ライン出版編集部

一人一著作を!
rein(独)を信条に
誠実な出版を目指す
ライン(rein)出版のブログです。

だれも知らない小さな国

2009-11-06 13:04:52 | Weblog
蔵書の整理を始めた。
処分しようと思うのだが
読んだ本にしても
読みかけの本にしても、
積読の本にしても
手放し難い本ばかり。
結局処分できるものは希少。
これは深刻な問題だ。
二階の床が抜けなきゃいいけれど。

で、整理しているとこんな本もひょっこり出てくる。
『だれも知らない小さな国』 佐藤さとる著

小学生のころ自分の意思で買った数少ない単行本。
題名に引かれたのだ。
コロポックルの話だ。

昭和35年5月25日発行となっている。
おそらく初版本だろう。

『少年の海』という本も自分で買った。
李ラインを超えて泳ぐ少年の話。
これは読んだあと友だちにあげた。
内容にすごいショックを受けて
それを分かち合いたかったから。

で、近年読み返したいとネットで調べたら
絶版になっていた。
なんとしてももう一度読みたい本だ。

みなみなさま!
どこかで情報を得ることがあったら教えてくださ~い!

それから、絵本以外ではじめて父に贈られた単行本は
早船ちよ著『ちちうしさん』。
装丁が白黒でなく、紅白だったと思う。
なぜ親がこの本を選んだかは
聞きそびれてしまった。
どういうわけだったのだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 桜のお重 | トップ | 染めて干す »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ノスタルジー (みよちゃん)
2009-11-06 13:54:11
だれも知らない小さな国・・・表紙の絵が本当に素敵。昔の本の表紙は、色合いといい情緒がありますね。
こういう本は処分できません!

少年の海は、1993.6月刊 横山充男作というのは図書館に在庫しているみたいですが、これは別のものですか?
作者は女性ですから (rein)
2009-11-06 17:50:06
おそらく同名の別本でしょう。

私のいう『少年の海』は、
いつだったか検索したら絶版で手に入れるのはかなり難しいということがわかったくらいですから。
どこかにあれば読みたいです。
装丁は覚えていませんが、
水色の単行本だったような気もします。
佐藤さとるさんが亡くなりましたね。 (風巻浩)
2017-02-17 22:45:38
だれも知らない小さな国、思い出のある本です。なぜかカバーだけ無くしてしまいました。もしよろしければ、ゆずっていただけませんか? 

nextasia@gmail.com 風巻です。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事