ふわり、お茶時間~お茶とともに~

月1カフェのお知らせと、ブログ企画の全国のお菓子と合わせる中国茶台湾茶の更新が主です。
お茶とお菓子、お茶と人。。。

のんびり京都の旅 番外編2

2012-12-29 15:39:29 | 国内旅行 2012.09.16-18 のんびり京都

お茶に関係ないけど旅の思い出グッズ。

・・・白いケータイ・・・ではなくて、そのストラップの方ね

ピンクの生八橋型ストラップ。

私自身より周りに人気です

 

この記事を以って本当に京都旅行記は終了です。

お付き合いいただきありがとうございました!

旅の本編はこちらからどうぞ!
京都の旅序章 1日目その1 1日目その2 1日目その3 2日目その1 2日目その2 2日目その3 2日目その4 2日目その5 2日目その6 2日目その7 2日目その8 3日目その1 3日目その2 3日目その3 3日目その4 3日目その5 番外編

 

さて、これで京都・名古屋は番外編を含めて全て書いたはず。
今年の旅行記で番外編が残ってるのは広州だけど、いいかげん覚えているかしら私~

コメント

のんびり京都の旅 番外編

2012-12-26 21:01:19 | 国内旅行 2012.09.16-18 のんびり京都

京都の御茶屋、蓬莱堂茶舗さんで一目惚れして買ってきた玉露用茶器はこれです!

萬古焼でござりまする。

大きさはというと・・・

こんなかんじ。とても可愛いのです!丸い見た目にもとっても引き付けられてしまって・・・

ほぼ即買い(笑)

中国茶を飲み過ぎてアミノ酸が恋しくなると、最近はこの玉露でリセットしています♪

やっぱりお茶はほっとしますなぁ~。

 

旅の本編はこちらからどうぞ!
京都の旅序章 1日目その1 1日目その2 1日目その3 2日目その1 2日目その2 2日目その3 2日目その4 2日目その5 2日目その6 2日目その7 2日目その8 3日目その1 3日目その2 3日目その3 3日目その4 3日目その5

コメント

のんびり京都の旅 9/18 3日目(その5)帰京・・・と思ったら

2012-12-17 22:14:35 | 国内旅行 2012.09.16-18 のんびり京都

旅の関連記事☆ 京都の旅序章 1日目その1 1日目その2 1日目その3 2日目その1 2日目その2 2日目その3 2日目その4 2日目その5 2日目その6 2日目その7 2日目その8 3日目その1 3日目その2 3日目その3 3日目その4

定刻通りの新幹線に乗り~♪

定刻通りに出発し、

、、、しました。

が。

のろのろ運転、のち、ゆるゆる停車。

あれ?( ̄ー ̄;)

 

「降雨量が規定値を超えておりウンヌン」「一時停車致します」「尚出発時間は未定」「旅行を中止して京都へお戻りになる方は」

次々放送されるアナウンス。

えええ・・・

どこに停車中かと言いますと。

米原って京都の一つ先・・・。

 

ま、2時間くらいで動き出したのですけどね。

今年は旅行とハプニングはセットだったようです

 

23時過ぎに無事帰京。

ここまで読んでくださった皆様ありがとうございました。

後は玉露用茶器の写真アップしたら本当に京都旅行記は終了です!

 

そうそう、米原で動かなくなった時、30分くらい様子見てから売店に飲み物を買いに行ったのですが・・・お弁当の類は完売してました。
みんな行動早いですね( ̄▽ ̄;)

コメント

のんびり京都の旅 9/18 3日目(その4)中村藤吉京都駅店

2012-12-12 21:26:40 | 国内旅行 2012.09.16-18 のんびり京都

旅の関連記事☆ 京都の旅序章 1日目その1 1日目その2 1日目その3 2日目その1 2日目その2 2日目その3 2日目その4 2日目その5 2日目その6 2日目その7 2日目その8 3日目その1 3日目その2 3日目その3

お土産も買ったし、玉露も買ったし、後は帰るだけ。

17時29分発の新幹線にはちょっと早かったのですが、雨も降ってるし、もう京都駅行っちゃおうということになり、15時半には京都駅着。

ま、散策しよか~って30分ほどウロウロしてたら中村藤吉の京都駅店を発見。

しかも時間帯の問題か、けっこう空いてる!

