次郎記念館』・・・文学館はもうちょい先。

この記念館前を通り過ぎると視界が開けます。

時間が19時くらいだったのでだいぶ暗い。

ここの右手に

赤い橋がありますので、渡ります。正面に見えるのが!

はい、渡りきったこちらが『神奈川近代文学館』!

右側に入口への通路があります。

ここを奥まで歩いていけば文学館入口です!

お疲れ様でした★

中会議室にてたくさんの中国茶を用意してますから、どうぞのんびりしていってくださいね!

だいたい駅から迷わず歩いて10分くらいです。

 

このほかJR京浜東北線(根岸線)の石川町からも歩いて来れない事はないのですが(実際やってみた)元町商店街をつっきっるのに10分弱かかりました。そこからやっと『元町入口バス停』になるので・・・計20分は歩きます。

それはなかなか大変じゃないかな。。。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

茶泉の5周年記念イベント2日目

2011-05-02 21:38:03 | ご依頼企画イベント・セミナー・茶会

本題の前に・・・

5月15日(日)に明遊茶会やりますただいま茶席予約受付中です

*ちょこちょこ茶席のご予約入って来ております。当日飛び入り参加もできますが、ご用意できる保証はありませんので体験希望の方は事前予約をお勧めします。

********

その前日には眞水茶事主催の眞水無香という茶会もあります。その詳細はコチラからどうぞ。

********

 

30日の薬膳料理教室のあと、私は経堂の茶泉さんの5周年記念イベントのお手伝いに行ってきました。

2日目は『茶縁を深める集い』と題して茶泉オーナーの古くからの友人や近隣の方々を中心に感謝の意を表す日となりました!15:30から受付開始で来た人にお茶を振舞い始め・・・16時にはほぼお集まりになり、古筝の演奏が始まりました。

演奏者は中国・武夷山出身の謝雪梅さんです。古筝の弾き語りです!

謝さんは97年に来日し、09年にNHKテレビにご出演、11年には中国で開催された全国歌手コンクール民族唱法で第1位を獲得された方。なんてよく通る声なんでしょう。。。うっとり♪

演目は蘇州夜曲、春江花月夜、太湖美などなど。

古筝の響きは非常に余韻が特徴的で、水面に広がる波紋を思い起こします。深く残る響きがいつまでも耳に残って離れません。

 

店内は予備の椅子を出してもギリギリと言った状態でした。謝さんが遠い~

さてはて私もうっとりしてばかりではいられません。

なにしろ今日はちゃんと?茶芸師ですから! 

そんな茶芸師モードのワタシ↓

ケータイで撮ったのでちょっと画像荒くてごめんなさいとおっしゃってましたが、いやいや撮っていただけただけで嬉しいです。

とかなんとかより・・・顔に余裕がないよ~

だって茶泉さんの株を落としちゃいけないし!中国茶は美味しくないなんて絶対思われたくないもの。これを機会に中国茶ファン増やしたいと思って一生懸命淹れてきました。(ホント全力)

 

18時過ぎからは参加者による表演と案内状に書かれていましたが内容は秘密。。。何が出るかな何が出るかな♪って思って当日を迎えたらなんと

オーナーが!

二胡を手にしました!(左側の男性です)

そうそう、オーナーは二胡を習ってらっしゃるのです。

腕前は・・・

・・・

うん!頑張ってください!(笑)

 

お茶を淹れ始めて3時間弱経った18時頃の私の仕事場↓

 混沌としている。。。

茶席コーナーの説明は案内状によると

『明前茶の新茶をはじめ、多種多様な中国茶をご用意し、お好みの茶を自由に味わうコーナーです』となっていて、

余談ですが、この5月15日に自主企画茶会でティーバーと名付けた同じような主旨の出し物をやることにしてるので予行演習になると思ってワクワクしてました。(自主企画はティーバーは複数人で担当します)

とにかくずっと茶を淹れては振る舞い淹れては振る舞い。

だんだんランナーズハイならぬ・・・なんだ、サーバーハイ?になってきました

ほら、顔が違う。気持ち悪く笑ってるよワタシ。

 

