『 HARD & LOOSE 』 れいめい塾 津市久居

塾頭の『れいめい塾発 25時』
三重県津市久居にある学習塾『れいめい塾』の塾頭のブログです。

関関同立スタート

2010年01月31日 21時27分16秒 | 大学受験
昨日今日と司が塾に居っ放しだ。
いやはや毎日10時間くらい勉強してるんじゃねえの。
「なんか試験でもあるんか」
「実力テストが・・・」
ホワイトボードを見ると嬉野中の試験範囲が貼ってある。
「あれっていつや」と自覚のない俺。
「5日です」
「・・・頑張ってくれや」

私立中学、センター試験、私立高校受験、私立大学受験と目まぐるしく戦場が変わる。
不器用な俺は中2や中1、高2や高1に言う。
「何もしてやれない。俺を試験に集中させてくれ。各自の努力に期待する」

司は冬休み明けの試験で449点叩いた。
俺の手柄じゃない。
本人が冬休みに頑張った・・・。
まあ、自覚の出てきた証左・・・何度か殴った甲斐があるってもんだ。
同じ中1の敦史や捷太も410点台でそこそこにはできる。
津高や津西には射程距離だ。
残りの面々が不安だ。
しかし、今は最前線を眺めていたい。

適当にうっちゃっておいた香保(松阪高校2年)が竜太(18期生・浪人)と話している。
「香保、先生に言えよ」と竜太。
「何や・・・愛してるってか」
「いえ、そんなんじゃなくて、ええっと・・・センターの地理、解いたんですけど・・・」
「ああ・・・82点くらいだろ」
「スゲエ、ほぼ当たってる」と竜太。
「ええ、80点でした」
「そりゃ、その程度は取れるように今まで教えてきたさ」
「で、解説を・・・」と香保。
「・・・後でいい?」

明日は関西大学工学部の試験。
諒(津東3年)と真広(津東3年)が早めに帰っていく。
関関同立のスタートである。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 三重情報へ

しつこいのが取り得か。
これを打っている横では香保が鎮座している。
俺が打ち終わるのを待っているのだ・・・仕方がない、地理の解説だ。
コメント

あいのセンター英語、119点

2010年01月31日 20時14分55秒 | 大学受験
あい(津高1年)がえらい剣幕でやって来る。
「もう! 玄太に負けた~!」
今年度センター試験の英語だ。
ちなみに高1と中3の時間制限はない。
どれだけ時間をかけようが構わない、目標は全国平均点だ。
玄太の点数は158点。
そして、あいの点数は・・・「もう、119点しか取れんかった! 最低や」
玄太が複雑な表情・・・このあたり後輩の立場をわきまえている。
「もう、3番が読めんかった・・・ああ、4番も・・・もう!」
俺はネットで今年度の平均点を検索する。
「不思議なこっちゃ・・・平均点は119点や」
「えっ、うち、平均点ぴったしなん」
「ああ」
「やったあ!」
女心と・・・娘心と秋の空か。

センター試験の英語は処理能力を測る試験だ。
英語攻略のお奨めは高1の最初っからセンター試験を解くこと。
そして、そこで出てきた英単語を地道に覚えていく。
これを地道に繰り返せば、玄太やあいのように中3でも高1でも、全国平均点を叩くことができる。
英文法は・・・いらない。
高校の授業で充分・・・早慶ならともかく、それ以外の大学なら高校の授業で間に合う。
玄太やあいは英文法、2番のA問題なんぞボロボロである。
それでも平均点を叩ける。
1問2点の文法問題よりは4点や5点の読解問題だろう。
英文法よりは英語の腹筋、ひたすら読解しつつ英単語の習熟に努める。

大学受験において英語ほど簡単な教科はない。
英語にかけた時間を決して裏切らない。
安心して英語に取り組むべきなのだ。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 三重情報へ

香保(松阪高校2年)が「地理の授業お願いします」
そういや先日、地理の授業は日曜日って決めたっけ・・・しかしなあ。
今日は高田、明日は三重、そんなテンパッた状況、さらに明日から関西大学工学部スタート。
「2005年度のセンター試験の地理でも解いとけや」
来年度センター対策? いいや、苦し紛れの一策である。

クリックのほう、ほんまにお願いします。
コメント

3年ぶりに春爛漫

2010年01月31日 17時39分41秒 | 高校受験
昨夜、アキラや森下と話しているところに電話が鳴る。
・・・颯太だ。
「どないしたん?」
「先生、家に帰ったら速達が届いてました」
「何の?」
「日生学園に合格しました」
「・・・良かったな」
「はい」
「これで酒を飲める理由が見つかった・・・感謝するよ」

優哉の心が壊れてから3年、いつしか弟も兄とは病名は違うものの、心の病という冠をかぶらされ、俺は優哉と颯太の向こう側に控えるドクターたちと対峙してきた。
俺の屈折した感情はいい。
ただ、久しぶりの笑いが颯太の家を満たした・・・それが嬉しい。
この3年間のご両親の心労を思えば、俺の感慨など些少なことだ。
ただ、嬉しい。
ひたすらに飲む。