1日目のリベンジとばかりに入りました(笑)

甘味を食べようと思って入ったのですが、メニュー見てたら茶そばが美味しそうで・・・

「私冷茶そばにしよっかな」と言ったら友人も「実は私もそうしようかと」って。気が合うね

そういえばお昼たべてなかったからこれがお昼ご飯。(隣のカップルが注文してた甘味セットも美味しそうだったけど・・・)

冷茶そば、お茶付きで820円也。お茶の香りが・・・うん、まぁ、ね?^^;

そもそも茶そばって別にお茶の香りがするものではないよね?←よくわかっていない

さてさて、ゆっくりお昼(?)も食べたし行きますかね♪

定刻通りの新幹線に乗り、この後東京へ帰ります。

次回がラスト!

コメント

のんびり京都の旅 9/18 3日目(その3)蓬莱堂茶舗

2012-12-10 23:16:37 | 国内旅行 2012.09.16-18 のんびり京都

旅の関連記事☆ 京都の旅序章 1日目その1 1日目その2 1日目その3 2日目その1 2日目その2 2日目その3 2日目その4 2日目その5 2日目その6 2日目その7 2日目その8 3日目その1 3日目その2

京都に行ったら私がしたかったこと。

1、宇治に行く

2、玉露を買う

1番は1日目に行ったので、2番の玉露を買いにどこへ行こう・・・と京都へ着いてからも決めてなかったのですが、ホテルのラウンジに置いてあった雑誌に『宇治茶一筋の蓬莱堂茶舗』という記事があり、ここへ行こうと決めたのでした。

いわゆるアーケード街の中にあり、今風のファーストフードや洋服店がある中で年季の入った店構え。

友人そっちのけでテンションの上がる私・・・。

許可をいただいて店内も撮らせてもらいました。

うわぁ~!ほうじ茶!かりがね!大福茶!

いやいや、玉露を買いに来たんだった。

玉露を買いたい旨伝えると、「まぁここらへんからちょっといいやつ」と店主が教えてくださったのが『富貴(2100円)/100g』

さらに上が『亀の齢』3150円、『麒麟』6300円。

玉露初心者なので、と伝えて富貴を試飲させてもらいました。

 

玉露はゆっくりゆっくり楽しむもんだよ、という話をお伺いしながらまずは一杯。

これね、写真撮ったには撮ったんですが完全に湯呑み茶碗の白さが反射してしまって全然玉露のお茶の色が撮れてなかったのです・・・(写真は下手なんですってば^^;)

飲んでみて、と差し出された最初の一杯。

舌の上に落とすようにしていただきました。

だって最初の一杯は薄い山吹色の茶液が3滴くらい、なんです。

ええ!?と思いつつ飲んでみてその濃度にまたまた驚き!!

美味しい!

これぞ、ザ・アミノ酸!!(←賞賛の言葉ですよ?)

ギュッと搾り出した玉露はまさに緑茶のエスプレッソとでもいいましょうか。

(私ホントに玉露初心者でしたのでwいろいろ新鮮な驚きで忙しかったです)

その後はたぶん6~7煎いただいた気がしますが、本当はもっと楽しめるんですよね、時間の関係でそこまで飲めませんでしたが。

店主に淹れていただきつつ、深蒸しの日本茶が真緑色なのは何故かという話をきっかけに茶葉に含まれる化学成分の話に花を咲かせ、宇治茶の定義も教えていただいたりしてたらあっという間に2時間経過してました・・・。

カフェじゃないっつうの

お茶に興味ないのに付き合ってくれた友人よ、ありがとう

あ、ちなみに2時間あれは普通は10煎以上いけると思います。淹れてる間にいろいろ文献とか資料とか奥に探しに行ってくださったりしたので6~7煎でストップだったのです。

で、まぁ最終的に今回は『富貴』と玉露用の茶器を連れて帰ってきました。

茶器のお披露目はまた別の記事で。一目惚れしちゃったんだよ・・・すんごく可愛いの

 

蓬莱堂茶舗

京都市中京区寺町通り四条上る(東大文字町295)

TEL:075-221-1215

次回京都行ったらまた訪れたいお店です。

(長々お邪魔してすみませんでした。ペコリ)

 

↑何煎か淹れた後の茶葉。もっさりw

 

最後の最後に「そんなにお茶の話するのが好きならココへ行ってみたらいいよ。ここの店主もいろいろ物知りだからきっと楽しいよ」って一箇所カフェを教えていただいたのですが、大阪でした

ちなみに『TARMERRY』というお店だそうです。行ったことある方、ぜひどんな感じか教えてください!

