ふわり、お茶時間~お茶とともに~

月1カフェのお知らせと、ブログ企画の全国のお菓子と合わせる中国茶台湾茶の更新が主です。
お茶とお菓子、お茶と人。。。

大連旅行1日目その5 老虎灘散策と夕食

2007-05-30 21:09:22 | 中国旅行/2007.05大連・旅順

老虎灘海洋公園の遊覧船で程よく冷えた私達でしたが、夕食にするにはちょっと早かったものでレストランを探しがてら周辺散策をしました。

一枚目の写真に写っている船は元々軍艦として使用されていたものだそうです。

今は中を見学できるようになっていて、これも一つのウリのよう。

近づいてみるとかなり大きく、また重々しい雰囲気を撒き散らしておりました。

興味をひかれたけど・・・人がいっぱい(><)外から眺めて通り過ぎました。

2枚目・・・これはなんだかわかんないんですが景色がきれいだったので思わず撮ってしまったシロモノです。そのわりに暗い・・・

右奥にロープウェイが見えますね。

大連ヒルズの住人は通勤にロープウェイを使うのです

嘘です

あれも老虎灘から出ているもので、対岸には元潜水艦を使用したレストランもあるんだとか。

しばらく歩いて気持ちよくお腹も空いて来ました。そろそろご飯にしようと入ったのはセルフサービスの海鮮火鍋屋さん。

大連は海に近く、港もあります。ゆえに大連の地元料理といったら海鮮火鍋(辛いのと辛くないのがあります)

2時間制の食べ放題。席に案内されてまずビール注文。その後食材が並んでいるところに行って好きなものをお皿に盛り、席に戻って好きなように鍋にぶち込みます。

と、さて・・・ここで友人と私の性格の差か友人が持ってくるものはなかなかチャレンジャーな品ばかり。対して私はいかにも~な鍋の具材。友人に「なんで不思議なもの持ってこないの~」と怒られちゃいました

だってえ~見てればたいだい想像つくしそれヒトデ、それナマコ、みたいな。

でも美味しかったですよ。ここのは鍋つゆに味はないので数種のタレで楽しみます。ごまダレ取って来たらごまのクセに辛かった・・・

タクシーのおじさん曰く、本当は老虎灘より石槽村で食べた方が美味しいそうです。ま、漁村だもんね。

ともかく食べ放題だし時間制限あるしってんで、一日目の夕食はやたらせわしなく終わりました。でもいっぱい食べて満足です確か二人で140~150元だったか。(日本円換算すると¥2100~¥2250ぐらい)

最後にその御店の写真~。暗くてわかんねーよっていうお怒りはスルーで。言われなくてもわかってるから・・・

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング参加してます。クリックよろしくなのです~

コメント (3)

大連旅行1日目その4 老虎灘の遊覧船

2007-05-25 16:05:16 | 中国旅行/2007.05大連・旅順

老虎灘海洋公園からは、棒錘島までの遊覧船が出ています。

個人は一人60元。団体40元。(1元=約15円と思ってください)

棒錘島・・・日本語で言うとなんでしょうか、「ぼうすいとう」とでも読むんですかね・・・。 島の名前の由来は、洗濯棒に形が似ていることから棒錘島と名付けられたということでしたが、そもそも洗濯棒ってなんだろう?

わりと細長い島だったと思います。

近くまでは行けますが、残念ながら棒錘島には降りられません。また、付近には棒錘島賓館という中国要人の避暑地として有名なホテルがあります。(島の中にあるわけじゃナイノヨ)

 一枚目の写真は、この遊覧船のルートが書いてあります。象鼻山から棒錘島までを廻って戻ってくるわけですが、なんだか前半やたらと動物の名前が目立ちます。

象・駱駝・虎・・・たぶんこれらも形が関係するのでしょうけど、詳しいことはわからんとです

船に乗ると、船員さんが「あと10元出せば2階のオープンデッキに行けるよ。望遠鏡も貸してあげるよ」と話しかけてきました。せっかくだしねぇ・・・じゃあ借りようかってことになり、友人とオープンデッキへ上がりました。 おお~爽快っ!!で、でも・・・走り出したらきっと寒い・・・

とかなんとか思ってるうちに出航です。

やややっぱり寒い~

寒くなった時ように風よけの室内もあったのですが、出航を待っている間に現地の人だか観光だかわかんないけど中国人の方々が乗ってきて、気がついたらたくさんの人。なんとなく気後れしてそのまんまとなりました。

