『 HARD & LOOSE 』 れいめい塾 津市久居

塾頭の『れいめい塾発 25時』
三重県津市久居にある学習塾『れいめい塾』の塾頭のブログです。

前期期末試験の正念場が始まる

2011年06月30日 22時47分22秒 | 塾の風景

期末試験の生徒たちを眺めながら松阪西の中2の喬之と駿に一次関数の式の決定を教えていく。松阪西は前期中間試験で連立方程式の文章題を試験範囲に入れてきた。今は一時関数に入っている。この勢いだと9月中旬実施の前期期末試験の範囲は一次関数はもとより、角度に入る可能性がある。やたら速いが的確な速さとは言えないが・・・。

一晴に一次方程式の計算をマンツーマンで教える。今までも教えているがいつまでたっても習得できない・・・なんでやろ。仕方なく昔の俺バージョンを少しばかり醸し出し、俺の前に座らせたわけだ。じっと計算手順を見ていて分かったことが一つ・・・中学ではなく小学レベルの足し算と引き算をよく間違える。百マス計算をさせる必要があるかもしれない。とにかく中1数学の正念場だ、ここをできずして理系の目はない。

今日もまた敬太(松阪高校2年)の軌跡の質問に右往左往・・・このレベルの問題に考え込むようになった。塾を始めた頃は俺が数学を教えていた。それを橋本ドクターが講師になってくれた頃から数学はいつしか医学部任せとなってしまった。頭が腐ったのだ・・・。

里恵(7期生)が姿を見せた。今日は高校生の漢字の試験・・・お目付け役としての登場だ。

佑弥(日生第一4年)と試験後について話す。急務は英単語の習得、夏休みには全国統一模試があるはず。先月に行われた模試では英文が全く読めなかったとか・・・、筋がおぼろげにも分かる、そんなレベルに今年中にする必要がある。

その佑弥からの情報・・・今年の日生の野球、日生第一のほうが第二より強いとか・・・。

明日から松阪高校の期末試験が始まる。いつものように正午にサークル・K・・・野球部の練習を見ながら待っている。

 

クリックのほう、ほんまにほんまに頼んます。

コメント

初めの一歩

2011年06月30日 18時59分29秒 | 塾の風景

「あ~あ、名古屋大学の英文って簡単やな」・・・そんな感想を浪人たちに期待した俺は見事に裏切られた。いやはや、まだまだ旅の途中か・・・。これからも愚直に進むしかない。

英文のなかに新情報が出る。次にはその情報に関する説明が繰り出される。その繰り返しで英文は進む・・・逆に考えると、次の展開が想定される。その意味では現代文読解とは一線を画す・・・澱みのない先入観が必要となる。しかし、何がしかの澱みが内容の方向性を変えてしまう。

 

午後から銀行をまわり、「バロー」でコピー用紙を買い込み塾に戻ると中学生たちが勉強している。期末試験は明日が最後だ。質問は・・・と待っているが、なかなか中学生からはなく、高校生の優希(高田Ⅱ類1年)から数学の質問。しかしそれを除けば、一人ひとりが思うように勉強している。何もしていないと睡魔がもたげてくる・・・ロフトベッドで「30分だけ寝る」と言いつつ瞬く間に沈む。やっかいなことに30分後に起きる律義さ・・・やはり質問はない。

塾生のお母さんが妹を連れていらっしゃる。夏休みの体験の申し込みだ。もうすぐ夏なんやな・・・そういや巷は夏季講習の広告で賑わっている。

今まではずっと何をすればいいのかを聞いてきたマホとリホが各自で思い思いの勉強をしている。参考書や問題集がびっしり並んでいる本棚から自分がやりたい問題集を選び、自分でコピーをして解いては自分で採点している。ひとつの成長といっていい。まだまだ自分の現状を俯瞰的に見ることはできないだろうから点数の偏り、同じ教科内の分野での偏りがあるだろうが、少なくとも自分たちで一歩を踏み出したわけだ。これはこれでめでたい。

試験が終わってから、一人ひとりが自分の勉強を検証することになる。中1には中1なりの検証、中3ほどの分析をする必要はないが、それでも努力に見合う点数かどうかを各自が考えるべきだ。そこから次にどうするか、それを自分なりに考える・・・それこそが社会へと続く勉強である。

 