いつか大阪にも行きたい!

 

コメント

のんびり京都の旅 9/18 3日目(その2)お土産求めて

2012-12-05 22:42:02 | 国内旅行 2012.09.16-18 のんびり京都

旅の関連記事☆ 京都の旅序章 1日目その1 1日目その2 1日目その3 2日目その1 2日目その2 2日目その3 2日目その4 2日目その5 2日目その6 2日目その7 2日目その8 3日目その1

朝食の後はお土産物色の旅。

本来の予定では貴船方面へ行って川床料理を食べるはずだったんですが、
あいにくの雨とあってはまさかの川氾濫!?(私ならありえそう・・・着いた途端に豪雨とかね)になっても困るので、

昨日に続きまた予定変更で、雨の中烏丸御池から四条方面へ歩きながら気になったお店で足を止めていろいろチェックして回りました。

結局私が買ったものはと言うと、

祇園まるん(舞扇堂)の福だるま&抹茶かりんとう

井筒八ツ橋本舗の生八ツ橋(夕子蜜りんご&鳳麟果&定番抹茶、ニッキ)

あとは友人がよーじや行ったり、私が布地屋(茶席用に・・・)行ったり。

全部お土産配っちゃってから写真がないことに気づいたので商品チェックはそれぞれのホームページでお願いします・・・

(って思ったら祇園まるんさんは直営店のご案内しかない。店内の可愛い雰囲気はわかってもらえそう)

井筒生八ツ橋本舗の外観だけ写真撮ってた(笑)

・・・って言っても店名切れてるしどこだよこれ

ホント写真下手なんだわ・・・。

 

この後は気になってたお茶屋さんへ突撃します~。

次回へ続く!

コメント

のんびり京都の旅 9/18 3日目(その1)IYEMON SALON

2012-12-04 17:22:17 | 国内旅行 2012.09.16-18 のんびり京都

ちょっと忙しくしていたので、久しぶりのブログ更新です。

旅の関連記事☆ 京都の旅序章 1日目その1 1日目その2 1日目その3 2日目その1 2日目その2 2日目その3 2日目その4 2日目その5 2日目その6 2日目その7 2日目その8 ←茶香房長竹さんについて加筆してます。

京都の旅、3日目。この日は朝から雨。。。

前日歩きつかれたのと雨に負けてこの日は朝のお散歩はなし。

朝食はコチラ・・・烏丸御池にあるIYEMON SALONで。

京都市中京区三条通烏丸西入御倉町80番地 千總ビル1階

TEL:075-222-1500

写真は私が注文した薩摩赤玉の玉子かけご飯セット(¥600)、

友人はIYEMONのお茶漬けセット(¥600?)(だったと思うが)

びっくりするほど店内の雰囲気がオシャレでした(失礼)

外見もオシャレでここだと思わず一回通り過ぎちゃったし(失礼)

席同士の間隔もゆったりしていて、照明も落としてあってなんだかバーみたいな作り。

白飯も美味しいし玉子がまた美味しくて朝からご機嫌になりましたん。

だけどセットのお茶は種類選べないのがちょっと残念。今度はお茶を飲みに行ってみたいな。

朝食食べた後はお土産を買いに四条方面へ向かいます!