私の写真はとあるお客様が撮ってくださいました。しかも実は気を抜いてご飯食べてるところも含め6枚も!そして全部送ってくださったので、厳選しても1枚ではもったいないので2枚も記事にアップ!時間の経過と共に緊張が解れてるのがよくわかりますね。ハハハ(自嘲気味)

結局20時半過ぎに閉幕。

皆さん素敵な笑顔でお帰りになり、オーナーも上機嫌!中国茶がこんなにいろいろあって美味しいなんてと言ってくださったお客様に私も笑顔。ひー良かったよー!それにちょっと素敵な出会いがあったのです♪何か形になったらいいな♪

 

茶泉さん5周年本当におめでとうございます。

これからも10年20年と続く素敵なお店であり続けてください。 

 

そして、後日談。

淹れ続けた右腕が筋肉痛になりました5時間耐久茶芸は翌日に響きます(笑)

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

春の一日薬膳料理教室

2011-05-01 22:51:34 | 食べ物

本題の前に・・・

5月15日(日)に明遊茶会やりますただいま茶席予約受付中です

*ちょこちょこ茶席のご予約入って来ております。当日飛び入り参加もできますが、ご用意できる保証はありませんので体験希望の方は事前予約をお勧めします。

********

 

昨日、午前中(9:30-12:30)に桜木町で開かれた『春の一日薬膳料理教室』へ行って来ました!

私が通ってる整体学校の特別セミナーです。

もうあとは仕上げるだけってとこまでみんなでわーっと作って30分薬膳料理家の三浦先生の講義を聞いて、

そのあと楽しく食べて、わーっと片付けました(笑)

 

春はね、肝なんですよ

といきなり言ってもなんのこっちゃですよね。

まず、中国医学の基礎である五行(木・火・土・金・水)という考えは、陰陽(万物には陰=裏と陽=表の2面性がある)とセットでよく語られますが、

五行はこの世の万物を五つの性質にカテゴライズして、そのそれぞれの運動・役割・変化(=行)を説明する、実に理論的なものなのです。

それで、五季(春・夏・長雨・秋・冬)【注・・・長雨は日本での場合は梅雨の季節】でいうと春は五行の木(もく)に当たります。

そして、人間の五臓(肝・心・脾・肺・腎)では肝が木に当たります。

そして肝の役割は、気の流れを司っています。さらにストレスに弱い。そのためいろいろ環境の変化が生じる春には肝をいたわってあげるといいですよってことになるわけです。

余談ですが、『病気』という言葉は、気が病むと書きますよね。

この『気』は気持ちや精神のことではなく、体の自然エネルギーのことをさします。(電流と思ってもいいのかな?)

『気』が正しくめぐっていれば病むことがない、すなわち『気』が病むから『病気』なんだと聞いて「おおーっ」と思いました。

 

ついでに五味(酸・苦・甘・辛・塩辛い)、五色(青・赤・黄・白・黒)では木に当たるのは『酸っぱい』と『青』ですね。青はこの場合緑のもの、つまり葉物ってことです。

今回のメニューは以下の通り。ここまでの解説と照らし合わせながらご覧下さい。

・ひじきご飯

・鰆(さわら)の蒸し物(人参・セロリ・水菜添え)

・ウド・セロリの酢味噌和え

・ごぼうの味噌汁

・ほうれん草パン

・二花飲(ジャスミン&メイクイ蕾)*メイクイ=ハマナス(バラ科)のこと

(写真参照)

 いかにも春っぽいでしょ(笑)別に五行とか意識しなくても春は植物がよく育つから葉物野菜は美味しいですし、鰆なんて字に春って入ってるし。

でも、意識しなくてもなんとなく感覚でわかる、それが五行だと思う。遥か昔から語り継がれてきた自然の摂理を五行って言葉に集約しただけで、なんもあやしくないんだよっ

これ全部平らげて、昨日はその後経堂の茶泉さん5周年記念イベント2日目に行って来ました。

おなかいっぱいで途中で寝ちゃうんじゃないかと思ったけど、一人で30人分6時間入れ続ける耐久茶芸になっちゃったので、寝る暇もありませんでした。その話はまた次の記事で書きたいと思います。

茶泉ホームページは←コチラ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加