コメント

400円前後のモーニング・グランプリ・トップ3

2011年06月30日 10時06分22秒 | M(モーニング)1・エントリー 400円以上

大典が勉強している間に眠ってしまったようだ・・・本当によく寝る。そのわりには疲れが取り返せないでいる。

名古屋大学の問題を『酔多話』で解き始める・・・ハリケーン・ヒューゴの問題、そう言っただけであの一瞬の熱さが蘇るかつての受験生もいるはず。

そして一昨日は掲載できなかった写真・・・

今日はメロンではなくオレンジだが・・・これで380円。

先日、『酔多話』と並んでトップ3と書いた『亜香里』のモーニングは・・・

これで390円。そして『えくぼ』が・・・

パンの「え」「く」「ぼ」という焼いてつくったロゴがおもしろい・・・410円。

旧津市内まで範囲を広げると『ノンネーム』や『ランド・カフェ』が候補に上がるだろうが、旧久居だと上に掲げた3店で決まりか・・・。

 

クリックのほう、昨日の覇気のない内容を反映してか、橋本ドクターに負けちゃいました。橋本ドクターとて、勝とうと思っての更新ではなかったはず。まあ、こんな日もあるか・・・。気分を変えて頑張ります。クリックのほう、何卒よろしく。

 

コメント (2)

あくびをかみ殺す松阪サーキット

2011年06月30日 00時15分32秒 | 塾の風景

青天の霹靂のような身体のだるさ・・・痛みなどではなく、ただひたすらにだるい。気力が沸いてこない、やるせない・・・そんな怠惰な波に今日一日流されそうになる。何をするのも億劫でひたすら横になっていたい・・・今だ記憶にないような無気力感の洗礼を浴びながら期末試験の勉強にきている生徒たちと対峙する。

なんとか支障がない程度にだましだましのピッチング・・・、中1がいるときはなるべく手を差し伸べることができるように近くにいて、慣れた面子、付き合いが長い生徒になったときには隠れるように仮眠を2回とった。

最後の最後に喬之んとこに届ける書類、机の上に置いておいたのに仮眠から目覚めて松阪サーキット・・・そんな喧騒のなかで忘れてしまった。

エスティマのなかで駿に助動詞の諮問試験・・・なかなかよく覚えた、敬太(松阪高校2年)が初めてウチの塾に密航してきたときよりは完成度が高い。駿は一応90点を取ってる数学以外に得意教科が見当たらない。この夏休みにフライング気味に電流電圧に入ってみようか。あるいは中3合同の歴史で詰めるか。ともかく得意技を2つにする夏だ。

試験が終わり次第、夏の課題の分析が始まる。

 

なんとか終わりそうな気配・・・とりあえずは寝る。

コメント

ヤマちゃんを見てみたい

2011年06月29日 21時07分48秒 | 卒業生

期末試験が終わった生徒たちの次が始まっている。

中2は助動詞に入っている。近々 there is 構文、接続詞、不定詞と中2の12月までの範囲を文法事項だけ先取りする。数学は一次関数に入るために中1の比例に戻している。

そして国語は今日から里恵の授業が再開。過去の三重県統一模試で自分の置かれた位置の確認に入る。生徒は少ない。松阪地区の中2と中3の合同で4人・・・司と光亮と駿と望美だ。

そんな4人以外は期末試験の真っ最中、そのなかに中2の千里がいる。

千里は小学校からウチの塾にいただけあって俺に手を焼かせることはない。塾に来る日はまちまちだが粛々と勉強を進めていく。しごいているつもりはない、それでも450点は叩いてくる。気負いなく叩く、それがすごい。

期末が終わってすぐの日曜日には所属している剣道部の大会がある。その前日の土曜日、千里が小学校から習っている柔道の練習がある。練習場所は俺の母校の久居中。ここでの教官の一人が山村(2期生・消防)。今度の土曜日、山村先生の教え方でも見学に行き、この生業を続けてきた実感を噛みしめてみようか・・・。

 

そろそろ里恵の解説が始まる。俺は真ん中の部屋へ撤収である。

クリックのほう、お願いします。

コメント

1992.10.27ケーキ投げ大会!

お知らせ

津・松阪地区で高校入試における内申でお悩みの方は、無料相談承ります。
メールまたはお電話で、れいめい塾まで『内申の件で』とご連絡ください。