次回に続く。

コメント

のんびり京都の旅 9/17 2日目(その8)茶香房長竹

2012-11-26 16:12:04 | 国内旅行 2012.09.16-18 のんびり京都

旅の関連記事☆ 京都の旅序章 1日目その1 1日目その2 1日目その3 2日目その1 2日目その2 2日目その3 2日目その4 2日目その5 2日目その6 2日目その7

友人と別れてその後。

友人は「疲れたので先にホテルでゆっくりしてる」と、そのまま宿泊先のホテルへ。

私は三条にある茶香房長竹さんで京都の知人(と言ってもちゃんとお会いするのは実は初めて)と待ち合わせ。

茶香房長竹さん、先斗町の中にあります。

夜になって雨が降り出してしまったのですが、これがまたけっこう風情がありました。

先斗町・・・こんなに道が狭いとは思わなんだよ。

もう一枚撮ったけどめちゃくちゃブレてた・・・

 

店内及びお茶の写真を撮り忘れました。とっても楽しくてそれどころじゃなくて。あやうく京都で終電逃しそうになりました(笑)初めてお会いした彼女はそれぐらい想像通りの素敵な女性でした!

中国茶はよくわからないという彼女の為のセレクトは白毫烏龍(東方美人)。私はというと、玉露を選択(笑)
美味しいですって喜んでもらえて良かった

この茶香房長竹さん、引き戸を開けると一瞬小料理屋かと思うような雰囲気。
と思ったらメニューに『お造り御膳』とか『ちらしずし御膳』とかあるし、一品料理も充実してました。

お茶はといえば、日本茶葉もちろんのこと、龍井に始まり基本的な中国緑茶からいわゆる世界三大紅茶もあってなかなか豊富なラインナップ。

次回は食事もしてみたいお店です。

 

茶香房長竹

京都府京都市中京区先斗町通三条下ル材木町189 8番路地

TEL:075-213-4608

 

彼女と記念写真くらい撮ってくれば良かったよぅ~。。。

「また必ず会いましょう!」と約束して京都駅へ。

テンション高めの私、こういう時の決まった行動パターンがあります。

それは・・・

「歩くか♪」

てなわけで京都駅からホテルまで歩きで帰ることに(笑)

ま、実際そんな遠くないので歩いても20分ぐらいなんです(迷わなければ)

ま、結局迷って30分以上歩いたんですけど

ま、そんなもんです(オイオイ)

よく歩いた一日でした。

明日は最後の京都3日目!

次回に続く。

 

コメント

のんびり京都の旅 9/17 2日目(その7)cafe cocohana

2012-11-25 22:55:59 | 国内旅行 2012.09.16-18 のんびり京都

旅の関連記事☆ 京都の旅序章 1日目その1 1日目その2 1日目その3 2日目その1 2日目その2 2日目その3 2日目その4 2日目その5 2日目その6

2日目の夕飯は、東福寺駅近くのオーガニックカフェ・ココハナ(cafe cocohana)さんで。

古民家を改装したカフェなんですが、さすが京都と言いますか・・・築100年!

マグロとアボカドの何かとスープのセットご飯。(何かって・・・←既に忘却の彼方)

スイーツも気になったのですけどねぇ、ちょっとおなかいっぱいで無理でしたざんね~ん

そんなcocohanaさんのメニューはホームページでご覧ください。スイーツ写真すっごく可愛い

ただ東京感覚だと閉店早いんだわさ18時・・・行く人はご注意ください。

この日は京都で私は人に会う約束があり、ここから自由行動になりました。

まぁとりあえずは京都駅へ向かいます。

次回に続く。

コメント

のんびり京都の旅 9/17 2日目(その6) 妙心寺

2012-11-24 15:46:10 | 国内旅行 2012.09.16-18 のんびり京都

旅の関連記事☆ 京都の旅序章 1日目その1 1日目その2 1日目その3 2日目その1 2日目その2 2日目その3 2日目その4 2日目その5

お次は妙心寺

テレビの『ぶら○途中下車の旅』みたく、2日目は嵐電沿線を散策しております(笑)

こちらの妙心寺にも雲龍図があります。天龍寺の雲龍図を見ましたので、こちらの雲龍図も見てみたくなってやってきました。

さすが日本最大の禅寺・妙心寺だね。。。しょっちゅう地図見ないと自分が境内のどこにいるやらわからなくなります^^;

拝観は時間制になっていたので、拝観料(¥500)を払ってしばし待ちます。

待ってる間の静かなひととき。

ここの雲竜図ももちろん写真撮影禁止です。見たい人は実物を見に行きましょう。
見てきての感想ですが、これは実物を見なきゃ「見た」とは言えないわ。
ものすごい迫力でした。

鳥肌立ったよー!

