『 HARD & LOOSE 』 れいめい塾 津市久居

塾頭の『れいめい塾発 25時』
三重県津市久居にある学習塾『れいめい塾』の塾頭のブログです。

やっと安呂巴、提出である

2012年08月31日 22時37分22秒 | 塾の風景

岡山れいめい塾塾頭からメールが届く・・・今夜の授業は午後11時から。遅いほうがありがたいわけで、これからも11時で構わない。

そして8期生で、少しだけウチの塾に在籍した生田からメールが届く・・・飲み会への招待だ。日時は10月13日、かなり先だが参加するつもり。生田の塾を辞めてからのプロフィールは前回のメールであらかた分かった。いろんなことを経験している・・・その意味では20年ぶりの邂逅、楽しみにしている。

 

今日は潤奈に進学指導めいた時間をとった。英語の書き写しが終わっているからだが・・・。

その英語の書き写し、いつもならトイレに行く男連中、なかなか席を立たない。じゃあ普段は?・・・こんなことが分かった数日間でもあった。英語の書き写しは8月当初から幾度かにわたり警鐘を鳴らしてきたつもり。それでも周りが書き始めないと動かない。間違いノートもまたしかり・・・周りが作り始めると自分も、となる。その意味では、今年の27期生、本気になるのに時間がかかる学年ともいえる。口さがない向きに言わせれば、俺の真剣味が伝わっていないということでもあるらしいが・・・。

 

数日前の「途方もない勘違い」で潤奈が教科書100ページを大学ノート100ページと間違えて提出したネタを書いた。どれほど途方もないか・・・これは実際に書いた者にしか分からない。何人からか、そのネタでメールも来たし、サポートのさつき(21期生・名城大学人間学科3年)も呆れていた。ただ、それほどの量を書いた潤奈には英語の神様が近々微笑んでくれるはず。英語は努力を裏切らない、次回の実力試験がデビュー戦だ。

今も英語の書き写しが続けられている。・・・今日はヒマだ。

そろそろ岡山との授業、準備をしようか。

コメント

ワクワクする世界、是非とも見てみたいが売ってないねん

2012年08月31日 17時08分02秒 | 塾の風景

3時間ほどの睡眠・・・人の気配、真ん中のロフトのベッドから起き上がる。天井にはぶつけなかった。

今日は松阪高校の何回目かのオープンスクール・・・それもあってか、ポスターや感想文などの宿題なのか、生徒は少ない。

指示は個別にしていく。中3だけで12もの中学校から来ている。各中学の試験範囲も微妙に違う。英語なら助動詞や未来形など、中2前半の試験の学校・・・あるいは3年1学期に終わったばかりの現在完了が範囲に入っている学校もある。

 

昼に本屋を巡る。時間的には津旧市内まではちょっと・・・。ところが田村耕太郎、『WAY』にも『宮脇書店』にもない・・・日経新聞で宣伝してんのやけどな。仕方なく妥協・・・芥川賞発表の「文芸春秋」を買って塾に戻る。

受賞作の鹿島田真希の『冥土めぐり』を読む。・・・解脱の物語かいな、これ。バブルの洗礼を受けたかの享楽追求型の母と弟たちに、受け身の姿勢をとりながらも駆逐されまいとする主人公。その主人公を死の崖っぷちから拾い上げたのが脳を患った旦那のトリッキーな無垢な言動や挙動。

芥川賞の作品を読む一番の関心は、その作品を村上龍がどう評価するか・・・これに尽きる。今回もやってくれる・・・受賞作の『冥土めぐり』については、私だけがノーだった。

やっぱ村上龍に芥川賞は似合わない、そろそろ辞めても中上健次は許してくれるさ。

『冥土めぐり』の最中に少しばかり切ない別れ・・・夏の終わりだ。出会いもあれば別れもある。

コメント

今日は田村耕太郎を買いにいこう

2012年08月31日 03時46分27秒 | 塾の風景

中浜胃腸科外科院長兼トラベル部部長の中浜センセからの推薦は『飛騨亭 花扇』・・・高いがな!って思てたら、名張の酔っ払いが言いよる・・・私と奥さんが泊まったのは『花扇別邸 いいやま』です。『飛騨亭 花扇』よりは安かったはず・・・検索・・・アンタんとこも高いがな! 俺を何やと思てるんやろね。

英語の書き写しで日付を越えるのかと思いきや、午後11時過ぎには誰もいなくなる教室。戦場を抜け出し、閉店間際の『プライスカット』へと急ぐ俺。そいで買おてきたがな・・・なにせ今日は朝の娘と二人の『すきや』、昼はナオミおばちゃんからの差し入れの最後に残ったパン、それっきりやったしな。で、買ってきたのが・・・

イカとマグロの刺身、究極の100円・・・それをアテに、やはり『プライスカット』で買ってきた焼酎飲みながら『岳飛伝』を読んでるわけよ。こんな男のどこが『花扇』なんや。

そうそう、和司ちゃん(8期生・三重銀行)からミッドナイトコール・・・日本史の件。日曜日午前10時から高2英語が確定したことと、月に一度その時間帯に日本史を組み込むことにしたことを説明。そして和司ちゃん、手帳をめくっている気配・・・スマホじゃなくてね、さっそく決めようとなり9月9日の日曜日に日本史決定。

