ふわり、お茶時間~お茶とともに~

月1カフェのお知らせと、ブログ企画の全国のお菓子と合わせる中国茶台湾茶の更新が主です。
お茶とお菓子、お茶と人。。。

レッドクリフ観たけど

2008-12-03 17:40:33 | 三国志

今日のブログはまだレッドクリフ観てない人はネタバレ注意報が出てますので気をつけてください。

去年の4月18日、このブログで三国志クランク・インですってと叫んでいたあの映画『レッド・クリフ』を観てきました。

うん観てきたよ(--)

今日のタイトル通り、ずっと心待ちにしていたわりにテンションが低いのです。だってね~やっぱりなとほぼ予想通りの大衆映画であったわけですが、予想してても尚衝撃が大きく、一緒に観に行った旦那の評価とはうらはらに私の評価はあまりよくありませんでした。

だってさ

百歩譲って関羽がなんとなくコンパクトなのはいいとしよう。

七十五歩譲って劉備がやたら庶民的でいい人なのもいいとしよう。

五十歩譲って曹操が悪魔の手先みたいな紹介の仕方だったのもいいとしよう。

二十五歩譲って甘寧がいかんねーだったこともいいとしよう。

だがだがしかし

あそこが赤壁と呼ばれるゆえんはこの映画が数ある三国志の戦の中から切り取って題材にしている『赤壁の戦い』の折、長江を染め上げる炎によって崖が真っ赤に見えたことから後に赤壁と呼ばれるようになったのであって、

あの当時に赤壁という地名だったのではないわ~

と、憤慨したのであります・・・。

さらに言えばあの場所で戦が起こったのは事の成り行きであったはず。呉の軍営が最初からあそこにあったわけではないと、私は記憶しているのですが。

第一そもそも本当に戦だったのかどうかもあやしいとも聞くのですよ。

それに、それにですよ、一番ツッコミ激しいのが、曹操はどうやら一人の女(小喬)が欲しくて軍を動かしたらしい(まだパート2があるので断定しないけど)という筋書きが見えてきたこと

そりゃ二喬(大喬ってねえちゃんがいる)の噂を聞きつけて曹操が欲しがったという説はあるけどね。映画じゃ二喬の親父・喬玄が曹操に娘を会わせたことがあることになってたけど。喬玄ってさ・・・大昔に曹操が大宦官の屋敷に乗り込んで大暴れした事件を裁いた人じゃなかったっけ?(ここは自信がないのだが) 

・・・ちょっとヒートアップし過ぎた・・・

フィクションと思って観てる分には楽しかったけど・・・パート2は観るかどうかわかりません。

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

ランキング参加してます。

そして何より趙雲の見た目が普通だったのがイヤ~~~~

史実はともかく、私の妄想趙雲はすんごい美男子なんだもんそうじゃなきゃヤなんだもん

イヤだったらイヤだああ~。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。ウワーン!!

コメント (4)