ここ↓の天井に描かれています。法堂(重要文化財)

その他この妙心寺には明智風呂と呼ばれる浴室(これも重要文化財)があります。

明智風呂って?という方は妙心寺の詳しい案内をご一読あれ。

妙心寺

 

当初寺院参拝は全く予定に入れてなかった京都旅行(なんたって友人の希望は食べてのんびり、以上。」でしたので)でしたが、行き当たりばったりにしても二つの雲龍図を見ることが出来ました。仏教や禅というものには詳しくありませんが、雲龍図にしろ建築物にしろ、人の築いた歴史の持つ力(魔力と言ってもいいかも)に圧倒される思いでした。

妙心寺を出ると午後4時過ぎ。

結局昼食食べてないのでこのまま早めの夕飯に向かいます。

次回へ続く。 

コメント

のんびり京都の旅 9/17 2日目(その5)北野白梅町

2012-11-23 18:21:51 | 国内旅行 2012.09.16-18 のんびり京都

旅の関連記事☆ 京都の旅序章 1日目その1 1日目その2 1日目その3 2日目その1 2日目その2 2日目その3 2日目その4

北野天満宮へ行くため北野白梅町にやってきました、と言いたいとこですが、本当の狙いはお土産(笑)

北野白梅町駅から徒歩15分ほどかかりますが、どうしても買いたいものがあったのでやってきました。

茶産地京都ならではの、知る人ぞ知る土産物が買えるのですよ・・・でも全て手作業で一人で作っているものなので量産ができません。(一切の添加物が入ってないのであまりもたないし、てことは食品系ですね)
そんなわけであんまり公開したくないw
(でもきっとすでに知ってる人も多数いらっしゃると思うけど)この日も行ったら「あと残り数個」で運よく買えました! 

目当てのお土産を購入後、再び北野白梅町駅へ向かいましたので、ついでに北野天満宮にも立ち寄り。

↑楼門、です。

北野天満宮と言えば、お茶との関係として千利休を思い浮かべます。
1587年(天正15年)10月1日、九州平定を終えた豊臣秀吉が、京都の朝廷や民衆に対して自己の権威を示すために野天満宮境内において「北野大茶会」という大規模な茶会を開催した経緯があります。

その跡碑があったはずなのですが・・・見つからなかった
なんでやねんっ!

ま・・・気持ちだけ利休様に馳せて次へ向かいます。

次は妙心寺!

コメント

のんびり京都の旅 9/17 2日目(その4)渡月橋

2012-11-18 20:05:37 | 国内旅行 2012.09.16-18 のんびり京都

旅の関連記事☆ 京都の旅序章 1日目その1 1日目その2 1日目その3 2日目その1 2日目その2 2日目その3

天龍寺から徒歩で移動して15分くらい?

渡月橋に来ました、というか辿り着きました。

大堰川に架かる渡月橋から望む景色↓

橋の北には平家物語で知られる小督ゆかりの琴聴橋と小督の石塔がありまして、高倉天皇との悲恋が偲ばれるところ・・・だそうです。

が、この日ホテルで朝食を食べたきりだった私たちは残念ながらそれどころでなく(笑)
(この時点で昼も食べずに歩き回って14時過ぎ)

橋の傍の琴きき茶屋さんで甘味をいただくことにしました。

赤福と桜餅、抹茶のセット¥600
あ、値段はいらない?

しばらく小休止・・・。
京都来てから初めての『喫茶』です。
前日に宇治の通園さんにお邪魔したけどパフェとかアイスとか頼んじゃったので、お茶を飲むのはここが始めて。

あ~のんびり。。。

小休止の後は嵐電嵐山本線の嵐山駅から

2両編成のこんな可愛い電車に乗って

北野白梅町を目指します。

次回に続く。 

コメント   トラックバック (1)

のんびり京都の旅 9/17 2日目(その3)竹林の道&天龍寺

2012-11-18 00:16:18 | 国内旅行 2012.09.16-18 のんびり京都

旅の関連記事☆ 京都の旅序章 1日目その1 1日目その2 1日目その3 2日目その1 2日目その2

トロッコ電車を嵐山駅で降り、駅を出て左へ進むと竹林の道へと続いていきます。

ちょうど団体客と鉢合わせ・・・あんまり静かではなかったのが少し残念。

そして飛び交う中国語。

英語はほとんど聞かなかったな。

まぁ人の多さを差し引いても十分癒されましたけどね。トロッコから見た山の緑も素敵だけれど、竹林はまた違った凄みがありました。癒されるけどどこか張り詰めた空気感が漂っている気がします。