ということで今日は納得できる二日酔い、一日を浮遊しながら過ごすことになる。
アキラを連れてマラソンコースの下見。
ポイントは4500km地点の坂・・・。

帰りに皆で食事。
今日も芸濃インター近くの『闘魂ラーメン』は休業・・・山篭りでもして納得できる味を追求しているのだろう。
津の神戸の『ル・ソレイユ』がいつしか閉店してしまった。
最近その後にチェーン店のラーメン屋が入った。
外装はほぼ『ル・ソレイユ』の頃のまま・・・中もイタリアン料理店の内装まがいのラーメン屋。
トイレなんて手付かずのまま・・・トイレがウォッシュレットのラーメン屋だ。
これはこれでありがたい。
痔のお客さんが集まることだろう。
さてメニューだが、ランチやラーメンセットが700円。
ボリュームが半端ではない。
高校生を連れてくるのにはうってつけ。
ただ、肝心のラーメンがありがちなラーメン。
塩ラーメンと醤油ラーメンと台湾ラーメンから選べるが、台湾ラーメンが一番うまい。
今日は森下がいない、奥さんがそっと言う・・・「鷹のツメは残してね」

アキラは午後2時50分の急行で名古屋へ。
そして大学時代のダチと会って、午後7時のバスで帰省。
カリスマ美容師ならともかく、マッツンもええ客持ったよな。
散髪するためだけに往復400kmをかける・・・そんな美容室、なかなかないで。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 三重情報へ

娘たちを連れて選挙へ。
大きな声で名前を呼ばれるのが恥ずかしい。
「***番、中山れいさん! ***番、中山めいさん!」てな具合だ。
塾の広告塔みたいである。
コメント (1)

アキラ急襲

2010年01月30日 19時09分45秒 | 卒業生
「そろそろアキラを久居駅に着く時間・・・迎えに行こうか」
優しい申し入れは森下(8期生・環境学研究者)である。
当座かかりっきりだった論文も提出、少し余裕があるのだろう。
「えっ、そんな時間か」
窓の外はとっぷりと暮れている。
今日も質問だけに忙殺されながら夜を迎える。
鈴鹿高校の試験から戻ってきた面々からの数学の質問・・・それでも軽い。
しかし社会が難しかったようで、コピーして鈴鹿を受けなかった連中に解かせている最中だ。
「じゃあ、森下頼むわ」と俺が言ったところにドアが開く・・・寒い国から来た公務員、アキラ登場。
久居駅から歩いてきたわけだ。

「まだ新婚って言っても許されるんかね」
「まあ、車の初心者マークのように思ってますから、まだ新婚でしょうね」
「じゃあ新婚生活はうまくやってるか」
「ええ、・・・でも最近は髪を切りに三重県まで行くって理由が説得力乏しくなって、髪を切るなら近くでもええやんって言われてますよ。でも1回それをやっちゃうとずっと押し切られそうで・・・」
「ここが踏ん張り所ってか」

1階の美容室『シックス・ディグリーズ』の予約は午後6時半。
「最近、マッツンの彼女を紹介してもらってさ」
「おっ」とアキラの顔が輝く。
「明日でも拝みに行ってみよか。松阪の喫茶店や。マッツンに彼女が働いてる喫茶店、日曜日でもやってるかって聞いとけや。それからランチも」
「わっかりました」


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 三重情報へ

コメント (1)

嫌われてナンボさ・・・はぁ

2010年01月30日 16時39分53秒 | 高校受験
鈴鹿高校の試験の終了は午後3時。
しかし誰からも連絡はないし・・・。
まあ、ミルクパレットでアイスクリームでも食べようと奥さんとあい(津高1年)をエスティマに乗せる。
中勢バイパスから見渡すとメッセ・ウイングの周辺には自家用車が蟻の行列。
やっぱミルクパレットに車を置いて歩いていこう・・・そうだ、塾へのお土産はミルクパレットのパックのアイスクリームにしよう。
なんぞと考えメッセ・ウイングを避けて田んぼ道をミルクパレットへ。
が・・・臨時休業。
仕方なく蟻の行列に参加する。
依然として連絡はない。
あいが試験会場で探すことになる。
奥さんと二人、エスティマの中から試験終了後の様子を眺める。
「でも誰からも連絡ないなんてな・・・やっぱり嫌われてるのかな」
奥さんが噴出す・・・「今頃分かったの」

あいがエスティマに戻ってくる。
「東中の**先生に会ったわ。あい、オマエこんなとこで何をしてるんやって」
「で、なんて言うたんや」
「塾の後輩を車に乗せて帰るのに探してるんですって、じゃあ**先生、あいは免許持ってたんかって驚くの」
平和な会話は奥さんに任せ、俺は一人で落ち込んでいる。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 三重情報へ

宅急便のオッチャンが入ってくる。
全県模試か!・・・サインした森下が微笑みながら俺に手渡す。
ウォシュレットのない場所でも♪おしりシャンプー・・・だとか。
橋本ドクターからである。
いつもながら斬新な贈り物には感動を通り越して呆れてしまう。
ただただ・・・感謝。

クリックのほう、ほんまに頼んます。
コメント (1)

1992.10.27ケーキ投げ大会!

お知らせ

津・松阪地区で高校入試における内申でお悩みの方は、無料相談承ります。
メールまたはお電話で、れいめい塾まで『内申の件で』とご連絡ください。