デッキの様子はこの写真です↓

一番手前に映ってるのが、今回一緒に行った友人。

顔隠す間でもなく、後ろを向いていたので輪郭くらいしかわからないんだけど・・・念のため隠しておきました。彼女が持っているのが貸し出しOKの望遠鏡です。

遊覧中、スピーカーからいろいろ説明と思われる中国語が流れてきましたがほとんど聞き取れませんでした。

理由その1:私の能力不足

理由その2:周りの中国人のおしゃべりがうるさい

・・・以上

そして蛍の光が流れてました・・・驚いた

3枚目の写真は遊覧船から見た大連の様子

向かって右側は昔のままの山と崖。

それを切り崩すように広がっているのが大連の町並み。

さらに左側を占拠して映っているのが高級住宅ビルの群れ。

ここに住めるのは芸能人とか大企業の社長さんクラスだそうです。日本で言ったら六本木ヒルズみたいなもんなんだろうと思います。ヒルズがいっぱーい

なんとなく一枚で大連の時代の流れを撮れた気がします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング参加してます。クリックお願い致します

えーと、洗濯棒を知っている人がいたら是非教えてください

コメント (3)

大連旅行1日目その3 老虎灘海洋公園

2007-05-19 22:07:44 | 中国旅行/2007.05大連・旅順

石槽村を車で観光?した後に向かった、というか降ろされた場所は老虎灘海洋公園

写真は老虎灘のシンボル(群虎彫像)と私です

このあたりには、昔ここらの人々を困らせていた虎を若者が弓でしとめたという伝説がありまして、その伝説をモチーフにした彫像です。(仕留めた若者が生まれた村と言われているのが石槽村です)

老虎灘海洋公園は面積118万㎡もあり、途方もなく広い国立風景名勝区です。敷地内にはたくさんの見所があり、中国最大規模の水族館(海獣館)もあります。夕食後散歩しましたが、歩いていると公園の敷地内にいるのか、普通の道路に出たのかわからなくなっちゃいました。公園内だったと後でわかるんですけどね。

若干角度を変えて群虎彫像だけの写真

ひとしきり写真を撮って、そろそろ遊覧船が出発するので搭乗口へGO

これがその遊覧船のチケット

団体は一人40元ですが、個人は60元。(1元=約15円くらいだから900円くらい?)

遊覧時間は・・・忘れてしまった○| ̄|_

でも天気良かったんで、ちょっと風が冷たいけど気持ちよかったです。

遊覧船詳細は次回にします。写真あるのでー

ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング参加してますクリックよろしくお願いします

コメント

大連旅行1日目その2 石槽村(?)

2007-05-13 11:41:23 | 中国旅行/2007.05大連・旅順

大連賓館でチェックインして、荷物を置いてからの予定は、街中から少し離れますが郊外の石槽村というところと、老虎灘海洋公園。その後は老虎灘の近くで夕飯食べて、暗くなったら北大橋に行こう!と計画してました。(ガイドブックにライトアップがきれいだから北大橋は昼より夜がお勧めだと書いてあったので)

てなわけで、さっそく行動開始

ホテル前の中山広場は市内中心地だけあって車の両が半端ない

大連の街はパリをモデルに区画整備されており、この中山広場を凱旋門にならぞえています。幹線道路が放射状に整備されているんです。

(豆知識:大連に広場は70個以上あるそうですそしてその全てがラウンドアバウト・・・ロータリーって言った方がイメージしやすいでしょうか、そういう機能を持っています。)

半端ない車の中を横切って(信号ない。あっても無視なのはどこも一緒だね・・・)タクシー捕まえられそうなそうなところまで行って乗りました。手を上げれば止まってくれるし、空車かどうかは<空車>のサインが出てるかどうかでわかります。このあたりは日本と同じ。

タクシーは初乗り一律8元で3km走ります。3km以上は200mにつき4角。タクシートラブルがほとんどないと言われる大連ですが、私達も一度も経験することはありませんでした。

一台目には断られ(「行きたくない」と言われた。オイ~ッ)、2台目に乗車。乗ってすぐ「石槽村までどのくらい?」って聞いたら「すぐだよすぐ、5分」と返ってきた。いや、そんな馬鹿なと思ってたら「冗談だよ、20分くらい。5分がよければ飛ばすけど」とか笑いながら言ってくる。い、いや、安全第一でお願いします・・・。

(20分を5分ってどんだけ飛ばす気だ

石槽村に近づくにつれ、タクシーが少なくなってくる・・・。海沿いの辺鄙な村なので、もしや一度降りるとタクシー捕まえるの大変かもしれないと思い、おじさんに交渉してみました。

「戻ってくるまで待っててくれる?」おじさん、考える。「何分くらい?」

石槽村は小さな村です。虎灘伝説で虎をしとめた若者が生まれたと言われる村ですが、それ以外特に何もないのでゆっくり散歩しても10分~15分ほどでひと回りできると書いてあったので、「15分」と答えたら「タクシーでひと回りして、その後、老虎灘に連れて行ってあげるよ。どうだい」と。