竹林を15分ほど(だったと思う)歩いたら、天龍寺の北門に出ました。

天龍寺は臨済宗天龍寺派大本山で、正しくは霊亀山天龍寺資聖禅寺というのだそうです。(パンフレットより)

吉野で亡くなった後醍醐天皇の菩提を弔うために、足利尊氏が夢窓国師を開山として創建した、とも書いてあります。

*1994年世界文化遺産に登録

拝観料¥500払って入り、北門から入ってすぐの東屋(であってるかな?)からの景色。

その後は、まずは百花苑を歩きます。

ちょっと小高い丘になってるので、屋根だけ見えます。(たぶん多宝殿の屋根だと思うけど・・・断言はできません^^;)

百花苑を抜けて、大方丈へ向かうと曹源池が現れました。

池泉回遊式庭園て書いてあるけど(池があるので確かにそうなんだけど)大方丈から見た景色は後ろの山(亀山?嵐山?)を望む景色が素晴らしく、借景式庭園とも言えそう。(って思って天龍寺サイトを見たらばっちりそう書いてあった)

その大方丈を過ぎ、書院も過ぎたらこんなものが↓

ケータイで撮ったのでちょとわかりにくいのですが、小さな池の向こう側に・・・菩薩さま?
で、手前に・・・蛙???

天龍寺のサイトにも載ってないから全然わからないのですが、気になったのでこれも昨日の狸同様、どなたかこれについてご存知の方いらしたら情報ください。

で、ぐるりと見て回って本堂横の門から出たら今度はこんな鬼瓦が!
けっこうビックリします^^;

そして鬼瓦にビックリした後は、法堂にて特別公開中の雲龍図を見てきました。(拝観料¥500です)

これは・・・見る価値ありですよ!すごい迫力でした!

いわゆる『八方睨みの龍』というやつなんですが、本当にどこから見上げても天井に描かれた龍と目が合う(気がする)の。

元は明治期に活躍された日本画家・鈴木松年画伯の筆になる「雲龍図」が描かれていましたが、これは和紙に描いて天井に貼られていたため損傷が激しく、修復不可能となり、新たに現代の日本画の雄・加山又造画伯に依頼して完成したものです。
法堂の天井中央、直径九メートルの円相の中に躍動するみごとな龍は、厚さ三センチの杉板百五十九枚を張り合わせ、全面に漆を塗り、さらに白土を塗った上に直接墨色で、「八方睨み」の龍として描かれています。
-----ハンプレットより抜粋。

 *八方睨み
どこから見ても、見る人の方を睨んでいること。

写真撮影NGなんでお見せできないんですが、もし公開期間中に京都へ行くことがあればぜひ見に行ってみてください!

さて、私たちの旅は次はどこへ?

次回に続く!

コメント

のんびり京都の旅 9/17 2日目(その2)トロッコ 

2012-11-16 00:06:47 | 国内旅行 2012.09.16-18 のんびり京都

旅の関連記事☆ 京都の旅序章 1日目その1 1日目その2 1日目その3 2日目その1

2日目の予定は友人の『やりたいことリスト』に従い、
嵐山方面に行ってトロッコ嵯峨駅からトロッコに乗り亀岡駅で降りて川下りをして戻ってくるというプランでいたのですが、天気予報が曇りのち雨だったので嵐山近辺の散策に切り替えました。
川下りの途中で降られても嫌ですんで・・。

京都駅からJR山陰本線で嵯峨嵐山駅へ

のつもりが何故か馬堀という駅へ。

乗ってから友人が目的地に行くのに嵯峨嵐山よりも○○駅(←忘れた・・・)の方が近いので、もう一個先で降りよう、というのでそのまま乗っていたのですが、1個先に着いてみると、その新たに降りる予定にした駅と違ったのです