まあ、こんな深夜まで起きててちょっと嬉しいこともあり・・・4期生の真実から友達申請。年甲斐もなく誰もいない教室のなか、一人で照れる。

今しがた『岳飛伝』を読み終える。アカンがな、眠れへんしな。颯太のトンプク貰おかな。ん?廊下に人の気配・・・新聞配達のおっちゃんやん、日経新聞・・・アカン、似合わん。

 

クリックのほう、ほんまにほんまに頼んます。

コメント

静かな教室、鉛筆の音だけが響く

2012年08月30日 21時45分21秒 | 塾の風景

夜の訪れが早くなった。

勉チャンのほうは長期戦を覚悟したが、会社から連絡があり慌てて戻っていった。

夕方に貴裕をを久居駅に送って行き、帰りに家で風呂に入る。家には誰もいない。風呂といっても湯船に浸かるわけではなくシャワー。それでも夏休みに入って2回目か・・・。そういや喬之にも駅まで送っていくと言ったが、気持ちが悪いから歩いていくと言って断った。大丈夫だろうか・・・。

夜になると中1の直哉からだ。こと勉強においては何をすべきか分かっているので安心してみている。ただ意思の疎通に難がある・・・俺の難聴に原因があるかもしれないが。

中3の夜の登場、午後のメンバーはほとんどが帰っていったが沙耶だけが居残っている。夜にしか来ない、あるいは附属のように2学期が始まった面々の最大の懸念は英語の書き写しだ。締め切りを伸ばしても9月2日だが、計画的に書いているのかどうか・・・このあたりは勉強のでき次第とかなり比例する傾向がある。

さつきが机の上の膨大な量のプリントを指さし、「これ、もう計算用紙にいちゃいますけどいいですか」 この夏にやり残したプリント、毎日人数分を刷ってきたが来なかった生徒の分だ。仕方ない・・・夏は終わる。「・・・かまへん、まあ俺だとついつい残しておくだけだからな」 さつきがカッターを探し始める。

中2の律希と話す。肝心なことになると「分からない」というコメント。試験は来週、少なくともこれは分かっている。夏休みだ、j塾まで自転車で来れないのかと伝える。

れい(18期生・三重大学教育学部4年)がやって来る。「どないした、今日はバイトやないやろ」と俺。「壮次郎(三重特進1年)からメールが来て、数学を教えてほしいって」 「宿題かな」 「そうやろな」

れいに岡山のダイスケ(岡山一宮3年)に俺が作ったセンターの英単語を送ってもらう・・・アナログである。

静かな教室だ・・・中3はほぼ全員が英語の書き写し。唯一提出した潤奈だけが地理の問題をひたすら解いている。

 

クリックのほう、ほんまに頼んます。 

コメント

勉強よりも大切なことはある

2012年08月30日 15時41分37秒 | 塾長の友人

やっぱり夏季講習の終盤ともなると宿題を汗だくの生徒もいて足並みが揃わないうえに、夏休み明けの実力試験もまた範囲が違う。ゆえに各自に任せるような自学自習形式となる。俺は質問を受けつけるのが主な仕事・・・ここ数日不眠が続き、ついつい朝から重量級を食べちまったことも合わさって仮眠してしまう。

一昨日から大阪に入っていた教職試験二次を終えたれい(18期生・三重大学教育学部4年)が大阪から戻り、『サークルK』のバイトへ。奥さんは今夜戻るらしい。

午後からは趣向を変えて過去の県統一の第一回の数学と理科と社会。数学では媒介変数に円錐や規則性の問題と今回の各中学の試験範囲が並ぶ。今までやったことの確認かたがた丁寧に説明するが、やはり理解できてない生徒が多い。間違いノートを作ることを伝え、一次方程式の原価・定価・売価の問題から二次方程式の問題に持ち込む。これは2学期の予習になる。

その説明が終わったところに飯田の勉チャン(株式会社AIS取締役社長)登場、タイミングを図ったかのような動きやな。数学が終わったところだったので理科と社会の試験問題を配って真ん中の部屋へ。イスに座るなり勉チャン、「おい、コウちゃん、頼むから慰めてくれや」 ・・・長くなりそうだ。

 

9月から飯田の勉チャンによる理系学生対象のミーティングを始めます。とりあえずは数学が好きだから、あるいは国語が嫌いだからと理系に進んだ生徒たちに、理系で生きていくということはどういうことなのか・・・今の逆風の理系の現状もからめて、現場一筋で生きてきた勉チャンから話をしてもらうつもりです。何ゆえに理系なのか・・・今一度、自分の立ち位置を確認してもらうのが狙いです。まあ、この社長、文系の生徒に物理を教えることに秀でている。あるいは名古屋大学と三重大学の物理と数学には精通しています。両校の志望者には大いなるい味方となると自負しています。

 

コメント

1992.10.27ケーキ投げ大会!

お知らせ

津・松阪地区で高校入試における内申でお悩みの方は、無料相談承ります。
メールまたはお電話で、れいめい塾まで『内申の件で』とご連絡ください。