今度は私が考える。友人と相談して「じゃあお願いします」ということで・・・。

「よしわかった!」っておじさんタクシー走らせてくれたんだけど、本当に小さい村で、これで終わり?ってくらいすぐ幹線道路に出ちゃって、気が付いたら老虎灘についちゃって、遊覧船チケット売り場で「乗るか?」みたいなこと聞かれて降ろされた

・・・なんか石槽村に関しては、行ったとは言えない気がします。だから写真なし

やっぱり降りればよかったなぁ。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング参加してます。よろしくっ

コメント

私ってソウソウ

2007-05-07 16:59:59 | 三国志

何気なく見つけてやってみました・・・真三国無双占い

なんだ~これ~。

名前と、生年月日と、血液型入力するだけのスピード占いです。

 はい、出ましたよ結果!

 レイナさんは・・・

 曹操

曹操っ

こ、この人・・・虚にしろ実にしろ、乱世の奸雄と言われた人で・・・。基本的にいいイメージのない人です。昔から語り継がれる三国志では悪役スターの地位だもんね。

 一部抜粋すると、『思慮深く、ものごとの表面よりも、本質に興味があるタイプです。』とのこと。

あってるような、ないような。

気になり出すと周りが呆れるようなくだらない物事でも没頭して研究・追究することはありますね しかし・・・ソソ様ですか。

ということは、負けるときは派手に負けるってことだな!赤壁だな!

 にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

ランキング参加してます。

今日の記事は三国志わからない人には優しくない記事です。

ちなみに、理解されにくい特質とも書いてありました。。。(笑)

コメント (5)

大連旅行1日目その1 大連賓館チェックイン

2007-05-06 20:09:13 | 中国旅行/2007.05大連・旅順

プロローグ5回を経て、やっと大連到着ですf(^^;

(プロローグが気になる方は、とりあえず4月30日の記事へどうぞ)

離陸して大連につくまでは問題なく(あったら困る)、静かでした。私は寝てたし、友人は機内上映の映画を見ていたようです。

気が付いたら大連・周水子空港に到着。入国審査・税関問題なし。預けた荷物もスムーズに出てきて問題なし。

今回、片道送迎が付いていたので、空港にお迎えの男性が来ておりまして、その人ともすぐ出会えて問題なし。お兄さんがカタコトの日本語で喋ってくれて友人も問題なし。でも、名前だけはどうしても聞き取れなかった。というより、今考えてもわからない。「私の名前、知識の字でシンと言います」(その後名刺をもらったら秦だった。知識?)

車で送ってもらってる間も問題なし。

そうそう、肝心の天気ですが、晴れでしたわーいっ

注)写真は曇っていますが、これは2日目に撮ったためです。

町並みを車内観光すること25分。着きましたぁ

 

ノスタルジックホテル・大連賓館!

元は満州鉄道経営だったホテルで映画『ラストエンペラー』の撮影に使われたこともあり、外観は創業当時の面影をそのまま残しているとあって、大連の歴史的建築物として保存されています。

さっそくチェックインするべく回転ドアをくぐって入ったエントランスは高い天井(約4m)にシャンデリア。照明が暗めのオレンジ色だからでしょうか、とても重厚な雰囲気だし、古風な趣がありました。やはり築100年の重み?

入って左側がフロントです。そこでちゃっちゃと手続きを済ませ、部屋に向いました。

3階にてエレベーターを下りるとそこは100年前の景色でした・・・ってほどではありませんが・・・、なんかとっても暗い。ところどころ日が射してはいるけどどこか暗い・・・古めかしい雰囲気バッチリ

無事部屋を探し当てて入りました。部屋の中はこんな感じ

部屋もね、天上が高いんですよ。だからとっても高貴なイメージをかきたてられます。

・・・と、けっこういいホテルじゃーんと思いました。ここまでは

 

外出するのに金庫に貴重品入れよう・・・って金庫ないし

さらにバスローブないし

風呂場にティッシュを入れるボックスはあるものの中入ってないし

窓に釘打ってあるし。(危ないから開けないでって書いてあった)

のちに気づいたことだけど、部屋のチャイム鳴らないし

寝てみたらベッドが死ぬほど硬いし。(よく見たらベッドマットの上に薄いシーツ一枚だけだった)

うーむ。。。

ん、ま、でもとりあえずベッドあるし鍵かかるし、いっかー

てことで、荷物を置いた私達はまずは外に出たのでした

ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング参加してますやっと大連に来た~~~

コメント (3)