で、あれ???と思いつつもう少し乗ってみたのですが、いっこうにその○○駅にならず・・・。
とりあえず次で降りよう!と降りたのが馬堀駅でした。

結局嵯峨嵐山まで折り返すかと反対側のホームに行って案内板を見たら、折り返しの電車は15分後。
しょうがない待つか・・・と思って視線を何気なく移した先に、『トロッコ亀岡駅まで徒歩10分』と書いてある。

そんじゃあ・・・トロッコに乗って帰るのもアリじゃない?
馬堀で清算(プラス90円)して駅を出る。

来ちゃったトロッコ亀岡駅(笑)

↑亀岡駅の付近。

トロッコ嵐山駅まで切符を買う。一人¥600ナリ。

で、ホームに出るといきなり

タヌキが大勢でお出迎え(゜ロ゜)

なんかやたらといっぱいいるんですけど・・・。
理由をご存知の方は是非教えてください

タヌキに首をかしげているとトロッコがやってきました!

たまたま馬堀で下りたらトロッコの亀岡駅が近かっただけでなく、時間的にもすごくタイミングが良かったのです。
1時間に1本なので、これに間に合わなかったら1時間浮いてしまうところでした。

では出発~!

えーと、窓ガラスは嵌っていません。すんごい気持ちよかった!

眼下には川下りの姿が・・・。

結局雨降ってなくて、逆に天気良すぎて暑そうでした。でもやっぱり楽しそう

自然の景色を眺めたり、何度か突然トンネルに入って真っ暗になったりしながら約25分。

ここで降りまーす。(最終地点は次のトロッコ嵯峨駅です)

予定変更したのになんだかんだでトロッコは乗れちゃいました(笑)

今度はここから竹林の道を歩きます。

次回に続く~。

コメント

のんびり京都の旅 9/17 2日目(その1) 朝の散歩

2012-11-13 21:20:52 | 国内旅行 2012.09.16-18 のんびり京都

旅の関連記事☆ 京都の旅序章 1日目その1 1日目その2 1日目その3

二日目。天気予報は曇りのち雨。

でも朝はいい天気!

今回友達と二人旅だったのですが、友人の目的ははっきりしていて、

「美味しいものを食べてゆっくりリフレッシュする」

と、公言していました。

その有言実行っぷりたるや素晴らしく

要は何が言いたいかと言いますと、

朝起きないんだわ。。。(笑)

というわけで5時前に目が覚めた私は散歩に出ることにしました♪

宿泊先はKYOTO TOKYU HOTEL

友人が東急カード会員だったので特典使いましたのです

西本願寺の近くでした。

日が昇ってき始めて、清々しさ満点!

道の反対側はまだ暗い。。。

いかにも夜明けですのぅ。

1時間くらいかけて辺りを散策。うろうろ、ふらふら。

ただ歩いてるだけじゃつまらないので・・・

参拝しますかね♪

西本願寺のお隣にあります、本山興正寺。

柱に何か書いてあります。

「やっぱり阿弥陀さん」だそうです。

どことなく笑みを誘うねこれ。

境内をぐるっと歩いて参拝して、さらに歩きます。

 

 ↑西本願寺・太鼓楼

ホームページより簡易説明拝借。
「本願寺の東北角にある重層の楼閣で、内部に今も残る大きな太鼓は、江戸時代には周囲に時刻を告げる合図となっていました。幕末、本願寺を一時的に屯所としていた新撰組による刀傷が、今も残っていると伝えられえています。」

さて・・・6時くらいに出てきたので、そろそろ7時。

ホテルに戻ってロビーで新聞を読み、さらに時間つぶしを図ってから部屋に戻りました(笑)

眠そうな顔しつつも一応ちゃんと起きてきた友人と、ホテル内のレストランで朝食タイム

京料理 たん熊 北店

こちらの御粥朝食をいただきました~。

こんな・・・朝から御粥とはいえしっかり食べたのは久しぶりです。

散歩もしちゃうし私ったら健康的!

この後一回部屋に帰って一休みして、予定通り10時前には出発です!

<おまけ>

ホテルのロビーに牛車のレプリカがあったので思わずパチリ 

次回へ続く。

 

あ、天空茶会無事終わりました!そちらも近々ブログアップしたいと思います☆

 

コメント